健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度、最終製品による実証(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月23日

新制度、最終製品による実証(1)

(有)健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一 氏

新・機能性表示制度を活用する場合、企業は機能性の根拠を実証しなければならない。その方法は2とおり。1つは、システマティック・レビューによる実証(既報を参照)。もう1つが、最終製品を用いた臨床試験だ。新制度で最終製品を用いた臨床試験を実施する際の留意点を考える。

<機能性評価モデル事業で浮かび上がった課題>

 最終商品を用いた臨床試験について、消費者庁の新制度検討会報告書は「特定保健用食品の試験方法に準じることが適当」と明記。さらに、従来のトクホ制度には見られなかった新たな取り組みも盛り込んだ。

 新たな取り組みは、大きく次の2つに分かれる。第1に、研究計画を「UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)臨床試験登録システム」などに事前登録すること。第2に、臨床試験の結果を国際的コンセンサスの得られた指針(CONSORT声明など)に準拠した形式で、査読付き論文によって報告することがある。

 これらは、2011年度消費者庁予算事業「食品の機能性評価モデル事業」の結果を踏まえた取り組みだ。モデル事業報告書で注目すべき箇所は、「食品成分の機能性評価に係る課題等の整理」。ここでは、機能性を実証する場合の様々な留意点を列挙している。

 機能性評価方法の課題に、公正性・透明性の確保を挙げた。ヒト試験については公正性・透明性を保つ観点から、利益相反(COI)関連情報の記載が望ましいとした。最近では、論文の投稿規程でもCOI関連情報の明記を求めることが主流になってきていると指摘。このため、今後発表する論文については 、COI関連情報の明記を徹底する方向性を示した。

<ヒト試験の事前登録を提言>

 モデル事業報告書は、出版バイアスの問題にも切り込んだ。モデル事業では、出版バイアスの可能性を明確に排除することが困難だった。解決するためには、今後、食品成分に関するヒト試験の事前登録が望まれると提言した。

 提言の背景として、臨床試験などの研究計画の事前登録が国際的に定着しつつあり、主要な雑誌の投稿規定にも加えられていることや、日本でも「UMIN臨床試験登録システム」の運用が開始されているといった環境整備の進展を挙げた。

 今後行うヒト試験については、(1)研究計画を必ず事前登録する、(2)研究計画と論文の作成は国際的コンセンサスの得られた指針(CONSORT声明など)に準拠する――ことを必須とする方向性を明確化。モデル事業報告書に盛り込まれたこれらの考え方が、新制度に色濃く反映されるかたちとなった。

(つづく)

おススメ記事

カリーナ、アレルギー表示欠落でカレー商品を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは18日、(株)カリーナ(仙台市青葉区)による『杜王町カレー』の自主回収情報を掲載した。「小麦」・「乳」・「エビ」のアレルギー表示の欠落が原因。これらの食物アレルギーを持つ人は摂取しないよう […]

2017年08月18日

マリーンバイオ、沖縄産植物素材の引き合いが増加

 マリーンバイオ(株)(本社:東京都千代田区、染谷浩社長)では、沖縄産植物素材を供給している。供給開始から2年目に入り、作り手の顔が見えて安心で使いやすい素材として認知度が上昇。顧客から高い評価を得て、順調に推移している […]

常盤薬品工業、プラセンタ配合の飲料を発売

 常盤薬品工業(株)(本社:東京都港区、中野正隆社長、TEL:0120-875-710)は9月4日、プラセンタなどを配合した飲料『ビューパワー プランセンタ・コラーゲン<ドリンク>』を新発売する。  プラセンタとコラーゲ […]

2017年08月18日

種商、「国産雑穀各種」の供給量が前年比120%に

 (株)種商(本社:佐賀県鳥栖市、諸冨和馬社長)は、「国産雑穀各種」年間供給量が1,000トンに達し、前年比120%と伸びている。  同社は、もちきびやアマランスなどの希少な雑穀原料を配合した「国産雑穀各種」、国産雑穀1 […]

慶応大、リンの代謝が寿命を制御

 慶應義塾大学医学部先進運動器疾患治療学寄付講座・特任准教授の宮本健史氏らの研究グループは17日、食事で摂取されるリンの代謝が寿命を制御することを突き止めたと発表した。同研究は、JSPS科研費や(国研)日本医療研究開発機 […]