健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!~第4回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月24日

新・機能性表示制度 主張&提言!~第4回

特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI) 特別顧問 浜野 弘昭 氏

<届出情報の意味を消費者に伝えることが大切>
 ――食品の機能性を表示できる米国型の制度が導入されるが?

hamano 政府の規制改革会議で、既存制度がどうあるべきかを考えていない人たちが議論した結果と言える。栄養・健康に関わる問題だとすると、簡単に、産業振興などの観点による議論で終わらないはず。トクホ制度や栄養機能食品制度を更地にして議論するべきだった。本来は最初に、基本となる「食事」を位置づけることが重要。この部分については、国が関与する必然性がある。トクホを含む他の食品については、国の関与の度合いは小さくても良い。トクホの存在は否定しないが、「なぜ必要なのか」という目的を議論せずに、広げることはできない。

 ――新制度の導入へ向けた課題は?

 浜野 新制度を導入するためのハードルとして、第一に安全性の担保がある。摂取しても摂取しなくてもよい商品が対象となるため、安全性が担保されれば、機能性の担保はそれほど問題がないのかもしれない。ただし、新制度のもとで表示できる機能性の意味を消費者にしっかりと説明しなければならない。適切な食事をとれば、健康食品などは不要であることを明確にしないと、消費者は強迫観念によってサプリメントなどを摂取した方が良いと考えてしまう。

 ――安全性を担保するための取り組みとは?

 浜野 安全性を担保するためには、毒性学的なアプローチと品質管理の両方が求められる。品質管理では健康食品のGMPがあるが、既存の枠組みをどう活用するのかが問われる。企業の任意による制度であっても、義務化であっても、既存制度を活用するしかないと思う。

 ――新制度では「届出制」が鍵を握りそうだが?

 浜野 届出制は、新制度のベースとならざるを得ないだろう。その一方で、「国に登録済み」といったおかしな表示が出てくることも予想される。このため、届出制について消費者への説明が大切となる。届け出された情報が何を意味するのかを明確にして、何かを保証しているものではないことを伝えなければならない。

 ――新制度のもとで行なわれる機能性表示について、どう考えるか?

 浜野 企業が機能性を表示するためには、国がガイドラインを示すことが不可欠だ。有効性に関する科学的根拠の基準を明確に定めることは困難だが、企業が判断できるものが必要となる。その際には、トクホとのバランスも考慮するべきかもしれない。多くの関係者が参加できる制度にしてほしいと思っている。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

2017年09月22日

ライオン、機能性表示食品『歩むチカラ』を発売

 ライオン(株)(本社:東京都区、濱逸夫社長、TEL:0120-056-208)は26日、機能性表示食品の粉末清涼飲料『歩むチカラ レモン味』『――アップル味』『――フルーツヨーグルト味』(5.5g×30本)を発売する。 […]

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]

2017年09月22日

日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門、2社5商品が金賞

 (一社)日本雑穀協会(東京都中央区)は21日、日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門<2017・秋>の金賞受賞企業と商品を発表した。金賞を受賞したのは2社5商品。同協会は28日午後2時から、製粉会館(東京都中央 […]

糖尿病が強く疑わる人、過去最多の1,000万人に

<高齢女性の「低栄養」も増加傾向>  「糖尿病が強く疑われる者」が全国で過去最多の約1,000万人に上ることが21日、厚生労働省の調査結果からわかった。  2016年国民健康・栄養調査の結果によると、「糖尿病が強く疑われ […]

2017年09月22日

機能性表示食品で新たに届出2件を公表

 消費者庁は21日、機能性表示食品で新たに2件の届出を公表した。公表されている届出件数は合計1,097件となった。  (株)ビオメディクスのサプリメント『ビフィミン』は、ビフィズス菌BB536を含有し、「腸内環境を良好に […]