健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!(20)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月08日

新・機能性表示制度 主張&提言!(20)

キッコーマンニュートリケア・ジャパン(株) 代表取締役社長 森 卓也 氏

<新制度導入後のチェック体制が重要>
 ――消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」で検討が進められているが、品質と安全性確保について貴社の取り組みはどうか?

mori 当社が販売するサプリメント商品”からだ想い”シリーズ”は、キッコーマンの100%子会社である米国の「カントリーライフ社」で製造される。カントリーライフ社は製造工程の管理基準であるcGMPを取得しており、食品成分の100%同一性などをクリアした商品を提供している。こうした点で、当社の品質確保への取り組みは、消費者庁が示す方向性と一致していると言える。当社は昨年4月に設立、その半年後に新商品の発売に漕ぎつけたが、発売するにあたって、高水準に設定されているキッコーマン社内の品質基準をクリアすることが求められた。そのため、日本健康食品・サプリメント情報センターの「ハイクオリティ認証」の取得も比較的容易に感じられたが、この認証取得も安全性確保の一環として非常に重要な取り組みとして位置づけている。

 ――新制度では、薬などとの相互作用の評価も要件となるが?

 森 ”からだ想い”シリーズが取得しているハイクオリティ認証では、医薬品の相互作用に関する情報について、認証マークのQRコードを携帯電話やスマートフォンで読み取ることで簡単に閲覧できるシステムになっており、その点からすると、新制度の一部を先取りした取り組みをしていると言える。消費者庁案によると、安全性確保対策のハードルは高くなると予想されるので、当社でも部分的に評価をやり直す必要性が出てくるだろう。

 ――新制度の課題は何か?

 森 新制度が整備されて機能性表示が可能になっても、多くの企業が新制度の条件をすべて満たすことが困難になるような状況になるのは望ましくない。消費者へのわかりやすい情報提供に基づいた、消費者の積極的なセルフメディケーションにつながるような制度を期待したい。登録制となった場合、企業から届け出される情報は、安全性・機能性に関する情報も含めると膨大な量になると予想される。これらを監督省庁が十分に対応できるのかが心配だ。また、消費者にとって適正な商品選択が可能となるか、関連市場が伸びるか、中小企業でも参加できるか。これらの3点が満たされる制度を期待している。

 ――表示内容についての要望は?

 森 消費者が目的に合った商品を選択できるように、消費者に正確に理解していただける科学的根拠に基づいた表示内容を各企業はよく研究することが必要であり、また監督省庁にはその表示について十分に理解していただきたい。行政は「企業の自己責任」の方向へ大きく舵を切ろうとしている。新制度が企業責任に基づくものであることを、消費者が理解できる表示内容にすべきである。また、消費者意向等調査の結果から、高齢者はしっかりと情報を収集している様子が浮かび上がったが、情報を取得しにくい商品もあるため、科学的根拠と機能性について正しく、わかりやすく消費者に提供できる仕組みが必要だ。

【聞き手・文:木村 祐作】

おススメ記事

神奈川県、県西地域活性化で補助事業

 神奈川県は18日、県西地域の事業者を対象に、「県西地域未病資源活用促進補助金」により支援する事業提案の募集(2次)を開始した。補助額は、1事業当たり補助の対象となる経費の3分の1以内。募集期間は6月29日まで(事前相談 […]

2018年05月21日

日清オイリオグループ、中鎖脂肪酸油などの生産能力増強

 日清オイリオグループ(株)(本社:東京都中央区、久野貴久社長、TEL:0120-016-024)は18日、横浜磯子事業場内の化成品工場で、化粧品用エステルと中鎖脂肪酸油(MCT)の生産能力を増強すると発表した。  今後 […]

2018年05月21日

フジ日本精糖、機能性表示食品『イヌリンバランス』を発売

 フジ日本精糖(株)(本社:東京都中央区、舩越義和社長、TEL:03-3667-7811)は6月1日、2種類の機能性を持つ機能性表示食品『イヌリンバランス』(5g×30袋)を発売する。  機能性関与成分はイヌリン。届出表 […]

2018年05月21日

消費者庁、機能性表示食品の届出5件を公表

 消費者庁は18日、機能性表示食品の届出5件を公表した。公表されている届出件数は合計1,371件に上る。  アサヒ飲料(株)は3件の届出が公表された。清涼飲料水『からだ十六茶』『――630』は、難消化性デキストリンと葛の […]

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]