健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 抗加齢医学会「DB」に迫る(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月15日

抗加齢医学会「DB」に迫る(後)

 NETIB-NEWSが10日に行った日本抗加齢医学会常務理事の森下竜一氏(以下、森下)へのインタビューは、機能性表示に関する第三者認証にも話が及んだ。

<第三者認証はこれからの議論>

 ――日本抗加齢医学会(または日本抗加齢医学協会)の「健康食品機能表示データブック(仮題)」(以下、データブック)は、消費者庁の新・機能性表示制度と絡むのか?

 森下 新制度への対応はするが、新制度とは絡まない。

 ――データブックを新制度でどのように利用するのか?

 森下 それはこれからの議論。企業が利用するのならば、それでよい。自分たち(企業)が、自信がないのならば使ってくださいという話である。

 ――原著論文によるシステマティック・レビューを柱とする消費者庁の新制度と、素材ごとのおおざっぱな括りとなるデータブックとでは、整合性が合わないのでは?

日本抗加齢医学会 常務理事 森下 竜一 氏 森下 できるだけ合わす努力はするが、(新制度の詳細が)決まっていないから何とも言いようがない。

 ――企業側からすると、新制度とデータブックがブリッジングできるかどうかが気になる点だが?

 森下 それは我々の仕事ではない。企業や業界団体の仕事である。データブックは、我々が評価して機能性があると考える(素材の)データ集となる。それを企業がどう使うかである。

 ――データブックをもとに、第三者認証の仕組みを考えているようだが?

 森下 そこはまだ何も決まっていない。ただ、日本抗加齢医学協会が(個々の商品を)認証することはない。(日本抗加齢医学協会がデータブックの使用権を認定団体に)提供するにとどめるかもしれないが、これからの議論であり、何も決まっていない。

 ――第三者認証を実施する場合、日本抗加齢医学協会はボランティアで行うのか、それともビジネスとして行なうのか?

 森下 何も決まっていないし、相手も決まっていない。

 ――(公財)日本健康・栄養食品協会の名前が挙がっているが?

 森下 (どうなるかは)わからない。ただ、GMPは必要であり、それ(GMP認証)を実施しているのは(日本健康・栄養食品協会を含めて)2団体しかない。

 ――なぜ、関係業界の面倒をみようとしているのか?

 森下 乗りかかった船、それだけの話である。業界が困っているから、(データブックの策定などを)行っている。(本来は)企業の責任で行えばよい話である。

(了)
【聞き手・文:木村 祐作】

 

 

おススメ記事

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]

国セン、フリマの消費者相談が急増

<酒を購入する未成年者、運営事業者は放置>  (独)国民生活センターは22日、インターネット上で商品の売買を個人間でできる「フリマアプリ」「フリマサイト」といったフリーマーケットサービスに関する消費者相談が、年間3,00 […]

動脈硬化の原因となるリポタンパク質を発見

 秋田県立大学は21日、生物資源科学部の小西智一准教授らの研究グループが、動脈硬化の原因となり得るリポタンパク質「LAC」を発見したと発表した。研究成果は20日、国際学術誌『PLOS ONE』に掲載された。  研究グルー […]