健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新たな機能性表示制度検討会が初会合、15年3月までに新制度スタートへ(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月20日

新たな機能性表示制度検討会が初会合、15年3月までに新制度スタートへ(前)

<前半に安全性確保、後半に機能性評価・表示を検討>
 消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」(座長・松澤佑次氏)はきょう(20日)、初会合を開き、米国型の機能性表示制度の導入に向けた議論を開始した。来夏をメドに報告書を取りまとめる。これを受けて、消費者庁は2015年3月までに、企業の自己責任で機能性を表示できる制度を整備する計画だ。

anan 会合では、消費者庁の担当課が新制度の方向性を説明。安全性の確保、機能性表示に求められる科学的根拠の設定、適正表示による消費者への情報提供を柱に、消費者が自ら適切に商品選択できる制度を整備する方針を示した。

 消費者庁は、「企業が自ら科学的根拠を評価して機能性を表示する制度」と、「消費者が誤認せずに自ら適切に商品選択できる制度」を両立させるため、以下の10課題を論点に挙げた。

 安全性確保の論点は、(1)対象となる食品(加工食品と農林水産物)・成分の範囲、(2)生産・製造・品質の管理、(3)摂取量のあり方、(4)健康被害の情報収集、(5)危険な商品の流通防止措置など。機能性表示については、(1)企業等が自ら機能性を評価する科学的根拠のレベル、(2)適切な機能性表示の範囲、(3)消費者に誤解を与えないための情報のあり方。また、国の関与については、(1)適切な安全性確保と機能性表示を担保するための手続き、(2)消費者庁・厚労省・農水省の役割分担――を挙げた。

 同検討会は、来春まで安全性確保について検討。消費者意向調査の結果が来年3月下旬までに報告されることから、来春以降は機能性の評価や表示のあり方を検討する。来夏をメドに報告書を取りまとめる。これを受けて消費者庁は、厚労省・農水省との協議や消費者委員会の意見を踏まえ、法令等を改正する。その後、新制度を周知するための説明会を開く予定だ。「2015年3月末までに新制度を始めたい」(食品表示企画課)としている。

 同検討会は「毎月1回のペースで開催」(阿南長官)する。次回会合は来年1月31日。安全性確保について議論を開始する。

【今後の検討会スケジュール】
第2回 安全性の確保について(1)(14年1月31日)
第3回 安全性の確保について(2)
第4回 安全性の確保について(3)
      機能性の評価、表示のあり方について(1)
第5回 機能性の評価、表示のあり方について(2)
第6回 機能性の評価、表示のあり方について(3)
      国の関与のあり方について
第7回 取りまとめ(1) 課題と対応方向
第8回 取りまとめ(2) 報告書案の取りまとめ(14年夏めど)

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

サプライ、チューブ入り飲料を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは20日、(株)サプライ(福岡県北九州市)がチューブ入り清涼飲料水『サプライフルーツミックス』、『サプライクリームソーダ』の自主回収をこのほど開始したとする情報を掲載した。製品の1部にこげが […]

2017年07月21日

【8/19】消費者問題シンポジウムin新潟

 消費者委員会は8月19日、公開シンポジウム「これからの消費者教育を考えよう」を新潟東映ホテル(新潟市中央区)で開催する。定員は100人程度、参加費は無料。  基調講演「消費者委員会の活動と消費者教育」(消費者委員会の河 […]

2017年07月21日

伊藤園、「栄養の日・栄養週間」に参画

 (株)伊藤園(本社:東京都渋谷区、本庄大介社長)は20日、(公社)日本栄養士会が制定した「栄養の日」「栄養週間」に参画し、『1日分の野菜』で国民の栄養を楽しむ生活を応援すると発表した。  全国の約540施設で働く管理栄 […]

『I.Bヘルスケア46号』を発刊

 (株)データ・マックスはヘルスケア分野の専門誌『I.Bヘルスケア46号』(月刊・A4)を発刊する。  特別企画「アジア産素材」は、健康食品の主原料として利用されるケースが増えたアジア産素材の動向を報告。供給量が拡大中の […]

永谷園、グルコサミン入り即席みそ汁をリニューアル

 (株)永谷園(本社:東京都港区、飯塚弦二朗社長、TEL:0120-919-454)は今月下旬から、グルコサミンを配合した即席みそ汁『かにのちからみそ汁』をリニューアル発売する。焼きがにのうま味を加え、パッケージも刷新し […]