健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新たな機能性表示ガイドライン(案)作成へ、大規模な消費者意向調査を実施~消費者庁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月08日

新たな機能性表示ガイドライン(案)作成へ、大規模な消費者意向調査を実施~消費者庁

食品の新たな機能性表示制度の整備に向けて、消費者庁が今秋にも、機能性表示に関する大規模な消費者意向調査(仮称)に着手し、今年度中に調査結果を取りまとめる方針を固めたことが、7日わかった。調査結果は、新制度のもとで、企業が機能性表示を行なうためのガイドライン(案)に反映させる。

syouhisyatyou (1)

 新制度を整備する際に消費者庁は、表示の裏づけとなる科学的根拠のレベルや、適切な表示内容などをガイドラインで示す計画。その前段階として、まずは消費者意向調査によって、消費者が誤認しないための機能性表示のあり方を検討する。

 消費者意向調査は、数千人規模のアンケート調査と、詳しく意見を聞き取るための消費者インタビューによって実施。米国で流通している商品の機能性表示(和訳したもの)を消費者に見てもらい、その反応を調べる。

 特に高齢者、小さな子どもをもつ親、患者などの反応に注目する考えだ。担当課では「もし、誤認が生じるようであれば、米国の制度をそのまま導入するのではなく、表示方法について修正を加える可能性も出てくる」と説明する。

 また、たとえば、米国でみられる『FDA(米国食品医薬品局)が認めた表示ではない』という文言の文字サイズについても、消費者の反応を見て判断するという。国が認定したトクホの表示と、企業の自己責任で行なう表示を、消費者が容易に区別できるかどうかという観点からも検証する予定だ。

 消費者意向調査により、機能性表示の裏づけとなる科学的根拠に対する消費者の考え方についても、収集・分析する。担当課では「消費者は機能性表示を見て、どのような根拠があるのかが気になるだろう」とみている。このため、消費者が求める科学的根拠のレベルを把握する方針という。

 調査結果をもとに、さまざまな問題点を検証したうえで、消費者庁はガイドライン(案)の作成に取りかかる。ガイドライン(案)については、来年度に予定している検討の場で議論する方向にある。

【木村 祐作】

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]