健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(8)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月24日

新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(8)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

<求められる原料のブランディング>
 コモディティ化が進むと、安価な原料が中国やインドなど海外から持ち込まれるようになる。米国の原料供給会社は生き残るために、高付加価値のプレミアム原料のマーケティングを行なうことが求められた。そのマーケティングに用いられた代表的な方法が、原料のブランディングである。

 表1は米国ダイエタリーサプリメント原料ビジネスにおける手段を、コモディティ原料を高付加価値原料に分けて整理したものである。高付加価値原料に求められる点は、「特許・濃度・由来などで差別化されており、消費者に魅力的なベネフィットを提供できること」と「構造/機能強調表示を行なうために十分な科学的根拠があること」である。

 つまり、知的財産とサイエンスで強化された原料以外はコモディティ化を避けられない、ということになる。一方、コモディティ原料の科学的根拠は第三者機関によって研究、公表されたものに限定されている。このことについては、新制度導入後の日本市場でも同じことが言えるだろう。

hyou1-thumb-410x276-2509

<変化を迫られる原料供給会社>
 米国におけるダイエタリーサプリメント差別化原料の主なマーケティング活動を表2にまとめてみた。差別化原料に求められるマーケティングでは、専門家・消費者・業界に向けた活動が必要である。特に、原料供給会社が直接消費者に向けたコミュニケーションを行なう事例は、店頭プロモーションを除いて、これまでに日本ではほとんど見られていない。仮にあったとしても、一時的に注目を集めるだけのものであり、継続的な努力を続けている原料供給会社は数えるほどしかない。

 新制度導入後の日本市場で、最も変化が求められるのは原料供給会社かもしれない。特に、原料のブランディング、コ・ブランドによる差別化といった手法は、欧米企業に一日の長がある。

(つづく)

おススメ記事

昨年度のネット監視、健康食品表示で336業者に改善要請~消費者庁

 消費者庁はきょう(28日)、2016年度に実施したインターネット上の健康食品表示の監視により、合計336事業者に対して表示の改善を要請したと発表した。ショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化を要請した。   […]

高橋貞光の通販講座第3弾、大阪で開催

 (株)データ・マックスはきょう(28日)、通信販売事業者を対象としたセミナー「成功する通信販売のつくり方」を大阪市内で開催した。通販企業や通販事業の立ち上げ、事業の刷新を考えている川上の事業者などが参加した。  講師を […]

日新製糖、ガラクトオリゴ糖配合商品を発売

 日新製糖(株)(本社:東京都中央区、樋口洋一社長)はこのほど、ガラクトオリゴ糖を主成分とする食品用糖質「カップオリゴ」を配合した液体タイプの『カップオリゴ(500g)』、打錠タイプの『ガラクトオリゴ糖錠剤(270粒)』 […]

ドーム、ホエイプロテインの新商品を発売

 (株)ドーム(本社:東京都江東区、安田秀一代表社長、TEL:0120-106-786)は5月9日、スポーツサプリメントブランドDNSから個包装タイプの『ホエイプロテインSP シングルパック』を発売する。  『――シング […]

カワチ薬品、17年3月期 前期比77%増の大幅増益に

 (株)カワチ薬品(本社:栃木県小山市、河内伸二社長)はこのほど、2017年3月期業績を発表した。売上高は前年比2.2%増の2,664億2,300万円、営業利益は同22.9%増の57億2,300万円、経常利益は同20.2 […]