健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度 オリジナルQ&A(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年08月22日

新制度 オリジナルQ&A(3)

Q:新・機能性表示制度では、「ストレス」や「痛み」などについて訴求できるか?

 A:主観的な指標によってしか評価できない機能も、新制度の対象となり得る。「疲労」や「眠気・眠り」などが想定される。これらの表示についても、直ちに問題があるとは言えない。このほか、「ストレス」なども該当する可能性がある。

 ただし、「疲労」などはマーカーの確立といった課題も抱えている。また、評価に用いる指標が日本人に当てはまり、学術的に広く支持されていることが要件となる。前述の各機能は新制度の対象となり得るが、すぐに表示できないケースも出てくると予想される。

 「疼痛・痛み」も主観的な指標によって評価するジャンルに入る。健康食品に用いる成分には、痛みを軽減する作用をもつものも多いが、「疼痛・痛み」は疾病領域に該当するため、新制度の対象にならないとみられている。

 新制度の対象となり得る「眠気・眠り」についても、慢性的な不眠症などは疾病領域に入ることから、そうした表現を用いることはできないと考えられる。

 Q:構造・機能表示が可能となるが、どの部位でも対象となるか?

 A:厚労省は、健常者や境界線上の人を対象とするなど、新制度の要件をクリアすれば、身体の特定の部位に言及した表示を行ったとしても、直ちに医薬品に該当するとは判断しないという考え方を明確にしている。

 ただし、疾病治療や予防効果を暗示するような場合は問題となる。また、ドーピングによる「肉体改造」などの行き過ぎた表現は薬事法に抵触する。

 これらの要件をクリアすれば、原則として、訴求できる部位は制限されないと考えられる。関節・目・脳・肝臓・心臓・血管・皮膚・骨など、さまざまな部位について言及することが可能となる。当然ながら、十分な科学的エビデンスがあることなど、各要件をクリアしない限り、構造・機能表示はできない。

 Q:栄養機能食品制度などと併用できるか?

 A:新制度と栄養機能食品制度の併用は困難とみられているが、詳細は未定。また、新制度を保健機能食品(トクホと栄養機能食品)の枠組みに組み込むかどうかも、現時点では未定となっている。

 一方、北海道独自の表示制度「ヘルシーDo」については、新制度と併用できる可能性もある。ただし、可能となった場合も、消費者が誤認しないように表示内容を整理する必要があると予想される。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

森永乳業、「リカちゃん」パッケージの『TBCドリンク』展開

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長、TEL:0120-369-744)は7月10日、TBCグループ(株)と共同開発したサプリメントドリンク『TBCドリンク』シリーズから、着せ替え人形「リカちゃん」を掲載した […]

5月のドラッグストア販売額、「健康食品」は前年比5.5%増

 経済産業省が29日公表した商業動態統計速報によると、5月のドラッグストア(1万4,479店舗)の販売額は前年比5.8%増の5,103億円に拡大した。「健康食品」は同5.5%の175億円となった。  その他のジャンル別の […]

2017年06月29日

バイオジェニック、国産黒酢の濃縮粉末原料を発売

 バイオジェニック(株)(本社:東京都中央区、渡部政博代表、TEL:03-5643-1855)はこのほど、黒酢粉末原料『壺まるごと黒酢粉末』の供給を開始した。玄米黒酢原料の新ラインアップで、既存原料と合わせて顧客のニーズ […]

雪印ビーンスターク、大人のミルク型サプリを発売

 雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長、TEL:0120-241-537)は9月から、大人のための粉ミルク型サプリメント『プラチナミルクforバランス』(300g)など3品を発売する。  『プラチナ […]

消費者認知度 トクホ減少、機能性表示食品は微増~消費者庁の調査

 特定保健用食品(トクホ)に対する消費者の認知が低下する一方で、機能性表示食品では増加したことが28日、消費者庁の「2016年度消費者意識基本調査」からわかった。  調査は昨年11月4日~30日までの約1カ月間、376市 […]