健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!(16)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年03月28日

新・機能性表示制度 主張&提言!(16)

満尾クリニック 院長・医学博士 満尾 正 氏

<表示を通して、本当に必要な情報の提供を>
 ――消費者庁が導入する米国型の新・機能性表示制度では、科学的エビデンスのある食品で「構造・機能表示」が可能となるが?

mituo 新制度によって、日本人の健康維持・増進のために本当に必要な栄養素が評価され、市場が形成されればよいと思う。たとえば、ビタミンD(ビタミンD3)もその一つ。ビタミンDが不足すると免疫力が低下し、発がん率が上がると報告されている。だから、米国などではビタミンDの補給が重視されている。一方、日本はビタミンDに関する情報が「鎖国状態」にあると言える。

 ――日本の健康食品業界では、ビタミンDはロコモ対応素材として見られがちだが?

 満尾 ビタミンDはカルシウムの吸収を向上させる作用をもつ。この点でも研究が進んでいるが、免疫力を向上させる作用が注目されるようになってきた。ビタミンDは食事から摂るか、または紫外線を浴びることによって合成される。このため、日照時間が短いと、血中のビタミンD濃度が低下する。これまでの調査研究によると、米国では緯度の高い地域で大腸がんなどの発生率が高くなると報告されている。また、日照時間が短い地域で、自己免疫疾患の発症率が高いことなどもわかってきた。日光を避けがちな現代人の生活スタイルを背景に、ビタミンD不足が問題となっている。

 ――機能性に関する科学的エビデンスは充実しているか?

 満尾 パブメドなどのデータベースでビタミンDの機能性を検索すると、非常に多数のエビデンスがヒットする。特に、骨に関する試験データや免疫に関するデータが充実している。消費者庁が新制度でどのような基準を設けるのかは明らかにされていないが、もし、ビタミンDで機能性を表示できないのならば、おそらく他の成分はもっと難しいだろう。

 ――新制度の導入に向けて期待する点は?

 満尾 今回の規制改革は国民の健康増進だけでなく、市場の活性化や医療費の削減を目的としたものと聞く。消費者庁は米国ダイエタリーサプリメント制度を参考にした制度設計を予定しているが、米国制度も医療費削減を目的とする。そういう意味でも、”先輩”である米国制度を参考にすべき点は多いだろう。新制度のもとで許される構造・機能表示を通して、本当に重要な情報が国民に伝わるようにしてほしいと思う。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]

国セン、フリマの消費者相談が急増

<酒を購入する未成年者、運営事業者は放置>  (独)国民生活センターは22日、インターネット上で商品の売買を個人間でできる「フリマアプリ」「フリマサイト」といったフリーマーケットサービスに関する消費者相談が、年間3,00 […]

動脈硬化の原因となるリポタンパク質を発見

 秋田県立大学は21日、生物資源科学部の小西智一准教授らの研究グループが、動脈硬化の原因となり得るリポタンパク質「LAC」を発見したと発表した。研究成果は20日、国際学術誌『PLOS ONE』に掲載された。  研究グルー […]