健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度、最終製品による実証(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月29日

新制度、最終製品による実証(5)

(有)健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一 氏

<RCTはゴールド・スタンダードだが…>

 特定保健用食品(トクホ)をはじめ、いわゆる健康食品でも実施されるランダム化比較試験 (RCT)。RCTの手法を用いると、被験物質群とプラセボ群の間に存在する体に影響を及ぼす様々な原因(背景因子)について、その存在のあり方を等しい状態に整え、被験物質以外の邪魔な因子(交絡因子)によるデータの偏り(バイアス)を取り除くことができる。このため、被験物質の介入が及ぼす影響に焦点を絞って比較できる研究デザインと言える。被験物質の介入以外の違いは偶然しかないことになり、より客観的に評価することが可能となる。

 以上のことから、適切に計画・実施・報告された場合には、介入の評価で「ゴールド・スタンダード」とされている。しかし、適切に行われなかった場合、多くのバイアスや交絡因子が適切に処理されず、または恣意的に除去されないまま進められるケースもあり得る。

<CONSORT声明とは>

 消費者庁の検討会報告書では、最終製品を用いた実証の要件の1つに、「CONSORT(Consolidated Standards of Reporting Trials: 臨床試験報告に関する統合基準)声明」などへの準拠が明記された。  CONSORT声明とは、RCTを報告する際に必要な項目を示した国際ガイドライン。RCTの実施や公表が恣意的にならないようにするため、RCTの結果を公表する際の必要項目を取りまとめたものだ。

 最新バージョンの2010年版(CONSORT2010)は、25項目のチェックリスト【表2】とフローチャートで構成されている。CONSORT声明に準拠しているかどうか、つまり、この声明に示された各項目が適切に実施されて、報告されているかどうかを見ることで、試験の質を評価できる。

 日本ではCONSORT声明に準拠した健康食品の臨床試験件数は、UMIN登録と同様に今のところ多いとは言えない。トクホの申請でCONSORT声明への準拠は要求されていないが、新制度の導入をきっかけに、広い範囲の健康食品で普及すると予想される。

(つづく)

おススメ記事

森永乳業、「リカちゃん」パッケージの『TBCドリンク』展開

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長、TEL:0120-369-744)は7月10日、TBCグループ(株)と共同開発したサプリメントドリンク『TBCドリンク』シリーズから、着せ替え人形「リカちゃん」を掲載した […]

5月のドラッグストア販売額、「健康食品」は前年比5.5%増

 経済産業省が29日公表した商業動態統計速報によると、5月のドラッグストア(1万4,479店舗)の販売額は前年比5.8%増の5,103億円に拡大した。「健康食品」は同5.5%の175億円となった。  その他のジャンル別の […]

2017年06月29日

バイオジェニック、国産黒酢の濃縮粉末原料を発売

 バイオジェニック(株)(本社:東京都中央区、渡部政博代表、TEL:03-5643-1855)はこのほど、黒酢粉末原料『壺まるごと黒酢粉末』の供給を開始した。玄米黒酢原料の新ラインアップで、既存原料と合わせて顧客のニーズ […]

雪印ビーンスターク、大人のミルク型サプリを発売

 雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長、TEL:0120-241-537)は9月から、大人のための粉ミルク型サプリメント『プラチナミルクforバランス』(300g)など3品を発売する。  『プラチナ […]

消費者認知度 トクホ減少、機能性表示食品は微増~消費者庁の調査

 特定保健用食品(トクホ)に対する消費者の認知が低下する一方で、機能性表示食品では増加したことが28日、消費者庁の「2016年度消費者意識基本調査」からわかった。  調査は昨年11月4日~30日までの約1カ月間、376市 […]