健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!~第9回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月03日

新・機能性表示制度 主張&提言!~第9回

鈴鹿医療科学大学 教授 薬学博士 長村 洋一 氏

<国際的な複数の雑誌に報告されたエビデンスが必要>
 ――米国ダイエタリーサプリメント制度を参考にした新・機能性表示制度の導入に向けて、消費者庁の検討会で議論が進んでいるが?

nagamura ダイエタリーサプリメント健康教育法の法案通過時に、米国連邦議会は15項目の付帯事項をまとめた。各項目を見ると、サプリメントに頼る以前の問題として、健康的な食事やライフスタイルを前提にしていることがわかる。日本に米国型制度を導入する場合は、この考え方を意識しながら議論してほしい。懸念されるのは、特定の疾患を意識した健康食品が市場に出回るようになったり、粗悪品が出回ったりすることである。そういう意味でも、米国型の新制度を導入する以前に、まずはトクホのあり方を見直すべきだと思う。トクホのうち、規格基準型トクホの対象成分をもっと広げて、同時に、安全性試験をどこまで要求するのかを再検討してほしい。多くの企業が取得しやすい環境を整備することが必要だ。

 ――新・機能性表示制度で国が作成するガイドラインはどうあるべきか?

 長村 新たな機能性表示制度について言えば、消費者庁はガイドラインで、企業が機能性表示を行なうための要件を明確に示すべきだ。そうしないと、消費者が誤認するような商品が出回ることになるだろう。だから、米国ダイエタリーサプリメント制度のようなあいまいなガイドラインではダメだと言える。機能性のレベルについては、ヒト試験も含めて、最低でも複数の国際的レベルで査読される雑誌に報告されたものでなければならない。また、そうした雑誌に掲載されていても、研究者と企業の関連があるものを除くと、その機能性に疑問が生じる場合がしばしば見られる。このため、研究者と企業の「利益相反」にまで踏み込まれても、その機能性が明確である必要性がある。つまり国のガイドラインは、報告される雑誌のレベルとともに、「利益相反」について十分に考察されたものでなければならない。

 ――届出制のあり方も焦点になると予想されるが?

 長村 健康被害を生じさせるような粗悪品が大量に出回るような事態は避けなければならない。その観点から、届出制については発売前に届ける「事前届出制」の導入を求めたい。たとえば、発売の30日以上前に届け出るようにして、届け出た情報が公開されれば、誰でも事前にチェックできる。もし、粗悪品やおかしな商品が登録されていれば、発売前に指摘されることになり、排除が可能だろう。届け出る情報は、含有成分、その有効性の根拠となる情報、過剰摂取時の障害や医薬品との相互作用といった安全性情報などが求められる。これらの情報をネットなどで誰もが閲覧できるような仕組みがほしい。

 ――安全性確保対策についてはどうか?

 長村 GMP規範に沿って健康食品を製造すれば、それなりの品質確保が可能となる。しかし、日本には認証機関が2つあり、それぞれで規範が異なっている。健康食品GMPに関するガイドラインは、非常におおざっぱなもので、そのままだと規範として使用できない。このため、日本健康・栄養食品協会と日本健康食品規格協会が、それぞれの規範を作成し、認証しているのが現状だ。こうしたことを解決する必要があるだろう。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]