健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!(14)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年03月10日

新・機能性表示制度 主張&提言!(14)

実践女子大学・実践女子短期大学 学長 田島 眞 氏

<機能性はグラデーション的なもの>
 ――消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」で検討が進んでいるが?

 田島眞氏(以下、田島) 新たな機能性表示制度で、消費者庁が目指している「消費者が誤認しない表示」をどう考えるのかが重要だ。安全性についても「白か黒か」と言えないように、機能性表示も「程度」の問題である。同じ健康食品を利用しても、効く人もいれば、効かない人もいる。そうしたことが、医薬品では理解されている。医薬品の効き目にも個人差があり、ある薬剤を投与して効果が出ない患者に対し、医師は別の薬剤を処方することになるが、患者もそのことを理解する。機能性食品やサプリメントも同じで、商品選択の仕方が大切だ。

 ――新制度では「構造・機能表示」が可能となる見通しだが?

tajima たとえば、コレステロールに関する構造・機能表示は、「正常なコレステロール値の維持をサポートする」といった表現になると予想される。しかし、消費者は希望的観測によって商品を摂取するため、たとえ表示は「維持をサポートする」であっても、コレステロール値が下がると期待するだろう。しかし、それは仕方のないことだと思う。人によっては効果が表れるわけで、「白か黒か」で考えるべきではない。このことを消費者庁にも理解してもらいたい。食品に機能性があることはたしかだが、医薬品と違って顕著な効果はもともとない。そういう意味で、ある一定の割合の人に効けばよいのではないか。

 ――新制度を検討する際に、どのような視点が重要か?

 田島 新制度の方向性として、安全性確保対策は厳しすぎるくらいでちょうどよいが、機能性評価はそうでなくてもよい。安全性については、たとえ1報でもマイナス情報が出てくると、大きな問題となる。一方、機能性については、しっかりとしたエビデンスが数報あればよいだろう。ただし、マイナスのデータも含めて、総合的に判断しなければならないことは言うまでもない。

 ――新制度の導入によるメリットや心配な点は?

 田島 新制度では安全性確保対策を厳しくし、食品の安全性が底上げされるというメリットを期待したい。一方、構造・機能表示を誤解して、「これさえ飲めば健康でいられる」と考える消費者が出てくると困る。また、新制度はエビデンスベースの仕組みとなるので、食品業界も今後はエビデンスベースの取り組みを心がけるべきだろう。健康食品などではイメージ広告が目につくが、そうした広告は問題があり、新制度が機能して、取り締まりが強化されれば減少するのではないだろうか。

 ――検討会や国へのメッセージは?

 田島 食品の機能性は「ゼロか100%か」ではなく、グラデーション的なものである。だから、「効くかもしれない」というような緩やかな表示への理解を深めて、より多くの製品が対象となるような方向に行ってほしい。また、消費者庁は企業が届け出る情報をオープンにする方針であり、このことはとても良い方向と言える。なぜなら、消費者が適切に商品選択するためには、情報開示が重要となるからだ。消費者も勉強して、適切に商品を選択できるように努力しなければならない。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

カリーナ、アレルギー表示欠落でカレー商品を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは18日、(株)カリーナ(仙台市青葉区)による『杜王町カレー』の自主回収情報を掲載した。「小麦」・「乳」・「エビ」のアレルギー表示の欠落が原因。これらの食物アレルギーを持つ人は摂取しないよう […]

2017年08月18日

マリーンバイオ、沖縄産植物素材の引き合いが増加

 マリーンバイオ(株)(本社:東京都千代田区、染谷浩社長)では、沖縄産植物素材を供給している。供給開始から2年目に入り、作り手の顔が見えて安心で使いやすい素材として認知度が上昇。顧客から高い評価を得て、順調に推移している […]

常盤薬品工業、プラセンタ配合の飲料を発売

 常盤薬品工業(株)(本社:東京都港区、中野正隆社長、TEL:0120-875-710)は9月4日、プラセンタなどを配合した飲料『ビューパワー プランセンタ・コラーゲン<ドリンク>』を新発売する。  プラセンタとコラーゲ […]

2017年08月18日

種商、「国産雑穀各種」の供給量が前年比120%に

 (株)種商(本社:佐賀県鳥栖市、諸冨和馬社長)は、「国産雑穀各種」年間供給量が1,000トンに達し、前年比120%と伸びている。  同社は、もちきびやアマランスなどの希少な雑穀原料を配合した「国産雑穀各種」、国産雑穀1 […]

慶応大、リンの代謝が寿命を制御

 慶應義塾大学医学部先進運動器疾患治療学寄付講座・特任准教授の宮本健史氏らの研究グループは17日、食事で摂取されるリンの代謝が寿命を制御することを突き止めたと発表した。同研究は、JSPS科研費や(国研)日本医療研究開発機 […]