健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新保弁護士、機能性表示食品と著作権など解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月14日

新保弁護士、機能性表示食品と著作権など解説

 (一社)国際栄養食品協会(AIFN)主催の事業者向けセミナーが14日、都内で開かれ、機能性表示食品制度に関連する法的問題をテーマに、スプリング法律事務所の新保雄司弁護士が、制度の法的根拠や届出情報と著作権の関係などについて解説した。

 新保弁護士は、機能性表示食品制度の法的根拠について「食品表示法の4条1項に基づく食品表示基準である」と述べた。企業が制度を活用するためには、食品表示基準で示された機能性表示食品の定義に沿うことが必須になると説明。定義は「対象」「表示」「除外事由」「届出」の4つに大きく分けることができるとし、この4要件を満たす必要性を強調した。
 4要件を1つでも満たさずに、機能性を表示した食品を販売した場合は、行政指導や行政処分(指示・命令・公表・検査)、差し止め請求、刑事罰の対象になると指摘。「この4要件を満たすかどうかに尽きる」と語った。

 また新保弁護士は、消費者庁に科学的根拠として届け出る資料と著作権の関係について、2つのケースに分けて解説した。届出企業が自ら作成した研究論文を届出資料とする場合は、「著作権の問題は基本的に生じない」と話した。

 一方、第三者が作成した研究論文を届出資料に利用する場合には、次の7要件を概ね満たすことが重要とした。7要件に、(1)公表されている著作物であること、(2)公正な慣行に合致、(3)報道・批評・研究など引用の目的上、正当な範囲内であること、(4)引用部分とそれ以外の部分の主従関係が明確、(5)カギカッコなどにより引用部分が明確、(6)引用を行う必然性がある、(7)著作物の題号、著作者名などの出所の明示――を挙げた。
 これらの引用の要件を満たさないケースでは、著作者の許諾が必要になると注意を促した。著作権の侵害があった場合には、著作権法上の差し止め請求や損害賠償義務などの対象になると説明した。

 

おススメ記事

ファミリーマート、機能性大麦入りのおむすび発売

 (株)ファミリーマート(本社:東京都豊島区、澤田貴司社長)は22日、帝人(株)(本社:大阪市北区、鈴木純社長)が開発した機能性大麦『バーリーマックス』を使用したおむすびとサラダを発売する。全国のファミリーマートとサーク […]

記憶を思い出すための神経回路を解明

 理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター理研-MIT神経回路遺伝学研究センター・利根川進センター長らの研究チームは18日、マウスを用いた実験により、脳の海馬支脚を経由する神経回路が、記憶の想起に重要な役割を果たすこと […]

『I.Bヘルスケア(47号)』を発刊

 (株)データ・マックスはヘルスケア業界向け専門誌『I.Bヘルスケア(47号)』(A4・オールカラー、月刊)を発刊する。巻頭特集は「注目の国産素材」。独自性や付加価値を求める健康食品業界のニーズを背景に、注目が集まってい […]

2017年08月21日

マルハニチロ、機能性表示食品のサンマ蒲焼を発売

 マルハニチロ(株)(本社:東京都江東区、伊藤滋社長、TEL:0120-040826)は21日、機能性表示食品『北海道産 さんま蒲焼』を新発売する。全国の量販店で展開する。  1日摂取目安量の1枚(70g)当たりに、DH […]

香港、医薬品成分を含む健康食品を発見

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は18日、香港衛生署が医薬品成分を含む健康食品『H.I.COFFEE』を摂取しないように呼びかけたことをホームページ上で公表した。  香港衛生署が買い上げ調査を実施し、分析した結果、同 […]