健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新たな機能性表示制度をめぐる”絵空事”(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年09月24日

新たな機能性表示制度をめぐる”絵空事”(後)

<協議会への不信感>
 9月3日に開かれた健康食品産業協議会の臨時総会で、「健康機能表示食品ガイドライン(仮称)作成委員会事務局活動」が議題に挙がった。しかし、その詳細は説明されなかったようだ。
 また、臨時総会では、各業界団体が拠出金として10万円を出すことでほぼ合意。出席した複数の関係者は、拠出金の使途についても明確な説明はなかったと口をそろえる。ある団体の幹部は、「政治家への働きかけで拠出金を使うような雰囲気だったが、不透明なので不信感が募る」と疑心暗鬼だ。他団体の関係者も、拠出金の使途について「よくわからない」としている。

 ところが、臨時総会の直前に開かれた、同協議会加盟の某業界団体(団体Xとする)の会合では、ガイドライン作成について具体的な話し合いがもたれた。
 「日本抗加齢医学会がガイドライン作成の受け皿になるために、事務局体制や活動資金を考えるべき」、「(ガイドライン作成を支援するために)まずは各団体から10万円を徴収」といった意見が出たという。

 このように団体Xでは、各団体から資金を出させてガイドライン作成に使う案が、議論の俎上に上っているようだ。団体Xは、所属メンバーが同協議会の幹部を務めるなど、その影響力は小さくないと指摘される。もし今後、拠出金がガイドライン作成に使われることになれば、団体Xなど一部グループの狙いどおりに、事が運んだと言えよう。

<”絵空事”に注力する業界代表たち>
 日本抗加齢医学会を中心とするアカデミアの動きはどうか。関係者の間で出回っている資料によると、ガイドライン案の作成に向けて、スタッフの陣容や作成の方針が固まりつつあるようだ。

 ガイドライン作成委員会の陣容については、領域ごとに担当者や査読委員を配置する計画。循環器領域・消化器領域・脳神経領域・皮膚科領域・眼科領域・歯科領域などが予定されている。担当者も、ほとんどの領域で具体的な名前が候補に挙がっている。ガイドライン作成の方針については、(1)米国やEUでヘルスクレームが認められているものは原則採用、(2)米国・EU・韓国などのヘルスクレームが一致していないが、すでに一部で認められているものについては議論――などの案が示されている。

 学会側では具体的な動きが進行中、さらに業界団体も支援体制を模索し、多くの関係者が構想は実現可能と考えているようだが、事実は異なる。前述のように消費者庁には、一部のグループにガイドライン案の作成を依頼したり、協力を求めたりする考えはないとみられる。「フェアな制度」の構築を望めなくなるからだ。

 現時点では、一部の学会と業界団体が描く構想は、”絵に描いた餅”にすぎない。問題は、実現の見込みがない取り組みに、業界団体が資金を投入する恐れがあること。「たいした金額ではないから」という声もあるが、各団体にとって10万円は貴重な財産。さらに、いったん動き出すと、拠出金が増加する可能性も否定できない。

 財政を無駄遣いするようなことになれば、各団体の傘下企業から批判が出るのは必至。すでに、「意味がないところに拠出金が流れるのでは」と懸念する声が出始めている。

 政府内では、新制度の導入に向けた準備が急ピッチで進められている。業界にとって極めて重要な時期に、業界代表たちが”絵空事”に時間と資金を注ぎ込む可能性が出ている。その場合、浮かばれないのは、業界団体に会費を納め、業界の未来を委ねている会員企業といえる。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年04月27日

オリザ油化、「イサダオイル」を開発

 オリザ油化(株)(本社:愛知県一宮市、村井弘道社長、TEL:0586-86-5141)はこのほど、日本国産オキアミとして知られるイサダ(ツノナシオキアミ)を原料とした食品用クリルオイル素材「イサダオイル」を開発した。 […]

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]