健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 抗加齢医学会「DB」に迫る(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月15日

抗加齢医学会「DB」に迫る(後)

 NETIB-NEWSが10日に行った日本抗加齢医学会常務理事の森下竜一氏(以下、森下)へのインタビューは、機能性表示に関する第三者認証にも話が及んだ。

<第三者認証はこれからの議論>

 ――日本抗加齢医学会(または日本抗加齢医学協会)の「健康食品機能表示データブック(仮題)」(以下、データブック)は、消費者庁の新・機能性表示制度と絡むのか?

 森下 新制度への対応はするが、新制度とは絡まない。

 ――データブックを新制度でどのように利用するのか?

 森下 それはこれからの議論。企業が利用するのならば、それでよい。自分たち(企業)が、自信がないのならば使ってくださいという話である。

 ――原著論文によるシステマティック・レビューを柱とする消費者庁の新制度と、素材ごとのおおざっぱな括りとなるデータブックとでは、整合性が合わないのでは?

日本抗加齢医学会 常務理事 森下 竜一 氏 森下 できるだけ合わす努力はするが、(新制度の詳細が)決まっていないから何とも言いようがない。

 ――企業側からすると、新制度とデータブックがブリッジングできるかどうかが気になる点だが?

 森下 それは我々の仕事ではない。企業や業界団体の仕事である。データブックは、我々が評価して機能性があると考える(素材の)データ集となる。それを企業がどう使うかである。

 ――データブックをもとに、第三者認証の仕組みを考えているようだが?

 森下 そこはまだ何も決まっていない。ただ、日本抗加齢医学協会が(個々の商品を)認証することはない。(日本抗加齢医学協会がデータブックの使用権を認定団体に)提供するにとどめるかもしれないが、これからの議論であり、何も決まっていない。

 ――第三者認証を実施する場合、日本抗加齢医学協会はボランティアで行うのか、それともビジネスとして行なうのか?

 森下 何も決まっていないし、相手も決まっていない。

 ――(公財)日本健康・栄養食品協会の名前が挙がっているが?

 森下 (どうなるかは)わからない。ただ、GMPは必要であり、それ(GMP認証)を実施しているのは(日本健康・栄養食品協会を含めて)2団体しかない。

 ――なぜ、関係業界の面倒をみようとしているのか?

 森下 乗りかかった船、それだけの話である。業界が困っているから、(データブックの策定などを)行っている。(本来は)企業の責任で行えばよい話である。

(了)
【聞き手・文:木村 祐作】

 

 

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]