健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度に対応した企業戦略(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月24日

新制度に対応した企業戦略(2)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 

<ウコンなどで訴求ポイントの見直しも>

 hyou3_s (1)企業戦略を策定するためには、「どの訴求(ヘルス・ベネフィット)でビジネスをするのか?」、「どの素材・成分でビジネスをするのか?」を検討したうえで、既存商品の見直し、または新商品の開発を行うことになる。訴求の選定、素材・成分の選定にあたっては、市場の魅力度を検討する。具体的には、(1)市場規模、(2)市場の成長率・成長性、(3)ニーズの大きさ・強さ、(4)健康食品との相性――などの検討が必要となる。

 また、素材・成分の認知度、効能理解度の視点から、新制度導入に伴い機会があると思わる素材・成分について、以下のような5つの視点による検討が可能だ。
 (1)認知度は高いが、効能理解度が低い成分
 (2)エビデンスは多いが、認知度が低い成分
 (3)認知度、効能理解度が下がっている成分
 (4)認知度も効能理解度も高いが、新たなエビデンスがある成分
 (5)性別・年齢別に機能が異なる成分など

 たとえば、(4)の事例としてコラーゲンが考えられる。コラーゲンは認知度が高く、美肌効果という効能理解度も高い。そこに、新たに骨の強化、関節機能サポートの機能性を伝えることができれば、既存のユーザーのLTV(顧客生涯価値)を上げるための施策も考えられるし、新規顧客開拓の可能性も出てくる。

 次に、期待ベネフィットによる素材・成分選定の方向性について考えてみたい。GNGでは健康食品の期待ベネフィットを「QOL改善型」、「見た目の向上による満足」、「疾病リスクの低減」、「継続利用による安心感(お守り商品)」の4つに分類している。

 この期待ベネフィットを参考に、新制度導入後の素材・成分選定の方向性を以下のように分類してみる。

 1.特定の機能に特化型(QOL改善型、見た目の向上型)
 ・Condition-specificサプリメントが売上を伸ばした(米国)。
 ・効果を実感できないと不満となり、継続しない。
 ・悩みが改善すると継続しない場合もある。

 2.健康維持・増進型(お守り型、疾病リスク低減型)
 ・なぜ必要なのかの理解、納得が継続のために必要。
 ・マーケティングコミュニケーションにおいて、精緻化見込モデルの中心ルートでの情報処理が好ましい。

 3.効能認知/エビデンス・ギャップ型
 ・エビデンスは多いのに普及しない成分は?
 ・認知されている機能のエビデンスが少ない。

 1と2は特に説明は必要ないと思われるが、3の事例としてはウコンが考えられる。日本ではウコンと言えば肝機能改善という効能認知がかなり普及しているが、欧米では抗酸化作用や抗炎症機能で知られている。そのため、ウコンはジョイント・ヘルス・サプリメントに使用されている。このような素材・成分については、商品の訴求ポイントの見直しなども必要となる。

(つづく)

おススメ記事

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]

都、乾燥塩トマトの販売業者を食品表示法違反で指示

 乾燥塩トマトを詰め替えて販売する際に、原材料名などを表示しなかったとして、東京都は21日、なかいや農園(東京都中野区、山田一雄氏)に対し、食品表示法に基づく指示を行ったと発表した。  都によると、同事業者は乾燥塩トマト […]

2018年06月22日

ABLによる化粧品のマルチ商法、和解不成立~国センADR

<エステ施術後に勧誘繰り返す>  (独)国民生活センターは21日、「国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)」で和解が成立しなかった事案として、(株)ABL(福岡市)による化粧品の連鎖販売取引をめぐる紛争を公表した。 […]