健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度、最終製品による実証(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月29日

新制度、最終製品による実証(5)

(有)健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一 氏

<RCTはゴールド・スタンダードだが…>

 特定保健用食品(トクホ)をはじめ、いわゆる健康食品でも実施されるランダム化比較試験 (RCT)。RCTの手法を用いると、被験物質群とプラセボ群の間に存在する体に影響を及ぼす様々な原因(背景因子)について、その存在のあり方を等しい状態に整え、被験物質以外の邪魔な因子(交絡因子)によるデータの偏り(バイアス)を取り除くことができる。このため、被験物質の介入が及ぼす影響に焦点を絞って比較できる研究デザインと言える。被験物質の介入以外の違いは偶然しかないことになり、より客観的に評価することが可能となる。

 以上のことから、適切に計画・実施・報告された場合には、介入の評価で「ゴールド・スタンダード」とされている。しかし、適切に行われなかった場合、多くのバイアスや交絡因子が適切に処理されず、または恣意的に除去されないまま進められるケースもあり得る。

<CONSORT声明とは>

 消費者庁の検討会報告書では、最終製品を用いた実証の要件の1つに、「CONSORT(Consolidated Standards of Reporting Trials: 臨床試験報告に関する統合基準)声明」などへの準拠が明記された。  CONSORT声明とは、RCTを報告する際に必要な項目を示した国際ガイドライン。RCTの実施や公表が恣意的にならないようにするため、RCTの結果を公表する際の必要項目を取りまとめたものだ。

 最新バージョンの2010年版(CONSORT2010)は、25項目のチェックリスト【表2】とフローチャートで構成されている。CONSORT声明に準拠しているかどうか、つまり、この声明に示された各項目が適切に実施されて、報告されているかどうかを見ることで、試験の質を評価できる。

 日本ではCONSORT声明に準拠した健康食品の臨床試験件数は、UMIN登録と同様に今のところ多いとは言えない。トクホの申請でCONSORT声明への準拠は要求されていないが、新制度の導入をきっかけに、広い範囲の健康食品で普及すると予想される。

(つづく)

おススメ記事

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]

キューサイ、粉末タイプの青汁を期間限定販売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は6月27日、粉末タイプ青汁『Kale de Kale Fiber』(3.5g×6本)をウェブサイトと都内2店舗で、期間限定で販売する […]

富士フイルム、馬用サプリメントを発売

 富士フイルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長、TEL:042-339-8920)は21日、馬用サプリメント『ピュア サラシア』(480g)を代理店経由で新発売する。  サラシノールを配合し、サラシア抽出物中の苦み […]

2018年05月18日

野菜ジュースの継続摂取で健康被害

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は17日、「カロテン」に関する安全性情報を公表した。  それによると、日本国内で47歳の男性が、1日当たり900mlの野菜ジュースを3年間にわたって摂取したところ、柑皮症を発症した。野 […]

2018年05月18日

米国でタンパク質高含有のホエイ製品が拡大

 アメリカ乳製品輸出協会(USDEC)日本事務所は18日、米国産乳由来プロテインセミナー「アクティブな毎日を支える乳由来たんぱく質―日常の食生活で手軽にホエイ摂取ができる商品提案―」を開催した。  同協会のジェフリー・マ […]