健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度に対応した企業戦略(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月24日

新制度に対応した企業戦略(2)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 

<ウコンなどで訴求ポイントの見直しも>

 hyou3_s (1)企業戦略を策定するためには、「どの訴求(ヘルス・ベネフィット)でビジネスをするのか?」、「どの素材・成分でビジネスをするのか?」を検討したうえで、既存商品の見直し、または新商品の開発を行うことになる。訴求の選定、素材・成分の選定にあたっては、市場の魅力度を検討する。具体的には、(1)市場規模、(2)市場の成長率・成長性、(3)ニーズの大きさ・強さ、(4)健康食品との相性――などの検討が必要となる。

 また、素材・成分の認知度、効能理解度の視点から、新制度導入に伴い機会があると思わる素材・成分について、以下のような5つの視点による検討が可能だ。
 (1)認知度は高いが、効能理解度が低い成分
 (2)エビデンスは多いが、認知度が低い成分
 (3)認知度、効能理解度が下がっている成分
 (4)認知度も効能理解度も高いが、新たなエビデンスがある成分
 (5)性別・年齢別に機能が異なる成分など

 たとえば、(4)の事例としてコラーゲンが考えられる。コラーゲンは認知度が高く、美肌効果という効能理解度も高い。そこに、新たに骨の強化、関節機能サポートの機能性を伝えることができれば、既存のユーザーのLTV(顧客生涯価値)を上げるための施策も考えられるし、新規顧客開拓の可能性も出てくる。

 次に、期待ベネフィットによる素材・成分選定の方向性について考えてみたい。GNGでは健康食品の期待ベネフィットを「QOL改善型」、「見た目の向上による満足」、「疾病リスクの低減」、「継続利用による安心感(お守り商品)」の4つに分類している。

 この期待ベネフィットを参考に、新制度導入後の素材・成分選定の方向性を以下のように分類してみる。

 1.特定の機能に特化型(QOL改善型、見た目の向上型)
 ・Condition-specificサプリメントが売上を伸ばした(米国)。
 ・効果を実感できないと不満となり、継続しない。
 ・悩みが改善すると継続しない場合もある。

 2.健康維持・増進型(お守り型、疾病リスク低減型)
 ・なぜ必要なのかの理解、納得が継続のために必要。
 ・マーケティングコミュニケーションにおいて、精緻化見込モデルの中心ルートでの情報処理が好ましい。

 3.効能認知/エビデンス・ギャップ型
 ・エビデンスは多いのに普及しない成分は?
 ・認知されている機能のエビデンスが少ない。

 1と2は特に説明は必要ないと思われるが、3の事例としてはウコンが考えられる。日本ではウコンと言えば肝機能改善という効能認知がかなり普及しているが、欧米では抗酸化作用や抗炎症機能で知られている。そのため、ウコンはジョイント・ヘルス・サプリメントに使用されている。このような素材・成分については、商品の訴求ポイントの見直しなども必要となる。

(つづく)

おススメ記事

【12/20】「ブランドキープサービス」キックオフセミナー

 (株)クロスボーダーエイジ(本社:東京都千代田区、春山祥一社長)は20日、「ブランドキープサービス記念セミナー」を都内で開催する。新たな商流文化が新たな価値を生み出すという事業コンセプトの下、来年2月から化粧品・スキン […]

2017年12月11日

近大と大塚製薬、PMSによるパフォーマンス障害とエクオール産生能の関連を研究

 近畿大学東洋医学研究所と大塚製薬(株)佐賀栄養製品研究所は8日、女性アスリートを対象とした研究により、月経前症候群(PMS)によるパフォーマンス障害とエクオール産生能の関連を明らかにしたと発表した。研究成果は産婦人科領 […]

広島県、急増する消費者相談 2位に健康食品の定期購入

 広島県が8日公表した県内で急増している消費生活相談の分野別トップ10(12月1日現在)によると、第2位に「他の健康食品」、第3位に「他の飲料」が入った。どちらも、定期購入をめぐるトラブルに関する相談が多数寄せられている […]

2017年12月11日

インタートレード、グループ会社を合併

 (株)インタートレード(本社:東京都中央区、尾﨑孝博社長)は11日、グループ会社で健康食品や化粧品の卸販売を展開する(株)健康プラザパル(東京都中央区)と、ハナビラタケの生産加工業の(株)らぼぉぐが来年年1月1日に合併 […]

2017年12月11日

カネリョウ海藻、『海藻グラノーラ』が料理王国100選入り

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長)はこのほど、通販サイト「おかげさま」で販売する『海藻グラノーラ』が、月刊誌「料理王国」(発行元:(株)CUISINE KINGDOM、本社:東京都港区、中沢美佐子 […]