健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 抗加齢医学会「DB」に迫る(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月15日

抗加齢医学会「DB」に迫る(後)

 NETIB-NEWSが10日に行った日本抗加齢医学会常務理事の森下竜一氏(以下、森下)へのインタビューは、機能性表示に関する第三者認証にも話が及んだ。

<第三者認証はこれからの議論>

 ――日本抗加齢医学会(または日本抗加齢医学協会)の「健康食品機能表示データブック(仮題)」(以下、データブック)は、消費者庁の新・機能性表示制度と絡むのか?

 森下 新制度への対応はするが、新制度とは絡まない。

 ――データブックを新制度でどのように利用するのか?

 森下 それはこれからの議論。企業が利用するのならば、それでよい。自分たち(企業)が、自信がないのならば使ってくださいという話である。

 ――原著論文によるシステマティック・レビューを柱とする消費者庁の新制度と、素材ごとのおおざっぱな括りとなるデータブックとでは、整合性が合わないのでは?

日本抗加齢医学会 常務理事 森下 竜一 氏 森下 できるだけ合わす努力はするが、(新制度の詳細が)決まっていないから何とも言いようがない。

 ――企業側からすると、新制度とデータブックがブリッジングできるかどうかが気になる点だが?

 森下 それは我々の仕事ではない。企業や業界団体の仕事である。データブックは、我々が評価して機能性があると考える(素材の)データ集となる。それを企業がどう使うかである。

 ――データブックをもとに、第三者認証の仕組みを考えているようだが?

 森下 そこはまだ何も決まっていない。ただ、日本抗加齢医学協会が(個々の商品を)認証することはない。(日本抗加齢医学協会がデータブックの使用権を認定団体に)提供するにとどめるかもしれないが、これからの議論であり、何も決まっていない。

 ――第三者認証を実施する場合、日本抗加齢医学協会はボランティアで行うのか、それともビジネスとして行なうのか?

 森下 何も決まっていないし、相手も決まっていない。

 ――(公財)日本健康・栄養食品協会の名前が挙がっているが?

 森下 (どうなるかは)わからない。ただ、GMPは必要であり、それ(GMP認証)を実施しているのは(日本健康・栄養食品協会を含めて)2団体しかない。

 ――なぜ、関係業界の面倒をみようとしているのか?

 森下 乗りかかった船、それだけの話である。業界が困っているから、(データブックの策定などを)行っている。(本来は)企業の責任で行えばよい話である。

(了)
【聞き手・文:木村 祐作】

 

 

おススメ記事

2017年10月19日

消費者庁長官、機能性表示食品の検証結果「GL改正に反映も」

 機能性表示食品制度の臨床試験と安全性評価に関する検証事業報告書について、消費者庁の岡村和美長官は18日、「消費者庁で検証した上で、必要に応じて届出ガイドラインの改正や機能性表示食品のQ&Aに反映させるといった活 […]

村田園、景表法違反でお詫び広告

 (独)国民生活センターは18日、(株)村田園(本社:熊本県菊池郡、村田正英社長)が、茶製品の表示について景品表示法に基づく措置命令を受けた件で、新聞の広告欄や自社ホームページにお詫びを掲載したと発表した。外国産原料を含 […]

ヴァカボ、「第2回365マーケットオフィス」開催

 食を通じたマーケティングとプロモーションを提供する(株)ヴァカボ(本社:東京都中央区、長岡康生社長)は18日、「第2回365マーケットオフィス」を都内で開催した。  「365マーケットオフィス」とは、食に関する資格を持 […]

市民団体、各政党に機能性表示食品の評価など質問

<維新の会、自民党「評価できる」>  消費者団体の「食の安全・監視市民委員会」は18日配信のメルマガで、主要政党を対象に実施した「食の安全に関する政党アンケート」の結果を公表した。機能性表示食品制度については、各政党によ […]

2017年10月19日

消費者庁、機能性表示食品で届出2件公表

 消費者庁は18日、機能性表示食品で新たに2件の届出を公表した。公表されている届出件数は合計1,128件となった。  (株)龍泉堂のサプリメント『ボディチャレンジ』は、アフリカマンゴノキ由来エラグ酸が機能性関与成分。「肥 […]