健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度に対応した企業戦略(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月25日

新制度に対応した企業戦略(3)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 

<事前に表示のワーディングとスクリーニングを>

 新・機能性表示制度では、機能性表示の科学的根拠を実証する場合、システマティック・レビュー(SR)を用いることが可能となる。その際、どのような表示をしたいのかを設定することからスタートする。表は米国でみられるルテインの機能性表示の事例である。hyou3_s (2)

 ルテインの目の健康に関する機能性だけでも、さまざまな表示の可能性がある。希望する表示内容によってキーワード、類義語、受け入れ基準、排除基準などSRのプロトコルが異なってくる。やみくもにSRに着手するのではなく、事前に表示のワーディングとスクリーニングを行うことが重要となる。

 その場合、機能性の根拠となるエビデンスについてだけでなく、安全性情報や医薬品などとの相互作用についてもスクリーニングを済ませておくべきだ。たとえ有効性のエビデンスが多数あったとしても、相互作用のある医薬品が多い場合は、採用にあたっては慎重になるべきである。

 スクリーニングの作業ではNMCD(Natural Medicines Comprehensive Database)などの2次資料をうまく活用することで、作業効率を上げることができる。ただし、NMCDは2次資料であるため、米国でも単独では機能性の科学的根拠に使用することはできない。新制度でも1次研究(原著論文)に基づくSRが求められているので、NMCDはスクリーニング時の参考資料として利用することになる。

 新制度が導入され、市場はどのように変化するのだろうか。シミュレーションする場合、消費者を起点に考えることが大切となる。
1994年にDSHEAが施行された後の数年間、米国サプリメント市場は2桁成長を続けた。当時のサプリメント利用者は人口の約50%に過ぎなかった。16年後の2010年には65%にまで増加した。一方、13年の日本のサプリメント利用者は人口の約52.2%((株)インテージの調査結果)であることを考えると、米国と同様に成長する可能性は十分にありそうだ。しかも、94年当時と現在とではインターネットなどの普及により、情報環境がまったく異なる。米国よりも短時間で変化する可能性も大いにあり得る。

 新制度の導入で期待されることは「顧客の創造」である。「新規顧客の創造」で参考になる考え方として、「非顧客(ノンカスタマー)の存在」がある。ドラッカーは「ノンカスタマーこそ来るべき変化を教えてくれる貴重な情報源である」と述べている。

(つづく)

おススメ記事

2017年10月20日

ヤクルト本社、『リベシィ』がパッケージコンテストで受賞

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は20日、基礎化粧品シリーズ『リベシィ』が、日本包装技術協会主催の「2017日本パッケージングコンテスト」で化粧品包装部門賞を受賞したと発表した。  同シリーズは、加 […]

2017年10月20日

インフォームドチョイス、日本新薬が認証取得

 (有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子社長)は20日、日本新薬(株)(京都市南区)がサプリメントのアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」を取得したと発表した。  認証された『W […]

2017年10月20日

協和、「葛の花」機能性表示食品の広告で謝罪

 (株)協和(本社:東京都新宿区、堀内泰司代表)は20日、機能性表示食品のサプリメントを摂取するだけで痩身効果が得られると誤認させるような表示を行っていたとして、全国紙に謝罪広告を掲載した。  同社は、葛の花由来イソフラ […]

東京都の物産展で「賞味期限切れ」の甘酒を販売

 東京都と全国地方新聞社連合会が共同で開催している「都庁展望室 日本全国物産展」で販売した『酒蔵仕込みのあま酒』(製造元:下関酒造(株))の一部に、賞味期限切れの商品が含まれていたことを受けて、都庁展望室日本全国物産展事 […]

豪州、健康食品から発がん性成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は19日、オーストラリアTGAが発がん性の恐れがある成分を含む健康食品について注意喚起を行ったと発表した。  健康食品『Jimpness Beauty Fat Loss capsule […]