健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度で答申(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月09日

新・機能性表示制度で答申(中)

<「ガイドラインは消費者庁の解釈を示すもの」>
 消費者委員会本会議では、複数の委員が新・機能性表示制度の法的根拠を問題視した。このため、9日の会合に消費者庁の川口康裕次長が出席し、法的根拠などを説明した。

 特定の保健の目的が期待できる表示は、食品衛生法19条1項に基づく内閣府令により、「保健機能食品以外の食品」での表示が禁止されている。川口次長は、この食品衛生法上の禁止規定を一部解除することによって、機能性表示食品(新制度)についても機能性表示を可能にすると説明した。機能性表示食品もトクホや栄養機能食品とともに、保健機能食品として位置づける予定。これにより、特定の保健の目的が期待できる表示の禁止規定から、機能性表示食品を除外する考えだ。
 食品表示法が施行されると、食品衛生法19条1項の規定は食品表示法4条1項に移行する。それにともなって、食品衛生法に基づく内閣府令の規定も、食品表示法4条1項に基づく食品表示基準に移行する。このことから、新制度は食品表示基準に基づくものと説明した。

 川口次長は、新制度のガイドラインの位置づけも明確にした。「ガイドラインを直接の根拠として、行政処分するのではない。根拠は食品表示法であり、ガイドラインはその運用にあたっての消費者庁の解釈を示すもの」と述べた。たとえば、ガイドラインでは、食品表示基準で規定する「安全性および機能性の根拠に関する情報」について、消費者庁の解釈を示すことになるという。

<販売前60日間の情報開示を確保する方向>
 川口次長は、新制度を見直すタイミングについても言及した。「基本的に(施行から)2年後をめどに見直すが、『2年』は短い方である。制度上で問題があれば、2年以内であっても必要な措置を取る」との考えを明らかにした。

 また、販売開始60日前に届出情報を開示する施策については、「形式審査に時間がかかれば、情報開示の期間が短くなるという指摘があったが、実質的に60日間の情報開示を確保できるようにしたい」と話した。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]