健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新たな機能性表示制度の方向性と課題(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年10月08日

新たな機能性表示制度の方向性と課題(後)

<学会案「国は関与しない」(森下竜一氏)>
 国際栄養食品協会(AIFN)などが7日開催したシンポジウム「日本における栄養補助食品有用性の消費者理解促進を目的とした表示拡大のための政策検討会」では、政府の規制改革会議委員の森下竜一氏、加藤勝信内閣官房副長官がそれぞれ講演した。

 森下氏は6月14日の閣議決定により、米国ダイエタリーサプリメント制度を参考に、企業等の責任で、科学的根拠のもとに機能性を表示できる制度が整備されることになったと説明。「安倍内閣が全員一致で決めた。各省庁が閣議決定の内容に沿って進めることになる」と話した。

 新制度の核となる届出制について、「事後届出か、事前届出かという話があったが、規制改革会議として(米国のように)事後にしてほしいと言ったことはない。消費者が事前がよいとなれば、事前もあり得ると思っている」と言及。「(制度の)詳細まで規制改革会議としてお願いすることは考えていない」と述べた。また、医師の立場から、新制度で可能となる表示内容にも触れ、「病気を治癒するような表現はよくない」と提言した。

 森下氏は、日本抗加齢医学会で食品の機能性評価のあり方をまとめる計画も披露。「1つの指標として発表する」考えを示した。「国は関与しないので関係ないが、あまり齟齬があるとよくない」などと述べた。

 加藤副長官は講演のなかで、政府が今臨時国会に提出する予定の「産業競争力強化法案」を紹介した。同法案では、6月に策定した成長戦略「日本再興戦略」を実行に移すための施策を定める。その1つとして、「グレーゾーン解消制度を設ける」ことを明らかにした。健康食品企業が新商品を開発したものの、医薬品に該当すると指摘され、事業展開できないケースなどを想定した制度という。

 加藤副長官は、「企業が事業計画を立案し、関連法規に抵触するかどうかの確認を事業官庁(経産省)に申請する。(そこから)規制官庁の厚労省などへ照会し、判断する」と述べた。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]