健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新たな機能性表示制度検討会が初会合、15年3月までに新制度スタートへ(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月20日

新たな機能性表示制度検討会が初会合、15年3月までに新制度スタートへ(後)

<カテゴリーに分けて検討の可能性も>
 初会合では、今後の検討課題や議論の進め方などを話し合った。だが、サプリメントについて話す委員もいれば、生鮮品について話す委員も。このため、大谷敏郎委員(食品総合研究所所長)は「(制度の対象が)サプリメントから生鮮品まであるので、整理する必要がある」と提案。松澤座長も「それぞれの観点が違うため、カテゴリーに分けて検討するべき」と同意した。

 また、合田幸広委員(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)は、機能性の対象成分が明確な食品と、不明な食品があると指摘。「対象成分が不明な食品でも、健康に役立つものがある。これらを分けて考えるべきだ」と述べた。

 これらの意見を踏まえて、消費者庁がどのように整理し、今後の検討を進めるのかが注目される。

<「トクホ離れ」に関する調査を要望>
hatukaigou

 多くの委員が求めたのが、消費者教育の拡充。消費者代表の森田満樹委員(消費生活コンサルタント)は、「トクホ、栄養機能食品のほかに新制度ができると、混乱するのではないか」と懸念。消費者教育のあり方について、十分に議論する必要性を訴えた。

 保健機能食品制度(トクホ、栄養機能食品)への影響に関する意見も聞かれた。梅垣委員は、「ハードルの低い制度をつくると、既存の制度から企業が離れてしまうと思われるが、その点を調査した方が良い」と消費者庁に要望。同時に、条件付きトクホを取得する企業がほとんどない理由についても、調査する必要があるとした。

 新制度は加工食品だけでなく、農林水産物も対象とする。このことから相良治美委員(月刊『食生活』編集長)は、「農産物の差別化につながるが、ビタミンCを多く含まないと売れないと、農家が思ったりする。知識や教育をどう広げていくのか」と質問。これに対し、消費者庁は「農林水産物については、JAや公的機関が農家をサポートする方向になると考えられる。新制度の対象となる品種・産地が出てくれば、農家は企業と違うため、JAが束ねるイメージもある」との見解を示した。

 産業界代表の関口洋一氏(健康食品産業協議会会長)は、とくに意見を述べなかった。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

香港衛生署、健康食品から医薬品成分検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は18日、香港衛生署が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  香港衛生署が買い上げ調査を実施した結果、インターネット上で痩身効果を標ぼうして販売されていた『マッ […]

山田養蜂場、『はちみつバーモントドリンク』発売

 (株)山田養蜂場(岡山県苫田郡、山田英生代表、TEL:0120-38-38-38)は18日、健康飲料『はちみつバーモントドリンク』(125ml×24本)を直営店と通信販売サイトで発売した。  完熟ハチミツを発酵させたハ […]

2018年06月19日

天真堂、『sakuraim オールインワンクール美容液』キャンペーン実施

 医薬部外品・化粧品OEM事業の(株)天真堂(本社:東京都江東区、児玉和之社長)は29日~7月8日の期間、『sakuraim オールインワンクール美容液』のプレゼントキャンペーンを実施する。  インスタグラムで「アカウン […]

「お試し」定期購入トラブル、改正特商法の施行後も一向に減らず

<18年度は前年度を上回るペース>  昨年12月1日の改正特定商取引法の施行後も、健康食品などの「お試し」定期購入トラブルに関する消費者相談件数が一向に減少していないことが19日、健康情報ニュースの取材でわかった。  健 […]

秋田県、「あきた発酵ツーリズムロゴマーク」の使用規程を発表

 秋田県は18日、県内の発酵食品のPRを目的とする「あきた発酵ツーリズムロゴマーク」の商品使用規程を制定したと発表した。発酵食文化を誘客に活用する「あきた発酵ツーリズム」と連動した取り組みとしている。  規程によると、ロ […]