健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月07日

新・機能性表示制度で市場はこう変わる!(1)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

<米国ダイエタリーサプリメント制度の長所・短所>
 現在、消費者庁で「食品の新たな機能性表示制度」の導入に向けた検討が進められている。政府の規制改革実施計画で示されたとおり、新制度は「その食品の機能性について、国ではなく企業などが自らその科学的根拠を評価したうえで、その旨および機能性を表示できる米国のダイエタリーサプリメントの表示制度を参考にし、企業等の責任において科学的根拠のもとに機能性を表示できるもの」となる。さらに、「一定のルールの下で加工食品および農林水産物それぞれについて、安全性の確保(生産、製造および品質の管理、健康被害情報の収集)も含めた運用が可能な仕組みとすることを念頭に検討を行なう」ことになっている。

 米国のダイエタリーサプリメント制度は1994年に制定され、およそ20年をかけて改良を重ねてきた。それでも、現行の米国制度には問題点が残っている。したがって、米国制度がそのまま日本に導入されることはなく、米国制度の問題点を改善し、日本に合ったかたちに調整されるだろう。しかし、これまで日本では許されなかった一般健康食品の機能性表示の容認が前提であることに変わりはない。

 本連載では、新しい機能性表示制度が日本に導入された場合、市場がどのように変化するかという予測を試みる。まず、米国ダイエタリーサプリメント健康教育法(以下DSHEA)が制定された後の米国市場を分析し、日米の市場の違いを考察する。そのうえで、日本で今後起こり得るシナリオを予測する。今回は、日本の現状と比較して、DSHEAが優れていると思われる点と、制度的に問題があると思われる点を整理した(表参照)。

 優れていると思われる点を挙げてみる。まず、新規原料(NDI)の届出、商品情報の届出、cGMP準拠、有害事象報告の義務づけなど、安全性・品質を確保するための施策が盛り込まれていることがある。また、FDA(米国食品医薬品局)による現場の査察も強化されている。これらの施策は国内に留まらず、輸入原料・輸入商品にも適用される。そして、消費者への健康・栄養教育が可能であることも長所となっている。

hyou1 (1)

<発売後の届出などを改善し、日本に導入を>
 一方、日本が参考にするうえで好ましくない点をみてみる。まず、情報の虚偽や不良食品であることの証明責任が企業ではなく、FDAにあることが挙げられる。商品情報の届出が発売後でよい点も問題と言える。また、機能性表示(構造/機能強調表示)の科学的根拠の基準づくりが、後手に回っていることもある。表示する情報が多く、サプリメントのような表示スペースが小さな商品の場合には、ラベルの文字が小さくて読みにくい点も課題である。そして、FDAは多くの要員を抱えているにも関わらず、マンパワー不足が指摘され、監視・指導が不十分であると批判されている。この点についても、消費者庁が行なう新制度の設計の際には十分に考慮する必要がある。

 1月31日に開催された「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」の第2回会合で、消費者庁から安全性確保に関する対応方針が示された。この内容に対して、業界内からは「厳しい」「規制強化では」といった声も聞こえてくる。だが、事前に米国制度を研究し、日米比較を行っていれば、想定できた範囲内だったと言えそうだ。

(つづく)

おススメ記事

森永製菓、微炭酸の甘酒飲料を発売

 森永製菓(株)(本社:東京都港区、新井徹社長、TEL:0120-560-162)は22日、健康志向の炭酸飲料『スパークリング甘酒』を期間限定で発売する。  国産の酒粕と米麹をブレンドした甘酒を微炭酸に仕立てた。夏場の甘 […]

2018年05月21日

【5/24・25】「あおもりPG商品企画アカデミー」事業説明会

 青森県は24・25日、県内の企業を対象に「あおもりPG商品企画アカデミー」事業説明会を2会場で開催する。  「あおもりPG商品企画アカデミー」は、あおもりPG(プロテオグリカン)を使った健康食品や化粧品などの商品開発に […]

2018年05月21日

ミドリムシ粉末に筋委縮症状抑制作用の可能性

 (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は18日、九州大学・立花宏文教授と行った動物実験により、ミドリムシ粉末に筋委縮症状の抑制作用があることが示唆されたと発表した。  ミドリムシ粉末を摂取させたマウス(ミドリ […]

新生薬品工業、胃腸薬を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは18日、新生薬品工業(株)(奈良県高市郡)による胃腸薬(第3類医薬品)の自主回収情報を公表した。  対象商品は『甘樫胃腸丸』(ロット:C04、D05・06・07・08・09)。外袋の効能ま […]

2018年05月21日

AIFN、食の安全テーマに記者向けセミナー開く

 国際栄養食品協会(AIFN)は18日、「食の安全を考える記者向け連続セミナー」の第1回目を都内で開催した。「食の安全もガラパゴス化?有機食品、食品添加物、健康食品の海外比較」をテーマに、AIFN関係者などが講演した。 […]