健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度の本質を探る(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月21日

新・機能性表示制度の本質を探る(3)

<高い透明性でインチキ企業を排除>
 透明性が高いことも、新・機能性表示制度の大きな特徴だ。消費者庁は、安全性評価や機能性評価に関する情報をすべて開示する案を示した。企業は、どのような条件で論文を検索し、どのような論文を除外したのかをはじめ、評価に至るまでの詳細なプロセスを開示する。GMPやHACCPの取得状況も開示される。

 このため、安全性評価や機能性評価でインチキした企業は、すぐにばれることになる。消費者をだますことができない制度を目指しているとも受け取れる。健康食品業界内では、「自分たちはしっかりと取り組んできたので、堂々と情報を開示できる」という頼もしい声も少なくない。

 情報開示については、消費者団体も歓迎している。新制度がスタートすると、消費者団体も企業が届け出た情報をチェックすると予想される。不正または不適正な評価結果に対する監視は、消費者庁など国の機関だけでなく、消費者団体やアカデミア、マスコミなども様々なかたちで”参戦”するとみられる。

 言い換えれば、安全性・機能性に真剣に取り組む企業は、消費者・アカデミア・行政などの各方面から高い評価を受けることになる。一方、そうでない企業は、新制度への参加さえためらうことになりそうだ。

<安全対策の徹底で世界水準へ>
安全性確保対策を徹底することも、新制度の特徴の一つ。「健康被害を出さない」という消費者庁や厚生労働省の姿勢が色濃く反映されている。

 新制度を永続的に発展させるためには、健康被害を出さないことが不可欠だ。閣議決定で機能性表示を容認する方針が示された際に、多くの消費者団体が大反対した。さらに、内閣府の消費者委員会でも、新制度への風当たりは強い。そのような状況下、新制度がスタートして健康被害が多発すれば、制度自体を維持できなくなることは容易に想像できる。

 新制度の安全性確保対策について、業界内では「厳しい」という不満もある。しかし、先進諸国の事情に明るい専門家は、「世界レベルに引き上げられただけ」と指摘する。これまでの国の対応が甘すぎたという。安全対策が世界水準になかったことが、日本企業による世界進出の足かせになってきた面もある。

【木村 祐作】

おススメ記事

ナリス化粧品、『食べるシェイクPLUS』発売

 (株)ナリス化粧品(本社:大阪市福島区、村岡弘義社長、TEL:0120-71-9000)は5月21日、スーパーフードが入った『食べるシェイクPLUS 味わい抹茶』、『――香ばしカフェオレ』、『――クリーミー苺』(33g […]

2017年04月28日

消費者庁、機能性表示食品で2件受理

 消費者庁は27日、機能性表示食品で新たに2件の届出を受理した(総受理件数883件)。受理されたのは、(株)山城物産のインスタントルイボスティー『Sleepルイボスティー』『――スティック』。  2件ともGABAを関与成 […]

2017年04月27日

大栄トレーディング、田七人参の販売に注力

 大栄トレーディング(株)(本社:東京都豊島区、海南真太郎社長)は、田七人参の販売に注力する。販売を開始して今年で20周年を迎えた。同社では「提携農場で栽培、収穫し、中国・昆明の自社工場で製造しているため、栽培から加工販 […]

2017年04月27日

機能性表示食品「えんきん」シリーズの売上高68億円を計画~ファンケル

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)はきょう(27日)、決算説明会を都内で開き、2017年3月期決算が増収増益になったと発表した。栄養補助食品事業は機能性表示食品『えんきん』などが牽引し、今期も10品 […]

2017年04月27日

キューサイ、新社長就任による新体制の裏側に何が?

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区)はこのほど、代表取締役の藤野孝氏ほか取締役全員が辞任。前執行役員通販統括部担当兼通販統括部長の神戸聡氏が代表取締役に就く新体制を敷いたことで、業界内では物議を醸している。  取締役 […]