健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度で答申(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月09日

新・機能性表示制度で答申(中)

<「ガイドラインは消費者庁の解釈を示すもの」>
 消費者委員会本会議では、複数の委員が新・機能性表示制度の法的根拠を問題視した。このため、9日の会合に消費者庁の川口康裕次長が出席し、法的根拠などを説明した。

 特定の保健の目的が期待できる表示は、食品衛生法19条1項に基づく内閣府令により、「保健機能食品以外の食品」での表示が禁止されている。川口次長は、この食品衛生法上の禁止規定を一部解除することによって、機能性表示食品(新制度)についても機能性表示を可能にすると説明した。機能性表示食品もトクホや栄養機能食品とともに、保健機能食品として位置づける予定。これにより、特定の保健の目的が期待できる表示の禁止規定から、機能性表示食品を除外する考えだ。
 食品表示法が施行されると、食品衛生法19条1項の規定は食品表示法4条1項に移行する。それにともなって、食品衛生法に基づく内閣府令の規定も、食品表示法4条1項に基づく食品表示基準に移行する。このことから、新制度は食品表示基準に基づくものと説明した。

 川口次長は、新制度のガイドラインの位置づけも明確にした。「ガイドラインを直接の根拠として、行政処分するのではない。根拠は食品表示法であり、ガイドラインはその運用にあたっての消費者庁の解釈を示すもの」と述べた。たとえば、ガイドラインでは、食品表示基準で規定する「安全性および機能性の根拠に関する情報」について、消費者庁の解釈を示すことになるという。

<販売前60日間の情報開示を確保する方向>
 川口次長は、新制度を見直すタイミングについても言及した。「基本的に(施行から)2年後をめどに見直すが、『2年』は短い方である。制度上で問題があれば、2年以内であっても必要な措置を取る」との考えを明らかにした。

 また、販売開始60日前に届出情報を開示する施策については、「形式審査に時間がかかれば、情報開示の期間が短くなるという指摘があったが、実質的に60日間の情報開示を確保できるようにしたい」と話した。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

厚労省、2020年版食事摂取基準の検討開始

<高齢者の低栄養・フレイル予防など課題に>  2020年度から使用する食事摂取基準を策定するため、厚生労働省の「『日本人の食事摂取基準』策定検討会」は20日、初会合を開き、検討に着手した。来年3月までに報告書を取りまとめ […]

山形県、健康づくりステーション創設支援事業を開始

 山形県はこのほど、やまがた健康づくりステーション創設支援事業の企画提案の募集を開始した。採択件数は広域集客型が2件(補助金額:最高265万円)、地域密着型が10件(同:最高20万円)。5月23日に締め切る。  広域集客 […]

2018年04月20日

【5/9】バイオバンク活用の補助制度説明会

 (公財)北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)と札幌市は5月9日、「バイオバンク活用のための補助制度説明会」をTKP札幌駅カンファレンスセンター(札幌市北区)で開催する。  ノーステック財団と札幌市は、北海 […]

ファミリーマート、全粒粉サンドを発売

  (株)ファミリーマート(本社:東京都豊島区、澤田貴司社長)は24日、超微細粉末の全粒粉を使用した食パンのサンドイッチ『全粒粉サンド 野菜ミックス』と『――半熟たまごとサラダチキン』を全国のファミリーマート、サークルK […]

新・大手食品営業マンの告白~カバちゃん伝説(3)

山笠太郎 <カバちゃん一世一代の危機>  ゲス6人組は、大手食品メーカーの本部長クラスのお歴々と、日本でも有数な食品卸・△△商事の「泣く子も黙る」土井本部長だった。幸いにも、そこに小生はいなかった。カバちゃんのお供をして […]