健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!~第3回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月16日

新・機能性表示制度 主張&提言!~第3回

毎日新聞社 生活報道部 編集委員 小島 正美 氏

<有効性試験の事前登録が必要>
 ――消費者庁は新たな機能性表示制度を導入する方針だが?

 小島正美氏(以下、小島) 消費者にとって、健康食品の機能性表示はあった方が良い。健康食品は上手に使えば、健康維持に役立つだろう。消費者は、商品にどのような機能性データがあるのかを知りたい。企業がホームページで、少なくともヒト試験の結果を開示していれば良いが、そうでないことが多い。北海道が実施している「北海道食品機能性表示制度」では、「科学的根拠となる論文がある」ということがわかるので、消費者にメリットがある。

 ――新制度の導入後、予想されることは?

kojima 新制度が導入されると、さまざまな機能性表示のある商品が登場し、消費者は迷うかもしれない。表示だけではわからないことも多いため、消費者も自ら商品に関する情報を得る努力が求められるだろう。そういう意味で、だれもが利用しやすいデータベースがほしい。

 ――安全性の確保についてはどうか?

 小島 新制度のもとで、安全性確保のレベルは向上すると考えられる。この点を押さえることができれば、機能性表示については多少オーバーな表現が出てきてもやむを得ないのではないか。あまり厳密に規制すると、企業は何も書けなくなってしまう。品質・安全性を確保するために、健康食品はGMP工場で製造してもらいたい。低価格の商品に飛びついて、それに不純物が混入していては困る。

 ――新制度のもと企業は成分ベースの論文検索により、科学的根拠をそろえることになり、一方、論文が少ない場合は自ら研究を重ねることになりそうだが?

 小島 その際に、試験の事前登録を行なうことが必要だ。ある健康食品企業がRCT(ランダム化比較試験)を実施したが、期待していた成果が得られなかったため、研究結果を公表しなかったという事実がある。こうしたことを防ぐためにも、健康食品やサプリメントについては試験の事前登録が求められる。

 ――新制度の導入後、予想される消費者の反応は?

 小島 新制度の導入で懸念される点は、過剰摂取する消費者が出てくると予想されることだ。トクホ飲料を飲めば、たくさん食べても脂肪が減ると誤認させるようなCMがあり、その影響で過剰摂取している消費者もいる。新制度が導入された場合、過剰摂取の防止を含め、消費者庁は消費者教育に力を入れてほしい。企業もホームページなどで周知してほしい。同時に、消費者庁はトクホ制度を廃止して、機能性表示制度を1本化すべきである。新制度については、米国よりも優れた制度を整備するしかない。お手本となる米国ダイエタリーサプリメント制度を改善すれば、可能なはずだ。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

2017年06月28日

インデナ社、クルクミンの非アルコール性脂肪肝への効果を確認

 インデナ社(イタリア)はこのほど、非アルコール性脂肪肝(NAFLD)に対するクルクミンの有効性を確認したと発表した。オーストリアのウィーンで開かれた第11回ポリフェノール応用に関する世界会議(World Congres […]

2017年06月28日

【7/3】静岡県、「ハラール」「コーシャ」対応セミナー

 静岡県は7月3日、「多様な食文化への対応セミナー」を静岡県産業経済会館(静岡市葵区)で開催する。イスラム教の「ハラール」、ユダヤ教の「コーシャ」への対応方法を考える。  プログラムは「食をめぐる多様な食文化について」( […]

クラシエ薬品、物忘れ改善の医薬品を発売

 クラシエ薬品(株)(本社:東京都港区、古市貞雄社長、TEL:03-5446-3334)は7月3日、中年期以降の物忘れを改善する第3類医薬品『アレデル顆粒』(42包、希望小売価格1,900円)を新発売する。  生薬のオン […]

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]