健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月12日

新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(3)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

<表示詐称や医薬品成分混入で市場低迷>
 DSHEA(ダイエタリーサプリメント健康教育法)が制定された1994年以降、ダイエタリーサプリメントの新商品が次々と発売された。その結果、94~98年にかけて同市場は2桁成長を続けた。とくに、ハーブや植物由来のダイエタリーサプリメントがマスマーケットで販売され始め、95~96年頃は対前年比で伸長率20%以上を記録した。

 構造/機能強調表示ができるようになったことで、Condition-specific(症状に特化した)ダイエタリーサプリメントが売上を伸ばした。また、サプリメントに関するポジティブなメディア報道や、消費者認知度の高まりがビジネスをさらに押し上げた。そうした結果、90年代後半には、マスマーケットにおいて10万店舗以上で多数の商品が販売されるようになった。

 DSHEA制定後、急成長していた米国サプリメント市場だが、すぐに問題に直面することになった。主に以下の3つの問題が浮上した。

 第1に、制度を守らない企業が続出した問題がある。当時、構造/機能強調表示のルールを守っている企業は約50%程度しかなかった。その背景には、DSHEA制度のルールを正確に理解していない企業が多かったことや、FDA(米国食品医薬品局)の規制が甘かったために、準拠を重視しない企業が多かったことがある。

 第2に、メディアによるネガティブ報道がある。大手製薬会社3社がハーブ含有製品を発売し、大規模のマーケティングキャンペーンを行なった。それに対して、効果に疑いを持ったメディアによるネガティブ報道が市場全体に影響を与えた。実際に、品質の悪い製品が流通していたことも浮き彫りとなった。

 そして第3には、異物混入や医薬品成分の混入、成分表示詐称などの問題が発生したことが挙げられる。ダイエタリーサプリメント製品に鉛などの異物や未承認医薬品成分が混入した事件、成分含有が表示量の1%にも満たないといった表示詐称などの事件が多発した。

graph2-thumb-500x345-2441

 これらの問題を解決するため、FDAは2007年にすべてのダイエタリーサプリメント製造業者に対し、cGMP準拠を義務化した(移行期間を設けて10年に完全施行)。しかし、いまだにcGMPに準拠していないサプリメント製造業者・販売業者もある。10年にFDAが監査したサプリメント製造業者の25%は、著しくダイエタリーサプリメントcGMPの基準に達していないという結果が出ている。

 以上のようなさまざまな問題が影響して、98年以降、ダイエタリーサプリメント市場の成長率は大幅に低下した。

(つづく)

おススメ記事

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]

都、乾燥塩トマトの販売業者を食品表示法違反で指示

 乾燥塩トマトを詰め替えて販売する際に、原材料名などを表示しなかったとして、東京都は21日、なかいや農園(東京都中野区、山田一雄氏)に対し、食品表示法に基づく指示を行ったと発表した。  都によると、同事業者は乾燥塩トマト […]

2018年06月22日

ABLによる化粧品のマルチ商法、和解不成立~国センADR

<エステ施術後に勧誘繰り返す>  (独)国民生活センターは21日、「国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)」で和解が成立しなかった事案として、(株)ABL(福岡市)による化粧品の連鎖販売取引をめぐる紛争を公表した。 […]