健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 抗加齢医学会「構想」を考察(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月06日

抗加齢医学会「構想」を考察(4)

<「我田引水?」の声も>
 日本抗加齢医学会による機能性表示「データブック」作成と、その先にある日本抗加齢協会による第三者認証制度。こうした構想を打ち出し、業界団体と一緒に進めてきたのが抗加齢医学会の森下竜一常務理事だ。森下氏は、政府の規制改革会議委員でもある。昨春の規制改革会議で、機能性表示の容認を政府に要望したことで、健康食品業界では知らない人がいないほどの有名人となった。

 業界関係者のなかには、「機能性表示を勝ち取ってもらった森下さんに感謝している」と口にする人も。勝ち取ったのが森下氏かどうかの真相は、「知る人ぞ知る話」として置いておく。少なくとも政府に要望し、関係省庁と議論を戦わせたことは周知のとおり。その後、森下氏は業界団体のイベントに立て続けに招かれるなど、一躍時の人となった。

 その一方で、業界内外から「我田引水にあたらないのだろうか」の声も浮上している。某業界団体の幹部は、「森下氏は政府の規制改革会議委員でありながら、あそこまで業界に入り込んできている。自分(抗加齢医学会)たちの目指したい方向に業界を引っ張り込むのはどうか」と首を傾げる。また、流通業界の関係者は「新制度の導入にともなって、新たな利権の温床が生じないか不安」と懸念している。

 東京・霞ヶ関の政府関係者は次のように解説する。「政府の委員が(結果的に)我田引水を行なうケースであっても、だれかが全体の利益のために発言(要望)する場合は問題ない。しかし、一部の利益のためになるようなケースで国に要望し、そして実際に業界に首を突っ込むことは利益相反になるのではないか」。

 さらに、健康食品に詳しい学識経験者は、「抗加齢医学会にとってはデータブックを作るだけでもメリットがあるのではないか。業界の注目を集めることで、(いろいろな面で)協力を求めやすくなるだろう」とにらむ。もし、第三者認証制度を構築すれば、より大きな利益が期待できると予想している。

<抗加齢医学会への質問>
 NET-IBはこうした業界内外の疑問を明確にすることを目的に、森下氏に取材を申し入れたが、大会前の多忙を理由に実現していない。そこで、抗加齢医学会に対して質問を送った。

 主な質問内容は、(1)データブックと新制度は関係するのか、(2)ガイドライン作成や第三者認証制度について、「新たな利権」の可能性を懸念する声があるが、どうか、(3)「抗加齢医学会の我田引水か」との指摘もあるが、どうか――など。これらの疑問点に対する抗加齢医学会の見解を求めた。これに対し、5月20日に森下氏から、以下の返答があった。

 「機能性成分のデータブック編集は、抗加齢医学会が独自に行うものであり、消費者庁の機能性表示の新制度は、直接関係したものではありません。また、データブック編集後、どのような形で、データブックを活用するかも、まだ決まっていません。姉妹団体である抗加齢協会において、データブックの活用を検討はしておりますが、こちらもまだ具体的に決定したことはありません。したがって、現時点では、残念ながら、ご質問に直接答えるご回答をもっておりません」。

 抗加齢医学会がデータブックを作成することも、認証制度を立ち上げることも彼らの自由だ。だが、昨夏JHNFAが引き起こした業界内の混乱が、再現されつつある。抗加齢医学会の動向が注視されるなか、森下氏が会長を務める第14回日本抗加齢医学会総会が、今日から始まる。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

メディカル一光、子会社を合併

 調剤薬局や医薬品卸、介護業などを展開する(株)メディカル一光(本社:三重県津市、南野利久社長)は21日、連結子会社の(株)ヘルスケア一光と(株)ハピネライフケアを合併すると発表した。 合併期日は9月1日としている。   […]

2017年06月22日

キティー、粉末形状のビフィズス菌原料の提案開始

 (株)キティー(本社:東京都新宿区、朝木宏之社長、TEL:03-6457-7990)のバイオ事業部はこのほど、粉末形状の食品原料『ビフィスリム菌KMH001』の提案を開始した。  これはヒト由来のビフィズス菌(Bifi […]

ツルハHD、5月期は大幅増益に

 (株)ツルハホールディングス(本社:北海道札幌市、堀川政司社長)は20日、2017年5月期決算を発表した。売上高は前年比9.4%増の5,770億8,800万円、営業利益は同18.3%増の370億7,100万円、経常利益 […]

2017年06月22日

サプリメントで「タウリン」の広告はNG

 (公社)日本広告審査機構(JARO)はこのほど、最近の審査トピックスとして「タウリンを含むサプリメントの扱いは?」を取り上げた。  タウリンは「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)」のリストに記載されているため […]

愛知県、健康食品「お試し」のトラブル増加

 愛知県はこのほど、2016年度に県内の消費生活センターに寄せられた消費生活相談件数が前年比4.3%減の4万3,101件に上ったと発表した。商品別に見ると、健康食品に関する相談は1,365件で、同47.1%増となった。 […]