健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新保弁護士、機能性表示食品と著作権など解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月14日

新保弁護士、機能性表示食品と著作権など解説

 (一社)国際栄養食品協会(AIFN)主催の事業者向けセミナーが14日、都内で開かれ、機能性表示食品制度に関連する法的問題をテーマに、スプリング法律事務所の新保雄司弁護士が、制度の法的根拠や届出情報と著作権の関係などについて解説した。

 新保弁護士は、機能性表示食品制度の法的根拠について「食品表示法の4条1項に基づく食品表示基準である」と述べた。企業が制度を活用するためには、食品表示基準で示された機能性表示食品の定義に沿うことが必須になると説明。定義は「対象」「表示」「除外事由」「届出」の4つに大きく分けることができるとし、この4要件を満たす必要性を強調した。
 4要件を1つでも満たさずに、機能性を表示した食品を販売した場合は、行政指導や行政処分(指示・命令・公表・検査)、差し止め請求、刑事罰の対象になると指摘。「この4要件を満たすかどうかに尽きる」と語った。

 また新保弁護士は、消費者庁に科学的根拠として届け出る資料と著作権の関係について、2つのケースに分けて解説した。届出企業が自ら作成した研究論文を届出資料とする場合は、「著作権の問題は基本的に生じない」と話した。

 一方、第三者が作成した研究論文を届出資料に利用する場合には、次の7要件を概ね満たすことが重要とした。7要件に、(1)公表されている著作物であること、(2)公正な慣行に合致、(3)報道・批評・研究など引用の目的上、正当な範囲内であること、(4)引用部分とそれ以外の部分の主従関係が明確、(5)カギカッコなどにより引用部分が明確、(6)引用を行う必然性がある、(7)著作物の題号、著作者名などの出所の明示――を挙げた。
 これらの引用の要件を満たさないケースでは、著作者の許諾が必要になると注意を促した。著作権の侵害があった場合には、著作権法上の差し止め請求や損害賠償義務などの対象になると説明した。

 

おススメ記事

神奈川県、県西地域活性化で補助事業

 神奈川県は18日、県西地域の事業者を対象に、「県西地域未病資源活用促進補助金」により支援する事業提案の募集(2次)を開始した。補助額は、1事業当たり補助の対象となる経費の3分の1以内。募集期間は6月29日まで(事前相談 […]

2018年05月21日

日清オイリオグループ、中鎖脂肪酸油などの生産能力増強

 日清オイリオグループ(株)(本社:東京都中央区、久野貴久社長、TEL:0120-016-024)は18日、横浜磯子事業場内の化成品工場で、化粧品用エステルと中鎖脂肪酸油(MCT)の生産能力を増強すると発表した。  今後 […]

2018年05月21日

フジ日本精糖、機能性表示食品『イヌリンバランス』を発売

 フジ日本精糖(株)(本社:東京都中央区、舩越義和社長、TEL:03-3667-7811)は6月1日、2種類の機能性を持つ機能性表示食品『イヌリンバランス』(5g×30袋)を発売する。  機能性関与成分はイヌリン。届出表 […]

2018年05月21日

消費者庁、機能性表示食品の届出5件を公表

 消費者庁は18日、機能性表示食品の届出5件を公表した。公表されている届出件数は合計1,371件に上る。  アサヒ飲料(株)は3件の届出が公表された。清涼飲料水『からだ十六茶』『――630』は、難消化性デキストリンと葛の […]

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]