健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新たな機能性表示制度検討会が初会合、15年3月までに新制度スタートへ(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月20日

新たな機能性表示制度検討会が初会合、15年3月までに新制度スタートへ(後)

<カテゴリーに分けて検討の可能性も>
 初会合では、今後の検討課題や議論の進め方などを話し合った。だが、サプリメントについて話す委員もいれば、生鮮品について話す委員も。このため、大谷敏郎委員(食品総合研究所所長)は「(制度の対象が)サプリメントから生鮮品まであるので、整理する必要がある」と提案。松澤座長も「それぞれの観点が違うため、カテゴリーに分けて検討するべき」と同意した。

 また、合田幸広委員(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)は、機能性の対象成分が明確な食品と、不明な食品があると指摘。「対象成分が不明な食品でも、健康に役立つものがある。これらを分けて考えるべきだ」と述べた。

 これらの意見を踏まえて、消費者庁がどのように整理し、今後の検討を進めるのかが注目される。

<「トクホ離れ」に関する調査を要望>
hatukaigou

 多くの委員が求めたのが、消費者教育の拡充。消費者代表の森田満樹委員(消費生活コンサルタント)は、「トクホ、栄養機能食品のほかに新制度ができると、混乱するのではないか」と懸念。消費者教育のあり方について、十分に議論する必要性を訴えた。

 保健機能食品制度(トクホ、栄養機能食品)への影響に関する意見も聞かれた。梅垣委員は、「ハードルの低い制度をつくると、既存の制度から企業が離れてしまうと思われるが、その点を調査した方が良い」と消費者庁に要望。同時に、条件付きトクホを取得する企業がほとんどない理由についても、調査する必要があるとした。

 新制度は加工食品だけでなく、農林水産物も対象とする。このことから相良治美委員(月刊『食生活』編集長)は、「農産物の差別化につながるが、ビタミンCを多く含まないと売れないと、農家が思ったりする。知識や教育をどう広げていくのか」と質問。これに対し、消費者庁は「農林水産物については、JAや公的機関が農家をサポートする方向になると考えられる。新制度の対象となる品種・産地が出てくれば、農家は企業と違うため、JAが束ねるイメージもある」との見解を示した。

 産業界代表の関口洋一氏(健康食品産業協議会会長)は、とくに意見を述べなかった。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年07月20日

【8/7】消費者行政新未来創造オフィス設立記念シンポジウム

 消費者庁と(独)国民生活センターは8月7日、「消費者行政新未来創造オフィス設立記念シンポジウム」を徳島グランヴィリオホテル(徳島市万代町)で開催する。  プログラムは基調講演「行政経済学、フィールド実験、消費者政策―― […]

ファンケル、発芽米のカレーセットを発売

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長、TEL:0120-750-210)は20日、『発芽米のために作ったカレーセット』(3食入り)を通信販売と直営店舗で発売する。数量限定で取り扱う。  発芽米のパックご […]

2017年07月20日

日本食品化工、低糖質ニーズで提案先を総菜・外食にも拡大

 日本食品化工(株)(東京都千代田区、鈴木慎一郎社長)は、食品素材の難消化性グルカン『フィットファイバー♯80』の提案先を惣菜・外食にも拡大する方針を示している。食物繊維に期待される“糖質低減”の役割がクローズアップされ […]

農水省、「GIマーク」使用ガイドラインを公表

 国が認定した食品に付与される「地理的表示(GI)マーク」の適正利用に向けて、農林水産省は19日、GIマークの使用に関するガイドラインを公表した。GIマークを広告やインターネット通販、外食メニューなどに使用する場合のルー […]

2017年07月20日

【7/25】RDサポート、WFJで無料セミナー開催

 (株)RDサポート(本社:東京都千代田区、大澤裕樹社長)は25日、特別セミナー「ウェルネスキャリアサミット~次代のビジネスパーソンに求められる資質とキャリア戦略~」を東京ビッグサイト(東京都江東区)の「ウェルネスフード […]