健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!(15)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年03月20日

新・機能性表示制度 主張&提言!(15)

(株)J-オイルミルズ 健康食品部 部長 上野 泰 氏

<ビタミンK2(メナキノン-7)でアプローチ>
 ――消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」では、安全性確保対策の議論が進んでいるが?

ueno これまでの検討状況から、素材によっては新制度に対応しにくいものも出てくることがわかった。安全性の確保には厳しい基準が必要だが、それよりも一定のルールが確実に守られるように監視することの方が重要だ。食品の機能表示の目的は規制緩和による市場の活性化と消費者の知る権利への対応と理解しているが、高いハードルを設定して入口を狭めると、市場拡大と消費者利益にはつながりにくいだろう。より多くの企業が参加できるように入口を絞り込まずに、ルール違反をきちんと取り締まることが大切。消費者に信頼される制度で、きちんと対応できる企業が最終的に残るような仕組みにしてほしい。

 ――新制度に向けて、どのような準備を進めているのか?

 上野 取引先となる販売メーカー各社は、新制度に対して関心を持ち始めている。新制度は来年4月ごろにスタートする予定と聞いているので、原料メーカーとして、取引先企業が4月1日に照準を合わせることができるように準備を進めている。当社では現在、素材のエビデンスの整理に入っている。国内外の論文検索によって、試験デザイン、有意差が出なかった試験データの分析、医薬品との相互作用なども含めて精査中だ。

 ――具体的にどのような素材でアプローチする予定か?

 上野 当社は「ビタミンK2(メナキノン-7)」を供給している。この素材は、新制度に対応できるものであると想定している。納豆菌由来の「ビタミンK2(メナキノン-7)」は機能性食品やサプリメントに利用されており、新制度では、骨の健康維持に役立つ素材としてだけでなく、動脈硬化の予防に役立つ素材としてもアプローチしたい。

 ――安全性の評価はどうか?

 上野 当社の「ビタミンK2(メナキノン-7)」は納豆に含まれているものと同じビタミンK2で、納豆には1,000年以上の食経験があるが、当社ではEFSAのNovel Foodsや米国のGRAS(Self notification)の認可を得るため、必要な安全性試験はすべて実施している。また当社の推奨量が50~180マイクロgであるのに対し、納豆1パックには約300マイクロgが含有されていることなどから、安全は十分に担保できていると考えている。ただし、医薬品の「ワーファリン」との相互作用がある点については、しっかりと対応したい。

 ――検討会では、情報開示のあり方も論点となっているが?

 上野 企業に一定レベルの情報開示を求めることは、消費者保護の観点から必要である。たとえば、GMP対応(ないし準拠)は企業の規模にかかわらず可能だ。今回の動きをチャンスととらえて、安全対策に取り組むかどうかは各社の判断となる。また、新制度の認知度を向上させるために、商品に「機能表示マーク」の導入とそのマークの啓蒙も有効だ。ぜひ、消費者が商品を選択しやすい制度にしてほしいし、参加するメーカーの一員として信頼される制度にしていきたい。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、ジャパンライフに4度目の行政処分

<4度にわたる違反、「前例がない」>  家庭用永久磁石磁気治療器の連鎖販売取引と預託等取引契約を行うジャパンライフ(株)(本社:東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、消費者庁は15日、異例となる4度目の行政処分を行った […]

2017年12月15日

【2018/1/27】秋田県、スポーツ選手の栄養をテーマに講演会

 秋田県教育委員会は来年1月27日、運動部活動サポート事業「食で創るスポーツ選手の育成講演会」を湯沢文化会館(秋田県湯沢市)で開催する。  香川栄養学園女子栄養大学の上西一弘教授による講演「スポーツ選手への栄養サポート~ […]

瀧川オブラートが製品回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは14日、瀧川オブラート(株)(愛知県新城市)による製品の自主回収情報を掲載した。  自主回収の対象商品は、オブラートに可食インクでデザインを施し、食品にイラストをプリン […]

雪印メグミルク、ビタミンC補給の果汁飲料発売

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長、TEL:0120-301-369)は26日、果汁飲料『Dole Winter Yellow』(450ml)を新発売する。  グレープフルーツ・オレンジ・レモンを使 […]

大分県、「健康寿命日本一おうえん企業」にオハヨー乳業

 大分県は14日、県が推進している「健康寿命日本一おうえん企業」に、新たにオハヨー乳業(株)(本社:岡山市中区、野津基弘社長)が加わったと発表した。同おうえん企業は66件となった。  同おうえん企業とは、「大分県民の健康 […]