健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月12日

新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(3)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

<表示詐称や医薬品成分混入で市場低迷>
 DSHEA(ダイエタリーサプリメント健康教育法)が制定された1994年以降、ダイエタリーサプリメントの新商品が次々と発売された。その結果、94~98年にかけて同市場は2桁成長を続けた。とくに、ハーブや植物由来のダイエタリーサプリメントがマスマーケットで販売され始め、95~96年頃は対前年比で伸長率20%以上を記録した。

 構造/機能強調表示ができるようになったことで、Condition-specific(症状に特化した)ダイエタリーサプリメントが売上を伸ばした。また、サプリメントに関するポジティブなメディア報道や、消費者認知度の高まりがビジネスをさらに押し上げた。そうした結果、90年代後半には、マスマーケットにおいて10万店舗以上で多数の商品が販売されるようになった。

 DSHEA制定後、急成長していた米国サプリメント市場だが、すぐに問題に直面することになった。主に以下の3つの問題が浮上した。

 第1に、制度を守らない企業が続出した問題がある。当時、構造/機能強調表示のルールを守っている企業は約50%程度しかなかった。その背景には、DSHEA制度のルールを正確に理解していない企業が多かったことや、FDA(米国食品医薬品局)の規制が甘かったために、準拠を重視しない企業が多かったことがある。

 第2に、メディアによるネガティブ報道がある。大手製薬会社3社がハーブ含有製品を発売し、大規模のマーケティングキャンペーンを行なった。それに対して、効果に疑いを持ったメディアによるネガティブ報道が市場全体に影響を与えた。実際に、品質の悪い製品が流通していたことも浮き彫りとなった。

 そして第3には、異物混入や医薬品成分の混入、成分表示詐称などの問題が発生したことが挙げられる。ダイエタリーサプリメント製品に鉛などの異物や未承認医薬品成分が混入した事件、成分含有が表示量の1%にも満たないといった表示詐称などの事件が多発した。

graph2-thumb-500x345-2441

 これらの問題を解決するため、FDAは2007年にすべてのダイエタリーサプリメント製造業者に対し、cGMP準拠を義務化した(移行期間を設けて10年に完全施行)。しかし、いまだにcGMPに準拠していないサプリメント製造業者・販売業者もある。10年にFDAが監査したサプリメント製造業者の25%は、著しくダイエタリーサプリメントcGMPの基準に達していないという結果が出ている。

 以上のようなさまざまな問題が影響して、98年以降、ダイエタリーサプリメント市場の成長率は大幅に低下した。

(つづく)

おススメ記事

2017年05月29日

アンチエイジング、「ADSC-CM配合認定シール」の取り組みを開始

 化粧品原料を供給するアンチエイジング(株)(本社:東京都港区、野中秀訓代表、TEL:03-3478-0248)はこのほど、同社のヒト脂肪細胞順化培養液エキス「ADSC-CM」を配合した製品に、「ADSC-CM配合認定シ […]

クオール、子会社を吸収合併

 クオール(株)(本社:東京都港区、中村敬社長)はこのほど、連結子会社の(株)venusvenus(宮城県仙台市)を吸収合併すると発表した。合併予定日は8月1日。  venusvenusは、宮城県仙台市で保険薬局1店舗を […]

2017年05月29日

健康食品産業協議会、木村会長が再登板

<4分科会で機能性表示食品制度に対応>  (一社)健康食品産業協議会は26日、総会後の講演会で、新たに就任した木村毅会長をトップとする新体制と、2017年度の活動方針を発表した。  木村氏(サプリメント・エブセクティブ会 […]

2017年05月29日

【7/22】データ・マックス、通販ビジネス6カ月集中講座(レベル2)キックオフ

 (株)データ・マックスは7月22日、高橋貞光の通販講座シリーズを都内で開講する。本講座は「成功する通信販売のつくり方 6カ月集中講座(レベル2)」。3月23日(東京)、4月28日(大阪)、5月15日(福岡)で開催した実 […]

2017年05月29日

マツモト交商、乳清由来の新原料「ラクトセラム」を発売

  (株)マツモト交商(本社:東京都中央区、松本俊亮社長、TEL:03-3241-5164)はこのほど、健康食品原料の『ラクトセラム』の供給を開始した。  同原料は、かつて第3類医薬品として使用されていたが、2011年の […]