健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度で答申(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月09日

新・機能性表示制度で答申(中)

<「ガイドラインは消費者庁の解釈を示すもの」>
 消費者委員会本会議では、複数の委員が新・機能性表示制度の法的根拠を問題視した。このため、9日の会合に消費者庁の川口康裕次長が出席し、法的根拠などを説明した。

 特定の保健の目的が期待できる表示は、食品衛生法19条1項に基づく内閣府令により、「保健機能食品以外の食品」での表示が禁止されている。川口次長は、この食品衛生法上の禁止規定を一部解除することによって、機能性表示食品(新制度)についても機能性表示を可能にすると説明した。機能性表示食品もトクホや栄養機能食品とともに、保健機能食品として位置づける予定。これにより、特定の保健の目的が期待できる表示の禁止規定から、機能性表示食品を除外する考えだ。
 食品表示法が施行されると、食品衛生法19条1項の規定は食品表示法4条1項に移行する。それにともなって、食品衛生法に基づく内閣府令の規定も、食品表示法4条1項に基づく食品表示基準に移行する。このことから、新制度は食品表示基準に基づくものと説明した。

 川口次長は、新制度のガイドラインの位置づけも明確にした。「ガイドラインを直接の根拠として、行政処分するのではない。根拠は食品表示法であり、ガイドラインはその運用にあたっての消費者庁の解釈を示すもの」と述べた。たとえば、ガイドラインでは、食品表示基準で規定する「安全性および機能性の根拠に関する情報」について、消費者庁の解釈を示すことになるという。

<販売前60日間の情報開示を確保する方向>
 川口次長は、新制度を見直すタイミングについても言及した。「基本的に(施行から)2年後をめどに見直すが、『2年』は短い方である。制度上で問題があれば、2年以内であっても必要な措置を取る」との考えを明らかにした。

 また、販売開始60日前に届出情報を開示する施策については、「形式審査に時間がかかれば、情報開示の期間が短くなるという指摘があったが、実質的に60日間の情報開示を確保できるようにしたい」と話した。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年09月22日

オリーブ葉エキス配合食品に体脂肪低減作用

 サンスター(株)(本社:大阪府高槻市、吉岡貴司社長)はこのほど、ヒト試験により、オリーブ葉エキス配合食品に体脂肪率の低減作用があることを確認したと発表した。  試験はBMI が 25 以上の男女28人(男性17人・女性 […]

厚労省、プエラリア・ミリフィカ対策を自治体へ通知

<従わない場合は取り扱い中止を指導>  プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の安全性確保に向けて、厚生労働省は22日、都道府県などに対し、製造管理の改善や消費者への情報提供を事業者に指導するように通知した。従わない事業者 […]

コカ・コーラ、希少糖入り飲料を発売

 全国のボトリング会社や日本コカ・コーラ(株)(本社:東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)などで構成するコカ・コーラシステムは25日、希少糖入り乳性飲料「ヨーグルスタンド」シリーズから […]

2017年09月22日

ライオン、機能性表示食品『歩むチカラ』を発売

 ライオン(株)(本社:東京都区、濱逸夫社長、TEL:0120-056-208)は26日、機能性表示食品の粉末清涼飲料『歩むチカラ レモン味』『――アップル味』『――フルーツヨーグルト味』(5.5g×30本)を発売する。 […]

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]