健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度の本質を探る(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月21日

新・機能性表示制度の本質を探る(3)

<高い透明性でインチキ企業を排除>
 透明性が高いことも、新・機能性表示制度の大きな特徴だ。消費者庁は、安全性評価や機能性評価に関する情報をすべて開示する案を示した。企業は、どのような条件で論文を検索し、どのような論文を除外したのかをはじめ、評価に至るまでの詳細なプロセスを開示する。GMPやHACCPの取得状況も開示される。

 このため、安全性評価や機能性評価でインチキした企業は、すぐにばれることになる。消費者をだますことができない制度を目指しているとも受け取れる。健康食品業界内では、「自分たちはしっかりと取り組んできたので、堂々と情報を開示できる」という頼もしい声も少なくない。

 情報開示については、消費者団体も歓迎している。新制度がスタートすると、消費者団体も企業が届け出た情報をチェックすると予想される。不正または不適正な評価結果に対する監視は、消費者庁など国の機関だけでなく、消費者団体やアカデミア、マスコミなども様々なかたちで”参戦”するとみられる。

 言い換えれば、安全性・機能性に真剣に取り組む企業は、消費者・アカデミア・行政などの各方面から高い評価を受けることになる。一方、そうでない企業は、新制度への参加さえためらうことになりそうだ。

<安全対策の徹底で世界水準へ>
安全性確保対策を徹底することも、新制度の特徴の一つ。「健康被害を出さない」という消費者庁や厚生労働省の姿勢が色濃く反映されている。

 新制度を永続的に発展させるためには、健康被害を出さないことが不可欠だ。閣議決定で機能性表示を容認する方針が示された際に、多くの消費者団体が大反対した。さらに、内閣府の消費者委員会でも、新制度への風当たりは強い。そのような状況下、新制度がスタートして健康被害が多発すれば、制度自体を維持できなくなることは容易に想像できる。

 新制度の安全性確保対策について、業界内では「厳しい」という不満もある。しかし、先進諸国の事情に明るい専門家は、「世界レベルに引き上げられただけ」と指摘する。これまでの国の対応が甘すぎたという。安全対策が世界水準になかったことが、日本企業による世界進出の足かせになってきた面もある。

【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]