健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度で答申(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月09日

新・機能性表示制度で答申(中)

<「ガイドラインは消費者庁の解釈を示すもの」>
 消費者委員会本会議では、複数の委員が新・機能性表示制度の法的根拠を問題視した。このため、9日の会合に消費者庁の川口康裕次長が出席し、法的根拠などを説明した。

 特定の保健の目的が期待できる表示は、食品衛生法19条1項に基づく内閣府令により、「保健機能食品以外の食品」での表示が禁止されている。川口次長は、この食品衛生法上の禁止規定を一部解除することによって、機能性表示食品(新制度)についても機能性表示を可能にすると説明した。機能性表示食品もトクホや栄養機能食品とともに、保健機能食品として位置づける予定。これにより、特定の保健の目的が期待できる表示の禁止規定から、機能性表示食品を除外する考えだ。
 食品表示法が施行されると、食品衛生法19条1項の規定は食品表示法4条1項に移行する。それにともなって、食品衛生法に基づく内閣府令の規定も、食品表示法4条1項に基づく食品表示基準に移行する。このことから、新制度は食品表示基準に基づくものと説明した。

 川口次長は、新制度のガイドラインの位置づけも明確にした。「ガイドラインを直接の根拠として、行政処分するのではない。根拠は食品表示法であり、ガイドラインはその運用にあたっての消費者庁の解釈を示すもの」と述べた。たとえば、ガイドラインでは、食品表示基準で規定する「安全性および機能性の根拠に関する情報」について、消費者庁の解釈を示すことになるという。

<販売前60日間の情報開示を確保する方向>
 川口次長は、新制度を見直すタイミングについても言及した。「基本的に(施行から)2年後をめどに見直すが、『2年』は短い方である。制度上で問題があれば、2年以内であっても必要な措置を取る」との考えを明らかにした。

 また、販売開始60日前に届出情報を開示する施策については、「形式審査に時間がかかれば、情報開示の期間が短くなるという指摘があったが、実質的に60日間の情報開示を確保できるようにしたい」と話した。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

香港衛生署、健康食品から医薬品成分検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は18日、香港衛生署が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  香港衛生署が買い上げ調査を実施した結果、インターネット上で痩身効果を標ぼうして販売されていた『マッ […]

山田養蜂場、『はちみつバーモントドリンク』発売

 (株)山田養蜂場(岡山県苫田郡、山田英生代表、TEL:0120-38-38-38)は18日、健康飲料『はちみつバーモントドリンク』(125ml×24本)を直営店と通信販売サイトで発売した。  完熟ハチミツを発酵させたハ […]

2018年06月19日

天真堂、『sakuraim オールインワンクール美容液』キャンペーン実施

 医薬部外品・化粧品OEM事業の(株)天真堂(本社:東京都江東区、児玉和之社長)は29日~7月8日の期間、『sakuraim オールインワンクール美容液』のプレゼントキャンペーンを実施する。  インスタグラムで「アカウン […]

「お試し」定期購入トラブル、改正特商法の施行後も一向に減らず

<18年度は前年度を上回るペース>  昨年12月1日の改正特定商取引法の施行後も、健康食品などの「お試し」定期購入トラブルに関する消費者相談件数が一向に減少していないことが19日、健康情報ニュースの取材でわかった。  健 […]

秋田県、「あきた発酵ツーリズムロゴマーク」の使用規程を発表

 秋田県は18日、県内の発酵食品のPRを目的とする「あきた発酵ツーリズムロゴマーク」の商品使用規程を制定したと発表した。発酵食文化を誘客に活用する「あきた発酵ツーリズム」と連動した取り組みとしている。  規程によると、ロ […]