健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新たな機能性表示制度の方向性と課題(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年10月08日

新たな機能性表示制度の方向性と課題(後)

<学会案「国は関与しない」(森下竜一氏)>
 国際栄養食品協会(AIFN)などが7日開催したシンポジウム「日本における栄養補助食品有用性の消費者理解促進を目的とした表示拡大のための政策検討会」では、政府の規制改革会議委員の森下竜一氏、加藤勝信内閣官房副長官がそれぞれ講演した。

 森下氏は6月14日の閣議決定により、米国ダイエタリーサプリメント制度を参考に、企業等の責任で、科学的根拠のもとに機能性を表示できる制度が整備されることになったと説明。「安倍内閣が全員一致で決めた。各省庁が閣議決定の内容に沿って進めることになる」と話した。

 新制度の核となる届出制について、「事後届出か、事前届出かという話があったが、規制改革会議として(米国のように)事後にしてほしいと言ったことはない。消費者が事前がよいとなれば、事前もあり得ると思っている」と言及。「(制度の)詳細まで規制改革会議としてお願いすることは考えていない」と述べた。また、医師の立場から、新制度で可能となる表示内容にも触れ、「病気を治癒するような表現はよくない」と提言した。

 森下氏は、日本抗加齢医学会で食品の機能性評価のあり方をまとめる計画も披露。「1つの指標として発表する」考えを示した。「国は関与しないので関係ないが、あまり齟齬があるとよくない」などと述べた。

 加藤副長官は講演のなかで、政府が今臨時国会に提出する予定の「産業競争力強化法案」を紹介した。同法案では、6月に策定した成長戦略「日本再興戦略」を実行に移すための施策を定める。その1つとして、「グレーゾーン解消制度を設ける」ことを明らかにした。健康食品企業が新商品を開発したものの、医薬品に該当すると指摘され、事業展開できないケースなどを想定した制度という。

 加藤副長官は、「企業が事業計画を立案し、関連法規に抵触するかどうかの確認を事業官庁(経産省)に申請する。(そこから)規制官庁の厚労省などへ照会し、判断する」と述べた。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

日本の伝統的食事ではなく、「欧米型」などで死亡リスク低下

<コーヒーや乳製品などの効果もリスク低下の要因>  (国研)国立がん研究センターの研究グループがこのほど公表した調査結果から、日本の伝統的な食事と、ガン・循環器疾患などによる死亡リスクに関連性がないことがわかった。一方、 […]

2017年05月26日

【6/24】公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」

 消費者委員会は6月24日、公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」を岩手県自治会館(岩手県盛岡市)で開催する。  基調講演は、消費者委員会委員長の河上正二氏による「消費者委員会の活動と食品表示のあり方」。 […]

QOLサポート研究会、「心の測定」をテーマに講演

 NPO法人QOLサポート研究会(松本高明理事長)は25日、「心と脳を科学する」をテーマに、第12回講演会をミューザ川崎(神奈川県川崎市)で開催した。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チーム […]

2017年05月26日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを都内で開催

 アマニフォーラム実行委員会は25日、「第1回アマニフォーラム セミナー」を都内で開催した。スペシャルゲストとして招かれた「モンサンクレール(東京・自由が丘)」のオーナーパティシエである辻口博啓氏は、アマニを使ったスイー […]

2017年05月26日

第4回クリルオイル研究会、森下竜一氏が講演

 クリルオイル研究会(矢澤一良会長)は25日、東京ビックサイト(東京都江東区)で第4回クリルオイル研究会を開催した。関係者70人が参加した。  大阪大学大学院教授の森下竜一氏は、23日に規制改革推進会議が安倍首相に提出し […]