健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月14日

新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(4)

<米国サプリメント市場の65.9%が店舗販売>
 日米サプリメント市場を比較してみる。2012年の米国ダイエタリーサプリメント市場は約3兆2,400億円。一方、日本の健康食品(カプセル・錠剤・粉末)は約1兆625億円で、米国は日本の約3倍の市場規模となっている(米国は世界第1位、日本は第3位)。

 日米の市場構造は大きく異なる。特に、販売チャネル構造と売れ筋成分・素材について、両国間でかなりの違いがみられる。

 グラフ1は、日米チャネル別市場規模の比較である。最初に、米国の販売チャネルから説明する。FDMとはスーパーマーケットやドラッグストア、大型量販店を指す。NHFは自然食品店のことで、GNCなどspecialty storeも含む。MLMは連鎖販売取引またはネットワークビジネス。Practitionerにはカイロプラクター、ナチュロパス、MDなどの開業医が含まれ、患者にサプリメントを販売している。Mail Orderは通信販売で、TV・カタログ・ラジオなどがある。graph1-thumb-510x374-2449

 米国ダイエタリーサプリメント市場の65.9%が店舗販売であるのに対し、日本市場は75%が無店舗販売(通信販売、訪問販売)であり、両国のチャネル構造の違いがわかる。この原因は、機能性表示が可能か不可能か、によるところが大きい。

 米国の店舗では、「Eye Health」や「Joint Health」など、商品のヘルスベネフィットがわかるように陳列されている。消費者はその棚から自分に合った商品を選べばよいわけだ。また、通信販売や訪問販売はその販売手法から、店舗販売よりも高価格になりがち。米国では価格の安いナショナルブランドだけでなく、ストアブランドなどプライベートラベルの商品も多い。必然的に価格の下方圧力が強まり、購入しやすい価格帯になっている。

 一方、日本では機能性表示ができないため、販売員やコールセンターのコミュニケーターといった人的なコミュニケーションが必要となる。消費者調査の結果などをみると、日本の消費者は商品の理解よりも、販売会社や販売員(コミュニケーター)を信用して購入しているケースが多い。

<機能性表示の可否で異なるマーケティング手法>
 グラフ2は、日米サプリメント市場の売れ筋成分・素材のトップ15。米国の上位成分・素材はマルチビタミン/ミネラル、プロテイン、ミール・リプレースメント(食事代替型低カロリー食品、注:DSHEAでは、ミール・リプレースメントはダイエタリーサプリメントの定義から外れるが、出典元のNutrition Business Journalではダイエタリーサプリメントに加えて調査)のトップ3で、トップ15の5割以上を占めている。次いで、魚油、ビタミンB(群)、カルシウム、ビタミンCと続いている。ベーシックな成分・素材が上位を占めているのが特徴だ。

 一方、日本市場はローヤルゼリー、青汁、クロレラ、グルコサミン、ブルーベリー(ビルベリー)となっており、グルコサミンを除くと天然物が中心となる。さらにマルチビタミン、プロポリス、ビタミンE、黒酢・香醋と続く。このうち、マルチビタミンとビタミンEはMLM企業のシェアが大きいことから、やはり天然物の人気が高いことがわかる。

 この日米の違いはどこからくるのか。やはり、機能性表示の可否によりそのマーケティング手法が異なるため、売れ筋成分・素材にも違いが出てくるのではないかと思われる。米国市場における上位成分・素材は科学的根拠が明確であり、そのエビデンスに基づいた構造/機能表示が可能。また、消費者教育も可能で、各成分の必要性についてまで啓発することができる。そのため、消費者は各成分の必要性と期待される機能を理解し、納得したうえで商品を採用、使用することになる。

 一方、日本では機能性表示ができないために、素材の良さやストーリーで購買に結びつけるマーケティング手法が多い。それにより、「天然」「自然」「安全・安心」が前面に出てきて、科学的根拠はそれほど重視されてこなかった。日米間で消費者への情報提供の仕方や、情報の質が異なることから、販売チャネルや売れ筋成分・素材が大きく異なっていると考えられる。

(つづく)
 

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]