健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度に対応した企業戦略(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月22日

新制度に対応した企業戦略(1)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 消費者庁が導入する新・機能性表示制度への準備が、健康食品各社で始まっている。健康食品分野のコンサルティングを専門とする(株)グローバルニュートリショングループの武田猛代表が、新制度に対応するための企業戦略・商品戦略のヒントを6回にわたって提言する。

<「保健の用途の表示」の応用がカギ握る>

 9月4日に都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ案)」の説明会で、消費者庁の担当官は「可能となる表示内容は、おおよそトクホの機能性表示とかぶるが、疾病リスク低減表示はできない」と説明した。また、8月28日に公表された食品表示基準(案)のとおり、「機能性表示食品」(新制度の名称)は保健機能食品の枠に組み込まれる。従って、保健機能食品は特定保健用食品(トクホ)、機能性表示食品、栄養機能食品の3制度が並立するかたちとなる。

 この様な状況から判断すると、機能性表示食品には、疾病リスク低減表示を除く「保健の用途の表示」(<表1>参照)が可能となる。新制度のもとでマーケティングや商品開発を行う際には、「保健の用途の表示」の理解と応用が極めて重要となる。「保健の用途の表示」と、それによって可能になると考えられる機能性表示を<表2>に示した。

hyou_s 機能性表示食品の機能性表示の文言は、企業が自ら考えることになる。その際、いくつかの「表示禁止事項」があり、これらをすべて順守する必要があるが、最も気をつけなければならないことは、疾病の治療効果または予防効果を標榜する用語を使用しない点である。新制度のもとで機能性表示を行う場合には、医薬品と誤認される表示とみなされないように、十分に注意する必要がある。そのうえで、企業はどのような機能性を表示したいのかを様々な視点から検討することになる。

(つづく)

おススメ記事

2018年05月22日

【7/11】ICCRステークホルダーセッション

 日本・米国・EU・カナダ・ブラジルの化粧品規制当局で組織する化粧品規制協力国際会議(ICCR)は7月11日、ICCRステークホルダーセッションをイイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)で開催する。化粧品規 […]

ブロイラーなのに「地鶏」、消費者庁が措置命令

<居酒屋「塚田農場」「じとっこ組合」のメニュー表示が景表法違反>  居酒屋で提供する鶏料理にブロイラーを使用していたのにも関わらず、「地鶏」を使用していると誤認させるメニュー表示を行ったとして、消費者庁は22日、居酒屋チ […]

ファンデリー、塩分・タンパク質カットの『ミールタイム五目炒飯』発売

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐代表)は6月1日、味の素冷凍食品(株)と共同開発した『ミールタイム五目炒飯』を発売する。  1袋(200g)当たりの塩分が0.8g、タンパク質が5.4gで、通常のチャーハン […]

大正製薬、コバラサポートシリーズから新製品登場

 大正製薬(株)(本社:東京都豊島区、上原茂社長、TEL:0120-81-8428)は6月4日、空腹感を満たす飲料『コバラサポート ふくらみplus キウイ&パイン風味』を新発売する。全国のドラッグストアや通販「大正製薬 […]

母乳中のオステオポンチン濃度、産後日数にともない低下

<日本・中国・韓国・デンマークの4カ国による共同研究>  雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長)は21日、日本・中国・韓国・デンマークの4カ国間の共同研究で、母乳中のオステオポンチン(OPN)濃度が […]