健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度に対応した企業戦略(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月25日

新制度に対応した企業戦略(3)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 

<事前に表示のワーディングとスクリーニングを>

 新・機能性表示制度では、機能性表示の科学的根拠を実証する場合、システマティック・レビュー(SR)を用いることが可能となる。その際、どのような表示をしたいのかを設定することからスタートする。表は米国でみられるルテインの機能性表示の事例である。hyou3_s (2)

 ルテインの目の健康に関する機能性だけでも、さまざまな表示の可能性がある。希望する表示内容によってキーワード、類義語、受け入れ基準、排除基準などSRのプロトコルが異なってくる。やみくもにSRに着手するのではなく、事前に表示のワーディングとスクリーニングを行うことが重要となる。

 その場合、機能性の根拠となるエビデンスについてだけでなく、安全性情報や医薬品などとの相互作用についてもスクリーニングを済ませておくべきだ。たとえ有効性のエビデンスが多数あったとしても、相互作用のある医薬品が多い場合は、採用にあたっては慎重になるべきである。

 スクリーニングの作業ではNMCD(Natural Medicines Comprehensive Database)などの2次資料をうまく活用することで、作業効率を上げることができる。ただし、NMCDは2次資料であるため、米国でも単独では機能性の科学的根拠に使用することはできない。新制度でも1次研究(原著論文)に基づくSRが求められているので、NMCDはスクリーニング時の参考資料として利用することになる。

 新制度が導入され、市場はどのように変化するのだろうか。シミュレーションする場合、消費者を起点に考えることが大切となる。
1994年にDSHEAが施行された後の数年間、米国サプリメント市場は2桁成長を続けた。当時のサプリメント利用者は人口の約50%に過ぎなかった。16年後の2010年には65%にまで増加した。一方、13年の日本のサプリメント利用者は人口の約52.2%((株)インテージの調査結果)であることを考えると、米国と同様に成長する可能性は十分にありそうだ。しかも、94年当時と現在とではインターネットなどの普及により、情報環境がまったく異なる。米国よりも短時間で変化する可能性も大いにあり得る。

 新制度の導入で期待されることは「顧客の創造」である。「新規顧客の創造」で参考になる考え方として、「非顧客(ノンカスタマー)の存在」がある。ドラッカーは「ノンカスタマーこそ来るべき変化を教えてくれる貴重な情報源である」と述べている。

(つづく)

おススメ記事

森永製菓、ラクチュロース配合のココア発売

 森永製菓(株)(本社:東京都港区、新井徹社長、TEL:0120-560-162)は22日、「森永ココア」からラクチュロース(ミルクオリゴ糖)を配合した『ラクチュロースココア』を発売する。  牛乳にもヨーグルトにも溶けや […]

2017年08月21日

ネイル用品を自主回収、未認可のタール色素混入

 消費者庁は21日、リコール情報サイトに、ネイルパートナー(株)(東京都渋谷区)によるネイル用品『エースジェル カラージェル』の「3M ラズベリーシークレットほか全211種」の自主回収情報を掲載した。  自主回収は、化粧 […]

2017年08月21日

【9/13】カリフォルニア・レーズン協会、記者発表会を開催

 カリフォルニア・レーズンの普及活動を行うカリフォルニア・レーズン協会(本部:米国カリフォルニア州、駐日事務所:東京都千代田区)は9月13日、対日マーケティング活動計画に関する記者発表会を、ホテルメトロポリタンエドモント […]

ファミリーマート、機能性大麦入りのおむすび発売

 (株)ファミリーマート(本社:東京都豊島区、澤田貴司社長)は22日、帝人(株)(本社:大阪市北区、鈴木純社長)が開発した機能性大麦『バーリーマックス』を使用したおむすびとサラダを発売する。全国のファミリーマートとサーク […]

記憶を思い出すための神経回路を解明

 理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター理研-MIT神経回路遺伝学研究センター・利根川進センター長らの研究チームは18日、マウスを用いた実験により、脳の海馬支脚を経由する神経回路が、記憶の想起に重要な役割を果たすこと […]