健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度に対応した企業戦略(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月29日

新制度に対応した企業戦略(5)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 

<既存商品の見直しに必要なステップ>

 今後策定される通知や指針の内容によって、修正の必要が出てくる可能性もあるが、「新制度に対応した商品開発の進め方」のポイントを以下にまとめてみた。

 新制度は、国が評価するのではなく、企業がどのように考えて結論を出したかを表明する制度だと考えられる。従って、それぞれの項目について合理的に説明ができて、第三者の批判に耐えられるように理論武装されていることが求められる。

 訴求から考えるか、素材・成分から考えるかは、各企業によって異なる。訴求機能(ヘルスベネフィット)の選定時には、「ニーズの大きさ、強さ」「候補素材・成分市場の環境(規模、成長率、競争状況など)」「素材・成分間の競争環境」の分析が必要となる。次に、素材・成分の選定時には、「安全性、相互作用情報の有無」「有効性の科学的根拠レベル」を確認。そのうえで、「コモディティか、差別化可能か」を検討する。

 既存商品の見直しや新商品開発時に必要なプロセスを整理する。まずは、既存商品の見直しに必要なステップを見る。
 (1)使用原料の選定は、「保健機能成分が明確で、定量が可能なこと」「以下のいずれかに基づき、保健機能成分の作用機序が考察できること(in vitroや動物を用いたin vivo試験、またはヒト試験)」がポイントとなる。

 (2)品質管理方法の設定は、「最終製品での規格値(保健機能成分、安全性に関わる成分)を設け、分析可能とするための手法を確立」「原料の基原の保証試験(定量試験+定性的なパターン分析)方法を確立」「サプリメント形状の商品は崩壊牲試験の実施」が求められる。

 (3)安全性の確認では、「食経験が十分でない場合、安全性試験に関する情報を評価(トクホの安全性評価に必要な情報を参考)」「保健機能成分と医薬品との相互作用の有無の確認」「保健機能成分を複数含む場合は、保健機能成分同士の相互作用の有無の確認」がある。

 (4)機能性の評価では、「表示しようとする機能性に対する研究レビュー(システマティック・レビュー)、または最終製品によるヒト試験」を実施する。また、複数の機能性を表示する場合は、品質保証の方法を明確にする。

 システマティック・レビューについては、「実施前に希望する機能性表示を定める(市場性、消費者理解の視点で)」ことが先決となる。そのうえで、「サプリメント形状はヒト介入試験、その他の食品はヒト研究(介入試験または観察研究)による査読つき学術論文などの原著論文を用いて実施する」ことが求められる。システマティック・レビューに関する指針が出される可能性があるが、現段階ではPRISMA (Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analyses) 声明のチェックリストとフローチャートを参考にするとよい。
 最終製品によるヒト試験については、「ヒト試験によって安全性と機能性を実証」「有効性試験は研究計画を事前登録し、国際的コンセンサスの得られた指針(CONSORT声明等)に準拠した形式で査読つき論文に投稿する」ことが必須となる。

 (5)以上のほかにも、「生産・製造・品質の管理に関する取り組み状況の確認」などがある。

(つづく)

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]