健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 抗加齢医学会「DB」に迫る(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月15日

抗加齢医学会「DB」に迫る(後)

 NETIB-NEWSが10日に行った日本抗加齢医学会常務理事の森下竜一氏(以下、森下)へのインタビューは、機能性表示に関する第三者認証にも話が及んだ。

<第三者認証はこれからの議論>

 ――日本抗加齢医学会(または日本抗加齢医学協会)の「健康食品機能表示データブック(仮題)」(以下、データブック)は、消費者庁の新・機能性表示制度と絡むのか?

 森下 新制度への対応はするが、新制度とは絡まない。

 ――データブックを新制度でどのように利用するのか?

 森下 それはこれからの議論。企業が利用するのならば、それでよい。自分たち(企業)が、自信がないのならば使ってくださいという話である。

 ――原著論文によるシステマティック・レビューを柱とする消費者庁の新制度と、素材ごとのおおざっぱな括りとなるデータブックとでは、整合性が合わないのでは?

日本抗加齢医学会 常務理事 森下 竜一 氏 森下 できるだけ合わす努力はするが、(新制度の詳細が)決まっていないから何とも言いようがない。

 ――企業側からすると、新制度とデータブックがブリッジングできるかどうかが気になる点だが?

 森下 それは我々の仕事ではない。企業や業界団体の仕事である。データブックは、我々が評価して機能性があると考える(素材の)データ集となる。それを企業がどう使うかである。

 ――データブックをもとに、第三者認証の仕組みを考えているようだが?

 森下 そこはまだ何も決まっていない。ただ、日本抗加齢医学協会が(個々の商品を)認証することはない。(日本抗加齢医学協会がデータブックの使用権を認定団体に)提供するにとどめるかもしれないが、これからの議論であり、何も決まっていない。

 ――第三者認証を実施する場合、日本抗加齢医学協会はボランティアで行うのか、それともビジネスとして行なうのか?

 森下 何も決まっていないし、相手も決まっていない。

 ――(公財)日本健康・栄養食品協会の名前が挙がっているが?

 森下 (どうなるかは)わからない。ただ、GMPは必要であり、それ(GMP認証)を実施しているのは(日本健康・栄養食品協会を含めて)2団体しかない。

 ――なぜ、関係業界の面倒をみようとしているのか?

 森下 乗りかかった船、それだけの話である。業界が困っているから、(データブックの策定などを)行っている。(本来は)企業の責任で行えばよい話である。

(了)
【聞き手・文:木村 祐作】

 

 

おススメ記事

2017年06月26日

蝶理、台湾の乳酸菌生産企業と提携

 蝶理(株)(本社:東京都港区、先濵一夫社長、TEL:03-5781-6407)はこのほど、台湾最大の乳酸菌生産企業のシンバイオテック(SYNBIO TECH)社と提携し、同社の持つ30種類程度の乳酸菌原料の供給を開始し […]

2017年06月26日

GNG武田代表、黒酢研究会でグルコサミンの撤回問題に言及

 第4回日本黒酢研究会(矢澤一良会長)が23日、日比谷コンベンションホール(東京都千代田区)で開催された。特別講演を含む6演題が発表された。  (株)グローバルニュートリショングループの武田猛代表は、「機能性表示食品の可 […]

ハウスウェルネスフーズ、「ウコンの力」から新商品登場

 ハウスウェルネスフーズ(株)(本社:兵庫県伊丹市、白井一夫社長、TEL:0120-80-9924)は26日、3種類のウコンエキスなどを配合した飲料『ウコンの力 レバープラス プラチナ』を発売した。  肝臓エキスはシリー […]

2017年06月26日

長岡香料、ユーカリポリフェノールの機能性を確認

 長岡香料(株)(本社:大阪市中央区、林収一社長)はこのほど、社内ボランティアによる試験で、ユーカリポリフェノール素材の機能性を確認したと発表した。同社では今回の結果を受けて、機能性表示食品に対応する原料として提案するた […]

2017年06月26日

日本雑穀アワード、第1回「業務用金賞」に9品

 (一社)日本雑穀協会は23日、「第1回業務用食品部門」の金賞授賞式を製粉会館(東京都中央区)で開催した。約40人の関係者が出席。金賞は7社の9品目が受賞した。受賞した商品については、同協会が付与する金賞マークを付けてP […]