健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度、最終製品による実証(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月28日

新制度、最終製品による実証(4)

(有)健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一 氏

<UMIN臨床試験登録システムへの登録時の留意点>

 UMINへの登録は、UMINのホームページで公開されている「準備作業用WORDファイル」を使って、必要な情報を埋めていく(参照)。必要となる情報の詳細は「準備作業用WORDファイル」に記載されている。主に次のようなものがある。

・試験の識別番号/試験に対するその他の識別記号
・試験の正式名/試験の簡略名、対象疾患名
・目的/主要アウトカム評価項目/副次アウトカム評価項目
・試験のタイプ/介入試験としての試験デザイン
・基本デザイン(並行群間比較/クロスオーバー試験/要因デザイン)
・ランダム化/ブラインド化/コントロール/介入
・適格性:主要な選択・除外の適格基準/目標被験者数
・責任研究者の連絡先/試験の問い合わせ先
・主要な試験実施責任組織/研究費提供組織/共同実施組織
・倫理委員会による承認の有無
・試験情報の本登録希望日(公開日)、プロトコル確定日
・登録・組み入れ開始予定日

 これらはいずれも重要な項目である。しかし、臨床試験の計画書(プロトコル)の作成時に、試験委託者と試験受託機関との間で細かく決められるため、UMIN登録の際に改めて考えるような内容はほとんどない。
 健康食品の臨床試験もすでに複数登録されている。このため、初めて登録する場合は、公開されている登録例を参考にしながら入力するとよいだろう。

 臨床試験の信頼性を高めるために、登録内容はすべて公開され、事業者の事業戦略がライバル企業に曝け出されるケースもある。

 消費者庁の検討会報告書によると、新制度では、1例目の被験者登録までに臨床試験を登録することが条件となる。一方、事業者サイドには、「登録と同時に公開となると、企業秘密が守られなくなる」との懸念がある。この点について言えば、UMIN登録の場合、登録日と公開日をずらすことが可能となっている。たとえば、登録から2年後に公開日を設定することなどができる。ただし、一度設定した公開日は変更できない。
 さらに、登録(本登録)後に内容を修正した場合は、すべての履歴が記録される。当然、修正履歴も公表されることになる。

 そして、最も重要なことは、登録日と公開日をずらすという手段が、新制度の対象となるかどうかだ。消費者庁のガイドラインに、どのような考え方が示されるのかが注目される。

(つづく)

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]