健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度に対応した企業戦略(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月22日

新制度に対応した企業戦略(1)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 消費者庁が導入する新・機能性表示制度への準備が、健康食品各社で始まっている。健康食品分野のコンサルティングを専門とする(株)グローバルニュートリショングループの武田猛代表が、新制度に対応するための企業戦略・商品戦略のヒントを6回にわたって提言する。

<「保健の用途の表示」の応用がカギ握る>

 9月4日に都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ案)」の説明会で、消費者庁の担当官は「可能となる表示内容は、おおよそトクホの機能性表示とかぶるが、疾病リスク低減表示はできない」と説明した。また、8月28日に公表された食品表示基準(案)のとおり、「機能性表示食品」(新制度の名称)は保健機能食品の枠に組み込まれる。従って、保健機能食品は特定保健用食品(トクホ)、機能性表示食品、栄養機能食品の3制度が並立するかたちとなる。

 この様な状況から判断すると、機能性表示食品には、疾病リスク低減表示を除く「保健の用途の表示」(<表1>参照)が可能となる。新制度のもとでマーケティングや商品開発を行う際には、「保健の用途の表示」の理解と応用が極めて重要となる。「保健の用途の表示」と、それによって可能になると考えられる機能性表示を<表2>に示した。

hyou_s 機能性表示食品の機能性表示の文言は、企業が自ら考えることになる。その際、いくつかの「表示禁止事項」があり、これらをすべて順守する必要があるが、最も気をつけなければならないことは、疾病の治療効果または予防効果を標榜する用語を使用しない点である。新制度のもとで機能性表示を行う場合には、医薬品と誤認される表示とみなされないように、十分に注意する必要がある。そのうえで、企業はどのような機能性を表示したいのかを様々な視点から検討することになる。

(つづく)

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]