健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度、最終製品による実証(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月27日

新制度、最終製品による実証(3)

(有)健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一 氏

<UMIN臨床試験登録システムとは>

 臨床試験の事前登録や出版バイアスの排除といった動きは、健康食品に限ったことではない。医薬・医療分野では以前から、臨床試験の透明性を向上させる機運が高まっていた。欧米を中心に実施された抗うつ薬の2本の試験(小児・若年者が対象)で、有意な有効性が示されなかった結果を公表しなかったことが、2004年に発覚。これが契機となり、一気に広がったのである。

 また同年に、国際医学雑誌編集者会議(ICMJE)と英国の医学雑誌BMJが、医学研究のうち臨床試験について、「05年7月1日以降に参加者登録が始まる臨床試験は、最初の患者登録までに臨床試験登録をすること」を論文掲載の必要条件とする共同声明を発表した。

 日本国内の臨床試験登録システムをみると、大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)によるUMIN-CTRがICMJEの基準を満たす登録サイトとして正式に認められている。

 UMINは出版バイアスの防止などを目的に、05年6月1日から運用を開始。国内最大の臨床試験登録システムであり、国立大学附属病院長会議のもとで運用されている。これは全国42の国立大学病院のネットワーク組織(センターは東大病院内に設置)で、WHO の臨床試験登録国際プラットフォーム(International Clinical Trial Registry Platform: ICTRP)にもリンクしている。臨床試験の事前登録システムは、日本でも10年ほど前に既に整備されていたわけである。

 さらに、医学研究に携わる者の倫理指針を示すヘルシンキ宣言に、「ポジティブな結果、ネガティブな結果とも広く利用可能な方法で公表しなければならない」という条文がある。臨床試験の結果が世の中に還元され、活用されることを願う試験参加者への倫理的配慮からも、ネガティブな場合を含む結果の公開が常に求められていることを、たとえビジネスを前提としていても決して忘れてはならない。

(つづく)

おススメ記事

消費者庁、ジャパンライフに4度目の行政処分

<4度にわたる違反、「前例がない」>  家庭用永久磁石磁気治療器の連鎖販売取引と預託等取引契約を行うジャパンライフ(株)(本社:東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、消費者庁は15日、異例となる4度目の行政処分を行った […]

2017年12月15日

【2018/1/27】秋田県、スポーツ選手の栄養をテーマに講演会

 秋田県教育委員会は来年1月27日、運動部活動サポート事業「食で創るスポーツ選手の育成講演会」を湯沢文化会館(秋田県湯沢市)で開催する。  香川栄養学園女子栄養大学の上西一弘教授による講演「スポーツ選手への栄養サポート~ […]

瀧川オブラートが製品回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは14日、瀧川オブラート(株)(愛知県新城市)による製品の自主回収情報を掲載した。  自主回収の対象商品は、オブラートに可食インクでデザインを施し、食品にイラストをプリン […]

雪印メグミルク、ビタミンC補給の果汁飲料発売

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長、TEL:0120-301-369)は26日、果汁飲料『Dole Winter Yellow』(450ml)を新発売する。  グレープフルーツ・オレンジ・レモンを使 […]

大分県、「健康寿命日本一おうえん企業」にオハヨー乳業

 大分県は14日、県が推進している「健康寿命日本一おうえん企業」に、新たにオハヨー乳業(株)(本社:岡山市中区、野津基弘社長)が加わったと発表した。同おうえん企業は66件となった。  同おうえん企業とは、「大分県民の健康 […]