健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新たな機能性表示制度検討会が初会合、15年3月までに新制度スタートへ(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月20日

新たな機能性表示制度検討会が初会合、15年3月までに新制度スタートへ(前)

<前半に安全性確保、後半に機能性評価・表示を検討>
 消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」(座長・松澤佑次氏)はきょう(20日)、初会合を開き、米国型の機能性表示制度の導入に向けた議論を開始した。来夏をメドに報告書を取りまとめる。これを受けて、消費者庁は2015年3月までに、企業の自己責任で機能性を表示できる制度を整備する計画だ。

anan 会合では、消費者庁の担当課が新制度の方向性を説明。安全性の確保、機能性表示に求められる科学的根拠の設定、適正表示による消費者への情報提供を柱に、消費者が自ら適切に商品選択できる制度を整備する方針を示した。

 消費者庁は、「企業が自ら科学的根拠を評価して機能性を表示する制度」と、「消費者が誤認せずに自ら適切に商品選択できる制度」を両立させるため、以下の10課題を論点に挙げた。

 安全性確保の論点は、(1)対象となる食品(加工食品と農林水産物)・成分の範囲、(2)生産・製造・品質の管理、(3)摂取量のあり方、(4)健康被害の情報収集、(5)危険な商品の流通防止措置など。機能性表示については、(1)企業等が自ら機能性を評価する科学的根拠のレベル、(2)適切な機能性表示の範囲、(3)消費者に誤解を与えないための情報のあり方。また、国の関与については、(1)適切な安全性確保と機能性表示を担保するための手続き、(2)消費者庁・厚労省・農水省の役割分担――を挙げた。

 同検討会は、来春まで安全性確保について検討。消費者意向調査の結果が来年3月下旬までに報告されることから、来春以降は機能性の評価や表示のあり方を検討する。来夏をメドに報告書を取りまとめる。これを受けて消費者庁は、厚労省・農水省との協議や消費者委員会の意見を踏まえ、法令等を改正する。その後、新制度を周知するための説明会を開く予定だ。「2015年3月末までに新制度を始めたい」(食品表示企画課)としている。

 同検討会は「毎月1回のペースで開催」(阿南長官)する。次回会合は来年1月31日。安全性確保について議論を開始する。

【今後の検討会スケジュール】
第2回 安全性の確保について(1)(14年1月31日)
第3回 安全性の確保について(2)
第4回 安全性の確保について(3)
      機能性の評価、表示のあり方について(1)
第5回 機能性の評価、表示のあり方について(2)
第6回 機能性の評価、表示のあり方について(3)
      国の関与のあり方について
第7回 取りまとめ(1) 課題と対応方向
第8回 取りまとめ(2) 報告書案の取りまとめ(14年夏めど)

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]

都、乾燥塩トマトの販売業者を食品表示法違反で指示

 乾燥塩トマトを詰め替えて販売する際に、原材料名などを表示しなかったとして、東京都は21日、なかいや農園(東京都中野区、山田一雄氏)に対し、食品表示法に基づく指示を行ったと発表した。  都によると、同事業者は乾燥塩トマト […]

2018年06月22日

ABLによる化粧品のマルチ商法、和解不成立~国センADR

<エステ施術後に勧誘繰り返す>  (独)国民生活センターは21日、「国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)」で和解が成立しなかった事案として、(株)ABL(福岡市)による化粧品の連鎖販売取引をめぐる紛争を公表した。 […]