健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!~第4回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月24日

新・機能性表示制度 主張&提言!~第4回

特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI) 特別顧問 浜野 弘昭 氏

<届出情報の意味を消費者に伝えることが大切>
 ――食品の機能性を表示できる米国型の制度が導入されるが?

hamano 政府の規制改革会議で、既存制度がどうあるべきかを考えていない人たちが議論した結果と言える。栄養・健康に関わる問題だとすると、簡単に、産業振興などの観点による議論で終わらないはず。トクホ制度や栄養機能食品制度を更地にして議論するべきだった。本来は最初に、基本となる「食事」を位置づけることが重要。この部分については、国が関与する必然性がある。トクホを含む他の食品については、国の関与の度合いは小さくても良い。トクホの存在は否定しないが、「なぜ必要なのか」という目的を議論せずに、広げることはできない。

 ――新制度の導入へ向けた課題は?

 浜野 新制度を導入するためのハードルとして、第一に安全性の担保がある。摂取しても摂取しなくてもよい商品が対象となるため、安全性が担保されれば、機能性の担保はそれほど問題がないのかもしれない。ただし、新制度のもとで表示できる機能性の意味を消費者にしっかりと説明しなければならない。適切な食事をとれば、健康食品などは不要であることを明確にしないと、消費者は強迫観念によってサプリメントなどを摂取した方が良いと考えてしまう。

 ――安全性を担保するための取り組みとは?

 浜野 安全性を担保するためには、毒性学的なアプローチと品質管理の両方が求められる。品質管理では健康食品のGMPがあるが、既存の枠組みをどう活用するのかが問われる。企業の任意による制度であっても、義務化であっても、既存制度を活用するしかないと思う。

 ――新制度では「届出制」が鍵を握りそうだが?

 浜野 届出制は、新制度のベースとならざるを得ないだろう。その一方で、「国に登録済み」といったおかしな表示が出てくることも予想される。このため、届出制について消費者への説明が大切となる。届け出された情報が何を意味するのかを明確にして、何かを保証しているものではないことを伝えなければならない。

 ――新制度のもとで行なわれる機能性表示について、どう考えるか?

 浜野 企業が機能性を表示するためには、国がガイドラインを示すことが不可欠だ。有効性に関する科学的根拠の基準を明確に定めることは困難だが、企業が判断できるものが必要となる。その際には、トクホとのバランスも考慮するべきかもしれない。多くの関係者が参加できる制度にしてほしいと思っている。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]