健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度に対応した企業戦略(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月26日

新制度に対応した企業戦略(4)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 

<情報開示により、消費者の不信感や不安を解消>

 今年1月に(株)インテージが実施した消費者調査には、非顧客の情報も入っている。具体的にみると、(1)健康食品・サプリメントへの摂取意向のある未利用者、(2)(健康課題への)対処意向はあるが(健康食品・サプリメント)摂取意向なし――の2種類の非顧客に関する調査結果が盛り込まれている。表は、利用しない理由とその出現率(%、複数回数)をまとめたものである。

 「(本当に)効果があるか、疑問に思うから」が、どちらのグループにも4割以上存在していることがわかる。また、「科学的根拠(エビデンス)がないから」も約1割に上る。つまり、健康食品・サプリメントに対して「不信」を持っている非顧客が、一定の割合で存在している様子がうかがわれる。

 次に、「副作用がないか心配だから」「医薬品との飲み合わせが心配だから」「原料の安全性が心配だから」という「不安」を持っている非顧客の存在も明らかになった。特に高齢者(50歳以上)になると、「医薬品との飲み合わせが心配」という人の割合が増える。さらに、「どの商品を選べばいいかわからない」「どの成分や素材を摂ればいいかわからないから」「自分に合った商品が見つからない」「成分や素材、その効能効果をよく知らないから」といった「不満」を抱える非顧客もいる。

 消費者庁が導入する新・機能性表示制度の最大の特徴は、企業が安全性・機能性を評価し、その根拠情報を届け出て、広く情報開示されるという透明性の高さにある。機能性情報については、消費者が理解できて活用しやすいように、専門用語を平易な言葉に置き換えた情報の届出・開示も必須となる。安全性については、トクホで求められる安全性情報の確認とともに、「医薬品との相互作用の有無の確認」「機能性関与成分同士の相互作用の有無の確認」も義務づけられる。このため、非顧客の抱える「不安」を解消することが可能となりそうだ。

 非顧客に対し、新制度が果たすと考えられる役割を整理してみる。
 (1)「効果があるか疑問に思う」「科学的根拠(エビデンス)がない」に対する「不信感」の解消。
 (2)「医薬品との相互作用」「副作用情報」「原料の安全性」に対する「不安」の解消。

 つまり、新制度は「不」の解消システムを内包している。そのうえで企業に求められるのは、機能性・安全性情報を広く、わかりやすく開示することにより、一人ひとりの消費者が自分に合った成分や商品を選ぶ際のサポートを行うことである。これらの「不」を解消することにより、消費者は誤認することなく、自主的かつ合理的に商品を選択することが可能になる。

hyou4_s (1)

(つづく)

おススメ記事

2017年05月29日

健康食品産業協議会、木村会長が再登板

<4分科会で機能性表示食品制度に対応>  (一社)健康食品産業協議会は26日、総会後の講演会で、新たに就任した木村毅会長をトップとする新体制と、2017年度の活動方針を発表した。  木村氏(サプリメント・エブセクティブ会 […]

2017年05月29日

【7/22】データ・マックス、通販ビジネス6カ月集中講座(レベル2)キックオフ

 (株)データ・マックスは7月22日、高橋貞光の通販講座シリーズを都内で開講する。本講座は「成功する通信販売のつくり方 6カ月集中講座(レベル2)」。3月23日(東京)、4月28日(大阪)、5月15日(福岡)で開催した実 […]

2017年05月29日

マツモト交商、乳清由来の新原料「ラクトセラム」を発売

  (株)マツモト交商(本社:東京都中央区、松本俊亮社長、TEL:03-3241-5164)はこのほど、健康食品原料の『ラクトセラム』の供給を開始した。  同原料は、かつて第3類医薬品として使用されていたが、2011年の […]

消費者庁、無資格の医業類似行為に警鐘

 消費者庁は26日、「整体」「カイロプラクティック」などの法的な資格制度がない医業類似行為の手技による事故情報が1,483件寄せられていると発表した。治療期間が1カ月以上となる神経・脊髄の損傷などの深刻な事故も240件を […]

今村彰啓著の電子書籍『できる男のスキンケア・ヘアケア』が発刊

<男性の肌・髪の10大悩みを化粧品で解決>  ごきげんビジネス出版(運営元:スターティアラボ(株)、北村健一社長)はきょう(29日)、男性向けスキンケア・ヘアケアの対処法をまとめた電子書籍『できる男のスキンケア・ヘアケア […]