健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新たな機能性表示ガイドライン(案)作成へ、大規模な消費者意向調査を実施~消費者庁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月08日

新たな機能性表示ガイドライン(案)作成へ、大規模な消費者意向調査を実施~消費者庁

食品の新たな機能性表示制度の整備に向けて、消費者庁が今秋にも、機能性表示に関する大規模な消費者意向調査(仮称)に着手し、今年度中に調査結果を取りまとめる方針を固めたことが、7日わかった。調査結果は、新制度のもとで、企業が機能性表示を行なうためのガイドライン(案)に反映させる。

syouhisyatyou (1)

 新制度を整備する際に消費者庁は、表示の裏づけとなる科学的根拠のレベルや、適切な表示内容などをガイドラインで示す計画。その前段階として、まずは消費者意向調査によって、消費者が誤認しないための機能性表示のあり方を検討する。

 消費者意向調査は、数千人規模のアンケート調査と、詳しく意見を聞き取るための消費者インタビューによって実施。米国で流通している商品の機能性表示(和訳したもの)を消費者に見てもらい、その反応を調べる。

 特に高齢者、小さな子どもをもつ親、患者などの反応に注目する考えだ。担当課では「もし、誤認が生じるようであれば、米国の制度をそのまま導入するのではなく、表示方法について修正を加える可能性も出てくる」と説明する。

 また、たとえば、米国でみられる『FDA(米国食品医薬品局)が認めた表示ではない』という文言の文字サイズについても、消費者の反応を見て判断するという。国が認定したトクホの表示と、企業の自己責任で行なう表示を、消費者が容易に区別できるかどうかという観点からも検証する予定だ。

 消費者意向調査により、機能性表示の裏づけとなる科学的根拠に対する消費者の考え方についても、収集・分析する。担当課では「消費者は機能性表示を見て、どのような根拠があるのかが気になるだろう」とみている。このため、消費者が求める科学的根拠のレベルを把握する方針という。

 調査結果をもとに、さまざまな問題点を検証したうえで、消費者庁はガイドライン(案)の作成に取りかかる。ガイドライン(案)については、来年度に予定している検討の場で議論する方向にある。

【木村 祐作】

おススメ記事

サプライ、チューブ入り飲料を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは20日、(株)サプライ(福岡県北九州市)がチューブ入り清涼飲料水『サプライフルーツミックス』、『サプライクリームソーダ』の自主回収をこのほど開始したとする情報を掲載した。製品の1部にこげが […]

2017年07月21日

【8/19】消費者問題シンポジウムin新潟

 消費者委員会は8月19日、公開シンポジウム「これからの消費者教育を考えよう」を新潟東映ホテル(新潟市中央区)で開催する。定員は100人程度、参加費は無料。  基調講演「消費者委員会の活動と消費者教育」(消費者委員会の河 […]

2017年07月21日

伊藤園、「栄養の日・栄養週間」に参画

 (株)伊藤園(本社:東京都渋谷区、本庄大介社長)は20日、(公社)日本栄養士会が制定した「栄養の日」「栄養週間」に参画し、『1日分の野菜』で国民の栄養を楽しむ生活を応援すると発表した。  全国の約540施設で働く管理栄 […]

『I.Bヘルスケア46号』を発刊

 (株)データ・マックスはヘルスケア分野の専門誌『I.Bヘルスケア46号』(月刊・A4)を発刊する。  特別企画「アジア産素材」は、健康食品の主原料として利用されるケースが増えたアジア産素材の動向を報告。供給量が拡大中の […]

永谷園、グルコサミン入り即席みそ汁をリニューアル

 (株)永谷園(本社:東京都港区、飯塚弦二朗社長、TEL:0120-919-454)は今月下旬から、グルコサミンを配合した即席みそ汁『かにのちからみそ汁』をリニューアル発売する。焼きがにのうま味を加え、パッケージも刷新し […]