健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新たな機能性表示制度検討会が初会合、15年3月までに新制度スタートへ(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月20日

新たな機能性表示制度検討会が初会合、15年3月までに新制度スタートへ(後)

<カテゴリーに分けて検討の可能性も>
 初会合では、今後の検討課題や議論の進め方などを話し合った。だが、サプリメントについて話す委員もいれば、生鮮品について話す委員も。このため、大谷敏郎委員(食品総合研究所所長)は「(制度の対象が)サプリメントから生鮮品まであるので、整理する必要がある」と提案。松澤座長も「それぞれの観点が違うため、カテゴリーに分けて検討するべき」と同意した。

 また、合田幸広委員(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)は、機能性の対象成分が明確な食品と、不明な食品があると指摘。「対象成分が不明な食品でも、健康に役立つものがある。これらを分けて考えるべきだ」と述べた。

 これらの意見を踏まえて、消費者庁がどのように整理し、今後の検討を進めるのかが注目される。

<「トクホ離れ」に関する調査を要望>
hatukaigou

 多くの委員が求めたのが、消費者教育の拡充。消費者代表の森田満樹委員(消費生活コンサルタント)は、「トクホ、栄養機能食品のほかに新制度ができると、混乱するのではないか」と懸念。消費者教育のあり方について、十分に議論する必要性を訴えた。

 保健機能食品制度(トクホ、栄養機能食品)への影響に関する意見も聞かれた。梅垣委員は、「ハードルの低い制度をつくると、既存の制度から企業が離れてしまうと思われるが、その点を調査した方が良い」と消費者庁に要望。同時に、条件付きトクホを取得する企業がほとんどない理由についても、調査する必要があるとした。

 新制度は加工食品だけでなく、農林水産物も対象とする。このことから相良治美委員(月刊『食生活』編集長)は、「農産物の差別化につながるが、ビタミンCを多く含まないと売れないと、農家が思ったりする。知識や教育をどう広げていくのか」と質問。これに対し、消費者庁は「農林水産物については、JAや公的機関が農家をサポートする方向になると考えられる。新制度の対象となる品種・産地が出てくれば、農家は企業と違うため、JAが束ねるイメージもある」との見解を示した。

 産業界代表の関口洋一氏(健康食品産業協議会会長)は、とくに意見を述べなかった。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]