健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度に対応した企業戦略(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月22日

新制度に対応した企業戦略(1)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 消費者庁が導入する新・機能性表示制度への準備が、健康食品各社で始まっている。健康食品分野のコンサルティングを専門とする(株)グローバルニュートリショングループの武田猛代表が、新制度に対応するための企業戦略・商品戦略のヒントを6回にわたって提言する。

<「保健の用途の表示」の応用がカギ握る>

 9月4日に都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ案)」の説明会で、消費者庁の担当官は「可能となる表示内容は、おおよそトクホの機能性表示とかぶるが、疾病リスク低減表示はできない」と説明した。また、8月28日に公表された食品表示基準(案)のとおり、「機能性表示食品」(新制度の名称)は保健機能食品の枠に組み込まれる。従って、保健機能食品は特定保健用食品(トクホ)、機能性表示食品、栄養機能食品の3制度が並立するかたちとなる。

 この様な状況から判断すると、機能性表示食品には、疾病リスク低減表示を除く「保健の用途の表示」(<表1>参照)が可能となる。新制度のもとでマーケティングや商品開発を行う際には、「保健の用途の表示」の理解と応用が極めて重要となる。「保健の用途の表示」と、それによって可能になると考えられる機能性表示を<表2>に示した。

hyou_s 機能性表示食品の機能性表示の文言は、企業が自ら考えることになる。その際、いくつかの「表示禁止事項」があり、これらをすべて順守する必要があるが、最も気をつけなければならないことは、疾病の治療効果または予防効果を標榜する用語を使用しない点である。新制度のもとで機能性表示を行う場合には、医薬品と誤認される表示とみなされないように、十分に注意する必要がある。そのうえで、企業はどのような機能性を表示したいのかを様々な視点から検討することになる。

(つづく)

おススメ記事

メディカル一光、子会社を合併

 調剤薬局や医薬品卸、介護業などを展開する(株)メディカル一光(本社:三重県津市、南野利久社長)は21日、連結子会社の(株)ヘルスケア一光と(株)ハピネライフケアを合併すると発表した。 合併期日は9月1日としている。   […]

2017年06月22日

キティー、粉末形状のビフィズス菌原料の提案開始

 (株)キティー(本社:東京都新宿区、朝木宏之社長、TEL:03-6457-7990)のバイオ事業部はこのほど、粉末形状の食品原料『ビフィスリム菌KMH001』の提案を開始した。  これはヒト由来のビフィズス菌(Bifi […]

ツルハHD、5月期は大幅増益に

 (株)ツルハホールディングス(本社:北海道札幌市、堀川政司社長)は20日、2017年5月期決算を発表した。売上高は前年比9.4%増の5,770億8,800万円、営業利益は同18.3%増の370億7,100万円、経常利益 […]

2017年06月22日

サプリメントで「タウリン」の広告はNG

 (公社)日本広告審査機構(JARO)はこのほど、最近の審査トピックスとして「タウリンを含むサプリメントの扱いは?」を取り上げた。  タウリンは「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)」のリストに記載されているため […]

愛知県、健康食品「お試し」のトラブル増加

 愛知県はこのほど、2016年度に県内の消費生活センターに寄せられた消費生活相談件数が前年比4.3%減の4万3,101件に上ったと発表した。商品別に見ると、健康食品に関する相談は1,365件で、同47.1%増となった。 […]