健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!(12)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月25日

新・機能性表示制度 主張&提言!(12)

科学ジャーナリスト 植田 武智 氏

<新制度から漏れた健康食品の取り締まりが課題>
 ――米国型の機能性表示制度の導入に向けて、消費者庁で検討されているが?

 植田武智氏(以下、植田) 本来、健康食品は薬事法で取り扱うべきである。具体的に言うと、医薬部外品として位置づけ、それ以外の効能効果をうたった商品を取り締まればよい。そうすることによって、違反事例の取り締まりが容易になるはずだ。今回、消費者庁は米国型の機能性表示制度を導入するが、制度の外側にある違法表示をどのように取り締まるのかが問題となる。

 ――取り締まり体制が重要課題か?

ueda (1) 新制度が整備されると、企業は要件をクリアするために努力し、有効性に関する根拠を集めて機能性を表示するようになるだろう。しかし、新制度から漏れた商品については、効能効果やそれを暗示させるような表示をさせないようにしなければならない。その担保をどう取るのかが現時点では不明なことから、消費者団体の間で不満が強い。消費者庁は、新制度で証拠のあるものだけに機能性表示を認め、違反した場合は取り締まるという考えだが、その担保の仕方が不透明である。いわゆる健康食品の違法表示の取り締まりと、新制度による機能性表示の実施を、同時にどう実現させるのかが問われている。

 ――届出制の導入が想定されるが?

 植田 新制度では、企業の自己責任で安全性・有効性のデータをそろえ、機能性が表示できるようになる。さらに、届出制が導入されるとみられている。しかし、一部の健康食品が対象となるだけで、新制度の外側の「いわゆる健康食品」については引き続き、表示を取り締まらなければならない。新制度は法律で縛るものではないので、あいまいな感じがする。そして、届出が行なわれない健康食品も従来どおり販売できる。このため、効能効果をうたったり、連想させたりする”なんちゃって表示”が存続することになるのではないか。新制度の要件をクリアできない健康食品について、機能性を表示させないための担保のあり方を考えることが大切だ。

 ――新制度の機能性表示の要件をどう考えるか?

 植田 新制度のもとで機能性表示を行なうための要件として、ヒト試験、トータリティ・オブ・エビデンスの考え方(有効性に否定的な論文を含む多数の論文を総合的に評価する手法)などが予想される。このため、ハードルはかなり高くなり、機能性表示が可能となる成分は限られるのではないか。新制度は有効性の根拠がある商品を対象とするが、言い換えれば、届出が行なわれない健康食品はその根拠が不十分ということになる。だから、新制度から漏れた商品については、効果効能をにおわせるような表示を絶対に許してはならない。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

2018年01月18日

【2/8】データ・マックス取材報告会 「葛の花」事件

 (株)データ・マックスは2月8日、取材報告会「『葛の花』機能性表示食品の景表法違反事件~広告のどの点が問題となったのか?措置命令後の各社の動向は?」を同社の東京支店(東京都港区)で開催する。  消費者庁は昨年11月、葛 […]

ファンケル、『DHA&EPA』を刷新

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長、TEL:0120-750-210)は2月20日、『DHA&EPA』(150粒)をリニューアル発売する。通信販売と直営店舗で展開する。  DHAとEPAの含有量を […]

2018年01月18日

【2/7】鳥取県、食品表示研修会を開催

 鳥取県は2月7日、「食品表示研修会」を米子コンベンションセンター・小ホール(米子市)で開催する。参加対象は西部地区の食品関連事業者、定員は200人。  講師は(株)わきあいあいの立原隆義社長が務める。「食品表示法に基づ […]

マルコメ、「プラス糀 糀甘酒」に大容量タイプ

 マルコメ(株)(本社:長野市安茂里、青木時男社長、TEL:0120-85-5420)は3月上旬から、『プラス糀 糀甘酒 LL1000ml 豆乳ブレンド』、『――生姜ブレンド』(1,000ml)の大容量タイプ2品を全国で […]

2018年01月18日

【1/30】ノビレチン研究会、都内でプレスセミナー開催

 ノビレチン研究会(矢澤一良会長)は30日、ノビレチンの機能性に関するプレスセミナーを都内で開催する。  ノビレチンは、シークヮーサーに豊富に含まれる機能性成分。中部大学応用生物学部の禹済泰教授と国立長寿医療研究センター […]