健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 主新・機能性表示制度 張&提言!~第2回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月10日

主新・機能性表示制度 張&提言!~第2回

一般社団法人 日本健康食品規格協会(JIHFS) 理事長 池田 秀子 氏

<機能性表示の担保でGMPは不可欠>
 ――政府は米国型の機能性表示制度を導入しますが?

 池田秀子氏(以下、池田) 食品が持つ機能性を認めることは大きな進展である。しかし、機能性表示ばかりが焦点となっていて、安全性を確保するための具体的な提言が盛り込まれていない点が問題だ。米国で「ダイエタリーサプリメント健康教育法」が登場した背景を議論せずに、機能性表示の解禁を決定したのではないだろうか。

 ――問題点を具体的に挙げると?

ikeda (1) 錠剤・カプセル状の食品の危険性と有効性を明確にしないまま、経済発展の話に終始するのはおかしい。本来、錠剤・カプセル状の食品を対象とした法整備が必要で、そのなかで、機能性や安全性・品質を担保する仕組みを議論しなければならない。そうでないと、国民の健康を守ることができないと考えている。規制改革会議での議論を振り返ると、サプリメントのリスクとベネフィットについて十分に議論されたのかどうかが疑問。その際に、業界団体は責任を果たしたのかという疑問も残る。

 ――新制度の議論では、安全性や品質の確保も重要課題となりそうだが。

 池田 なぜ品質の確保が重要なのか、機能性表示とどう関係しているのかを明確にしなければならない。この点を明確にすれば、GMPは不可欠となるはず。米国やEUの制度でも、日本に導入される新たな機能性表示制度でも、成分ベースの評価となる。しかし、最終商品で成分の機能性が発揮されるためには、品質管理をしっかりと行なうことが条件となる。機能性を表示するためには、この点が要求される。

 ――品質管理と機能性表示の議論はセットということですね。

 池田 たとえば、ある機能性成分の賞味期限が3年間だとすると、その成分を配合した最終商品でも3年の間、機能性を保持することをGMPによって担保しなければならない。つまり、機能性表示について議論する場合、GMPは切り離せないと言える。

 ――消費者庁が導入する新制度への準備で、企業に求められることとは?

 池田 機能性表示、安全性・品質確保の両面で基礎体力をつけてほしい。受託メーカーや原料サプライヤーのレベルアップも求められるだろう。また、グローバル化を考えたときに、米国のcGMPとの競争となる。海外へ進出する場合のハードルは明確であり、業界全体のレベルアップが必要となる。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]