健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新・機能性表示制度 主張&提言!(18)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月15日

新・機能性表示制度 主張&提言!(18)

早稲田大学 ナノ理工学研究機構 規範科学総合研究所 ヘルスフード科学部門
研究院教授 農学博士 矢澤 一良 氏

<信頼を得るには、ヒト試験は必須>
 ――「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」で、消費者庁はトクホ並みの安全性確保対策を求めているが?

yazawa トクホに準じた安全性確保対策が求められるのは、やむを得ないことだ。「まじめに取り組む企業は残り、それができない企業は機能性表示の世界から退場する」という消費者庁の考え方は認めたい。安全性に対する意識の低い企業は問題である。事故を起こすと制度自体がダメになる。安全性確保対策については、消費者に顔向けできる仕組みにすべきだ。そういう意味で、消費者庁案は受け入れるべきだろう。

 ――消費者庁案では、「関与成分が明らかなものを制度の対象とする」方針だが、この点についてはどうか?

 矢澤 たとえば、漢方に使用される生薬には、何種もの有効成分が含まれているが、そのなかのどれが効いているのかはわからない。複合的に作用して効果が出る食品もあり、関与成分が特定できないという理由だけで、対象外とするのはおかしい。青汁などは消費者ニーズが高く、門前払いとするのはどうか。門前払いではなく、拾い上げる方向で検討してほしい。

 ――安全性確保対策で示された表示項目についてはどうか?

 矢澤 消費者庁案にある「関与成分名」や「1日摂取目安量」などの7項目については、表示すべきだ。さらに、とくにサプリメント形状の食品には「これは食品です」という表示が必要であり、義務化した方がよい。これまで医薬品と紛らわしいという理由で、サプリメントは批判されてきた経緯がある。そうした声に対応するためにも、「これは食品です」の表示は必要である。

 ――登録検査機関等で、関与成分の含有量を分析することも企業に求めたが?

 矢澤 とくに新たな成分については定量化の技術開発が必要で高コストとなるが、それも含めて、分析は企業の義務と言える。同じ素材であっても、収穫時期や産地によって数値が異なることから、検査機関に依頼して、正確な分析値を把握しておくべきだ。ただし、ロットごとに実施するのは困難だろう。スポット的に実施するのが現実的だと言える。

 ――消費者意識等調査結果から、消費者の6割以上が、新制度で機能性を表示するためにはヒト試験が必要としているが?

 矢澤 機能性を表示するためには、その根拠としてヒト試験は必要だ。たとえ、「必要でない」と回答した人でも、実施した方が良いと思っているかもしれない。また、試験管試験や動物試験を支持する消費者は少数派だったが、ヒト試験へ移るまでの段階でこれらの試験は必要であり、消費者もそのことが不要と言っているのではなく、最終的にヒト試験ではっきりさせてほしいと思っているのではないか。ヒト試験についても、規模・質などの面で線引きが求められる。その際、二重盲検による試験は必須で、最低でも各群15人以上で実施することが必要だと思う。健康食品のヒト試験を見ると、かつてRCT(ランダム化比較試験)は少なかったが、今後はRCTのレベルで実施しなければ、消費者の信頼を得られないだろう。

【聞き手・文:木村 祐作】

 

おススメ記事

昨年度のネット監視、健康食品表示で336業者に改善要請~消費者庁

 消費者庁はきょう(28日)、2016年度に実施したインターネット上の健康食品表示の監視により、合計336事業者に対して表示の改善を要請したと発表した。ショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化を要請した。   […]

高橋貞光の通販講座第3弾、大阪で開催

 (株)データ・マックスはきょう(28日)、通信販売事業者を対象としたセミナー「成功する通信販売のつくり方」を大阪市内で開催した。通販企業や通販事業の立ち上げ、事業の刷新を考えている川上の事業者などが参加した。  講師を […]

日新製糖、ガラクトオリゴ糖配合商品を発売

 日新製糖(株)(本社:東京都中央区、樋口洋一社長)はこのほど、ガラクトオリゴ糖を主成分とする食品用糖質「カップオリゴ」を配合した液体タイプの『カップオリゴ(500g)』、打錠タイプの『ガラクトオリゴ糖錠剤(270粒)』 […]

ドーム、ホエイプロテインの新商品を発売

 (株)ドーム(本社:東京都江東区、安田秀一代表社長、TEL:0120-106-786)は5月9日、スポーツサプリメントブランドDNSから個包装タイプの『ホエイプロテインSP シングルパック』を発売する。  『――シング […]

カワチ薬品、17年3月期 前期比77%増の大幅増益に

 (株)カワチ薬品(本社:栃木県小山市、河内伸二社長)はこのほど、2017年3月期業績を発表した。売上高は前年比2.2%増の2,664億2,300万円、営業利益は同22.9%増の57億2,300万円、経常利益は同20.2 […]