健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(7)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月20日

新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(7)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

<コモディティ化が進む>
 消費者が自分で商品を選ぶことが可能となる――つまり、情報の非対称性が解消されれば、需要が喚起されて消費量が増大し、必然的にその市場はコモディティ化が進む。グラフ1は、DSHEA(ダイエタリーサプリメント健康教育法)制定後の1995年以降のサプリメント用原料価格の推移を示している。95年の価格を100とした場合の価格推移であり、2003年までの8年間でビタミン、ハーブ、スペシャリティ(グルコサミン・CoQ10・魚油など)は30%以上も価格が下落した。その結果、最終商品の価格も下落し、企業の収益に大きな影響を与えた(グラフ2参照)。

graph1_s (1) graph2

 この背景には、マスマーケットでの販売の増加によって小売の価格圧力が強まったことと、小売によるプライベートラベル(ストアブランド)の台頭がある。DSHEA制定から6年後の2000年当時をみると、プライベートラベルの割合はシングルビタミンサプリメントが59%、マルチビタミンが28%となっており、ナショナルブランド企業にはマルチビタミンなど差別化の可能な商品の開発が求められるようになった。

<小売の台頭と受託企業の変化>
 新制度の導入によって、コモディティ化と同時に、小売の台頭と受託企業の変化が起こると予測される。これまで日本では、伝統的に無店舗販売の比率が高い傾向にあった。一般的に無店舗販売の商品は価格が高く、販売数量が比較的少ないことが特徴。また、受託製造企業では多品種・少量生産が強みとなってきた。

 しかし、新制度の導入後に予想される小売の台頭により、少品種・大量生産が求められるようになるとともに、ナショナルブランドとの関係維持で大きな決断が求められる場合も出てくるだろう。

<カテゴリーマネジメント、チャネルマネジメント>
 連載の第6回で述べた「売り場と売れ筋が変化する」ことによって起こるのが、カテゴリーマネジメントとチャネルマネジメントだ。日本では、単品型の通販企業が成功してきた歴史もあり、通販以外のチャネルへの展開、フラッグシップ商品以外の品そろえなど、新たな成長を目指すために新規の取り組みが求められるようになるだろう。

 自社で一から築き上げることが困難な場合には、次回以降で述べる「M&Aによる企業規模の拡大」や「垂直統合、水平統合」につながっていくと考えられる。

(つづく)

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]