健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 成分等の安全性評価のフレーム示す~第2回機能性表示制度検討会(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年01月31日

成分等の安全性評価のフレーム示す~第2回機能性表示制度検討会(後)

<医薬品との相互作用も評価>
kentoukai

 相互作用の評価は、医薬品との飲み合わせによる健康被害の防止が目的。成分自体が安全であっても、相互作用によって医薬品の効果が弱まったり、逆に強まったりするケースがある。このため消費者庁の案では、(1)製品に含まれる関与成分と医薬品との相互作用の有無、(2)関与成分を複数含む場合については、関与成分間の相互作用の有無――を事業者が評価する方針が示された。

 また消費者庁は、事業者による「食経験の評価」「安全性試験データの評価」「相互作用の評価」の結果について、国民に広く情報開示する案を提示した。透明性の高い制度設計によって安全性情報を公開し、健康被害の未然防止につなげる考えだ。

 情報開示の方法は、商品の容器包装への表示と、それ以外の方法にわけて検討する。容器包装の表示項目は次のとおり。
・関与成分名
・1日摂取目安量
・1日摂取目安量あたりの関与成分の含有量
・摂取上の注意(医薬品等との飲み合わせ、過剰摂取防止のための注意喚起など)
・表示、製品の安全性ついては国による評価を受けたものではないこと
・疾病の診断・治療・予防を目的としたものではないこと
・医薬品を服用している者は医師に相談したうえで摂取すべき旨

 これらの項目に加え、錠剤・カプセルといった形状の食品については、医薬品でないことを明記させる可能性も示唆された。

<事業者の評価結果をネットで閲覧>
 事業者による安全性評価の結果を開示するという消費者庁の案に対し、多数の委員が支持に回った。津谷喜一郎委員(東京大学大学院特任教授)は、「安全性評価も機能性評価も、(根拠となる)文献をどのデータベースで、どのような検索式で調べたのか、結果も含めてすべて公表するべきだ」と述べた。合田委員も「企業が調べた内容をインターネット上で見られることが前提となる。企業がしっかりと調べたかどうかがわかることが、消費者にとって大切」とし、消費者庁の案に賛成した。

 宮島委員は企業のホームページで情報開示するケースについて、「消費者にとって読みやすい方法も議論したい」と注文をつけた。また、赤松利恵委員(お茶の水女子大学大学院准教授)は「商品ラベルやホームページは一方通行のコミュニケーション」と指摘し、別の方法も検討するよう要望した。

 1月31日の会合で示された消費者庁の案について、松澤座長は「基本的にコンセプトは了承されたと考えている。具体的な制度は消費者庁で詰めてもらう」と話した。次回会合は2月25日に開催される。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]