健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!(14)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年03月10日

新・機能性表示制度 主張&提言!(14)

実践女子大学・実践女子短期大学 学長 田島 眞 氏

<機能性はグラデーション的なもの>
 ――消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」で検討が進んでいるが?

 田島眞氏(以下、田島) 新たな機能性表示制度で、消費者庁が目指している「消費者が誤認しない表示」をどう考えるのかが重要だ。安全性についても「白か黒か」と言えないように、機能性表示も「程度」の問題である。同じ健康食品を利用しても、効く人もいれば、効かない人もいる。そうしたことが、医薬品では理解されている。医薬品の効き目にも個人差があり、ある薬剤を投与して効果が出ない患者に対し、医師は別の薬剤を処方することになるが、患者もそのことを理解する。機能性食品やサプリメントも同じで、商品選択の仕方が大切だ。

 ――新制度では「構造・機能表示」が可能となる見通しだが?

tajima たとえば、コレステロールに関する構造・機能表示は、「正常なコレステロール値の維持をサポートする」といった表現になると予想される。しかし、消費者は希望的観測によって商品を摂取するため、たとえ表示は「維持をサポートする」であっても、コレステロール値が下がると期待するだろう。しかし、それは仕方のないことだと思う。人によっては効果が表れるわけで、「白か黒か」で考えるべきではない。このことを消費者庁にも理解してもらいたい。食品に機能性があることはたしかだが、医薬品と違って顕著な効果はもともとない。そういう意味で、ある一定の割合の人に効けばよいのではないか。

 ――新制度を検討する際に、どのような視点が重要か?

 田島 新制度の方向性として、安全性確保対策は厳しすぎるくらいでちょうどよいが、機能性評価はそうでなくてもよい。安全性については、たとえ1報でもマイナス情報が出てくると、大きな問題となる。一方、機能性については、しっかりとしたエビデンスが数報あればよいだろう。ただし、マイナスのデータも含めて、総合的に判断しなければならないことは言うまでもない。

 ――新制度の導入によるメリットや心配な点は?

 田島 新制度では安全性確保対策を厳しくし、食品の安全性が底上げされるというメリットを期待したい。一方、構造・機能表示を誤解して、「これさえ飲めば健康でいられる」と考える消費者が出てくると困る。また、新制度はエビデンスベースの仕組みとなるので、食品業界も今後はエビデンスベースの取り組みを心がけるべきだろう。健康食品などではイメージ広告が目につくが、そうした広告は問題があり、新制度が機能して、取り締まりが強化されれば減少するのではないだろうか。

 ――検討会や国へのメッセージは?

 田島 食品の機能性は「ゼロか100%か」ではなく、グラデーション的なものである。だから、「効くかもしれない」というような緩やかな表示への理解を深めて、より多くの製品が対象となるような方向に行ってほしい。また、消費者庁は企業が届け出る情報をオープンにする方針であり、このことはとても良い方向と言える。なぜなら、消費者が適切に商品選択するためには、情報開示が重要となるからだ。消費者も勉強して、適切に商品を選択できるように努力しなければならない。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

昨年度のネット監視、健康食品表示で336業者に改善要請~消費者庁

 消費者庁はきょう(28日)、2016年度に実施したインターネット上の健康食品表示の監視により、合計336事業者に対して表示の改善を要請したと発表した。ショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化を要請した。   […]

高橋貞光の通販講座第3弾、大阪で開催

 (株)データ・マックスはきょう(28日)、通信販売事業者を対象としたセミナー「成功する通信販売のつくり方」を大阪市内で開催した。通販企業や通販事業の立ち上げ、事業の刷新を考えている川上の事業者などが参加した。  講師を […]

日新製糖、ガラクトオリゴ糖配合商品を発売

 日新製糖(株)(本社:東京都中央区、樋口洋一社長)はこのほど、ガラクトオリゴ糖を主成分とする食品用糖質「カップオリゴ」を配合した液体タイプの『カップオリゴ(500g)』、打錠タイプの『ガラクトオリゴ糖錠剤(270粒)』 […]

ドーム、ホエイプロテインの新商品を発売

 (株)ドーム(本社:東京都江東区、安田秀一代表社長、TEL:0120-106-786)は5月9日、スポーツサプリメントブランドDNSから個包装タイプの『ホエイプロテインSP シングルパック』を発売する。  『――シング […]

カワチ薬品、17年3月期 前期比77%増の大幅増益に

 (株)カワチ薬品(本社:栃木県小山市、河内伸二社長)はこのほど、2017年3月期業績を発表した。売上高は前年比2.2%増の2,664億2,300万円、営業利益は同22.9%増の57億2,300万円、経常利益は同20.2 […]