健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度、最終製品による実証(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月28日

新制度、最終製品による実証(4)

(有)健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一 氏

<UMIN臨床試験登録システムへの登録時の留意点>

 UMINへの登録は、UMINのホームページで公開されている「準備作業用WORDファイル」を使って、必要な情報を埋めていく(参照)。必要となる情報の詳細は「準備作業用WORDファイル」に記載されている。主に次のようなものがある。

・試験の識別番号/試験に対するその他の識別記号
・試験の正式名/試験の簡略名、対象疾患名
・目的/主要アウトカム評価項目/副次アウトカム評価項目
・試験のタイプ/介入試験としての試験デザイン
・基本デザイン(並行群間比較/クロスオーバー試験/要因デザイン)
・ランダム化/ブラインド化/コントロール/介入
・適格性:主要な選択・除外の適格基準/目標被験者数
・責任研究者の連絡先/試験の問い合わせ先
・主要な試験実施責任組織/研究費提供組織/共同実施組織
・倫理委員会による承認の有無
・試験情報の本登録希望日(公開日)、プロトコル確定日
・登録・組み入れ開始予定日

 これらはいずれも重要な項目である。しかし、臨床試験の計画書(プロトコル)の作成時に、試験委託者と試験受託機関との間で細かく決められるため、UMIN登録の際に改めて考えるような内容はほとんどない。
 健康食品の臨床試験もすでに複数登録されている。このため、初めて登録する場合は、公開されている登録例を参考にしながら入力するとよいだろう。

 臨床試験の信頼性を高めるために、登録内容はすべて公開され、事業者の事業戦略がライバル企業に曝け出されるケースもある。

 消費者庁の検討会報告書によると、新制度では、1例目の被験者登録までに臨床試験を登録することが条件となる。一方、事業者サイドには、「登録と同時に公開となると、企業秘密が守られなくなる」との懸念がある。この点について言えば、UMIN登録の場合、登録日と公開日をずらすことが可能となっている。たとえば、登録から2年後に公開日を設定することなどができる。ただし、一度設定した公開日は変更できない。
 さらに、登録(本登録)後に内容を修正した場合は、すべての履歴が記録される。当然、修正履歴も公表されることになる。

 そして、最も重要なことは、登録日と公開日をずらすという手段が、新制度の対象となるかどうかだ。消費者庁のガイドラインに、どのような考え方が示されるのかが注目される。

(つづく)

おススメ記事

トマト減塩食が減塩評価指標を改善

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)は25日、女子栄養大学との共同研究により、トマト減塩食を摂取することで、減塩効果指標(尿中ナトリウム/カリウム比)が大幅に改善することを確認したと発表した。  試験は、健 […]

2018年04月26日

ポーラ、シワ改善薬用化粧品の海外販売開始

 (株)ポーラ(本社:東京都品川区、横手喜一社長)は25日、シワを改善する薬用化粧品『リンクルショット メディカル セラム』の海外販売を6月15日から開始すると発表した。  同商品は昨年1月に発売され、同社では製造販売後 […]

福岡県、健康食品買上検査 3製品が法違反

 福岡県は25日、健康食品の買上検査を実施したところ、3製品から医薬品成分が検出されたと発表した。  県は昨年11月、インターネット上で販売されていた健康食品15製品を買い上げて、検査を実施。対象製品は痩身系7製品、強壮 […]

2018年04月26日

消費者庁、機能性表示食品の届出2件公表

 消費者庁は25日、機能性表示食品の届出2件を公表した。公表されている届出件数は合計1,348件となった。  ありだ農業協同組合の生鮮食品『有田みかん』はβ-クリプトキサンチンを含有し、「骨代謝の働きを助けることにより、 […]

「全国発酵食品サミット in NAGANO」委託者を募集

 長野県食品製造業振興ビジョン推進協議会は24日、今年11月16~18日まで開催する「全国発酵食品サミット in NAGANO」の業務委託者を公募型プロポーザル方式によって募集すると発表した。5月14日に事前説明会を開く […]