健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度、最終製品による実証(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月27日

新制度、最終製品による実証(3)

(有)健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一 氏

<UMIN臨床試験登録システムとは>

 臨床試験の事前登録や出版バイアスの排除といった動きは、健康食品に限ったことではない。医薬・医療分野では以前から、臨床試験の透明性を向上させる機運が高まっていた。欧米を中心に実施された抗うつ薬の2本の試験(小児・若年者が対象)で、有意な有効性が示されなかった結果を公表しなかったことが、2004年に発覚。これが契機となり、一気に広がったのである。

 また同年に、国際医学雑誌編集者会議(ICMJE)と英国の医学雑誌BMJが、医学研究のうち臨床試験について、「05年7月1日以降に参加者登録が始まる臨床試験は、最初の患者登録までに臨床試験登録をすること」を論文掲載の必要条件とする共同声明を発表した。

 日本国内の臨床試験登録システムをみると、大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)によるUMIN-CTRがICMJEの基準を満たす登録サイトとして正式に認められている。

 UMINは出版バイアスの防止などを目的に、05年6月1日から運用を開始。国内最大の臨床試験登録システムであり、国立大学附属病院長会議のもとで運用されている。これは全国42の国立大学病院のネットワーク組織(センターは東大病院内に設置)で、WHO の臨床試験登録国際プラットフォーム(International Clinical Trial Registry Platform: ICTRP)にもリンクしている。臨床試験の事前登録システムは、日本でも10年ほど前に既に整備されていたわけである。

 さらに、医学研究に携わる者の倫理指針を示すヘルシンキ宣言に、「ポジティブな結果、ネガティブな結果とも広く利用可能な方法で公表しなければならない」という条文がある。臨床試験の結果が世の中に還元され、活用されることを願う試験参加者への倫理的配慮からも、ネガティブな場合を含む結果の公開が常に求められていることを、たとえビジネスを前提としていても決して忘れてはならない。

(つづく)

おススメ記事

2017年10月20日

ヤクルト本社、『リベシィ』がパッケージコンテストで受賞

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は20日、基礎化粧品シリーズ『リベシィ』が、日本包装技術協会主催の「2017日本パッケージングコンテスト」で化粧品包装部門賞を受賞したと発表した。  同シリーズは、加 […]

2017年10月20日

インフォームドチョイス、日本新薬が認証取得

 (有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子社長)は20日、日本新薬(株)(京都市南区)がサプリメントのアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」を取得したと発表した。  認証された『W […]

2017年10月20日

協和、「葛の花」機能性表示食品の広告で謝罪

 (株)協和(本社:東京都新宿区、堀内泰司代表)は20日、機能性表示食品のサプリメントを摂取するだけで痩身効果が得られると誤認させるような表示を行っていたとして、全国紙に謝罪広告を掲載した。  同社は、葛の花由来イソフラ […]

東京都の物産展で「賞味期限切れ」の甘酒を販売

 東京都と全国地方新聞社連合会が共同で開催している「都庁展望室 日本全国物産展」で販売した『酒蔵仕込みのあま酒』(製造元:下関酒造(株))の一部に、賞味期限切れの商品が含まれていたことを受けて、都庁展望室日本全国物産展事 […]

豪州、健康食品から発がん性成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は19日、オーストラリアTGAが発がん性の恐れがある成分を含む健康食品について注意喚起を行ったと発表した。  健康食品『Jimpness Beauty Fat Loss capsule […]