健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 成分等の安全性評価のフレーム示す~第2回機能性表示制度検討会(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年01月31日

成分等の安全性評価のフレーム示す~第2回機能性表示制度検討会(後)

<医薬品との相互作用も評価>
kentoukai

 相互作用の評価は、医薬品との飲み合わせによる健康被害の防止が目的。成分自体が安全であっても、相互作用によって医薬品の効果が弱まったり、逆に強まったりするケースがある。このため消費者庁の案では、(1)製品に含まれる関与成分と医薬品との相互作用の有無、(2)関与成分を複数含む場合については、関与成分間の相互作用の有無――を事業者が評価する方針が示された。

 また消費者庁は、事業者による「食経験の評価」「安全性試験データの評価」「相互作用の評価」の結果について、国民に広く情報開示する案を提示した。透明性の高い制度設計によって安全性情報を公開し、健康被害の未然防止につなげる考えだ。

 情報開示の方法は、商品の容器包装への表示と、それ以外の方法にわけて検討する。容器包装の表示項目は次のとおり。
・関与成分名
・1日摂取目安量
・1日摂取目安量あたりの関与成分の含有量
・摂取上の注意(医薬品等との飲み合わせ、過剰摂取防止のための注意喚起など)
・表示、製品の安全性ついては国による評価を受けたものではないこと
・疾病の診断・治療・予防を目的としたものではないこと
・医薬品を服用している者は医師に相談したうえで摂取すべき旨

 これらの項目に加え、錠剤・カプセルといった形状の食品については、医薬品でないことを明記させる可能性も示唆された。

<事業者の評価結果をネットで閲覧>
 事業者による安全性評価の結果を開示するという消費者庁の案に対し、多数の委員が支持に回った。津谷喜一郎委員(東京大学大学院特任教授)は、「安全性評価も機能性評価も、(根拠となる)文献をどのデータベースで、どのような検索式で調べたのか、結果も含めてすべて公表するべきだ」と述べた。合田委員も「企業が調べた内容をインターネット上で見られることが前提となる。企業がしっかりと調べたかどうかがわかることが、消費者にとって大切」とし、消費者庁の案に賛成した。

 宮島委員は企業のホームページで情報開示するケースについて、「消費者にとって読みやすい方法も議論したい」と注文をつけた。また、赤松利恵委員(お茶の水女子大学大学院准教授)は「商品ラベルやホームページは一方通行のコミュニケーション」と指摘し、別の方法も検討するよう要望した。

 1月31日の会合で示された消費者庁の案について、松澤座長は「基本的にコンセプトは了承されたと考えている。具体的な制度は消費者庁で詰めてもらう」と話した。次回会合は2月25日に開催される。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

サプライ、チューブ入り飲料を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは20日、(株)サプライ(福岡県北九州市)がチューブ入り清涼飲料水『サプライフルーツミックス』、『サプライクリームソーダ』の自主回収をこのほど開始したとする情報を掲載した。製品の1部にこげが […]

2017年07月21日

【8/19】消費者問題シンポジウムin新潟

 消費者委員会は8月19日、公開シンポジウム「これからの消費者教育を考えよう」を新潟東映ホテル(新潟市中央区)で開催する。定員は100人程度、参加費は無料。  基調講演「消費者委員会の活動と消費者教育」(消費者委員会の河 […]

2017年07月21日

伊藤園、「栄養の日・栄養週間」に参画

 (株)伊藤園(本社:東京都渋谷区、本庄大介社長)は20日、(公社)日本栄養士会が制定した「栄養の日」「栄養週間」に参画し、『1日分の野菜』で国民の栄養を楽しむ生活を応援すると発表した。  全国の約540施設で働く管理栄 […]

『I.Bヘルスケア46号』を発刊

 (株)データ・マックスはヘルスケア分野の専門誌『I.Bヘルスケア46号』(月刊・A4)を発刊する。  特別企画「アジア産素材」は、健康食品の主原料として利用されるケースが増えたアジア産素材の動向を報告。供給量が拡大中の […]

永谷園、グルコサミン入り即席みそ汁をリニューアル

 (株)永谷園(本社:東京都港区、飯塚弦二朗社長、TEL:0120-919-454)は今月下旬から、グルコサミンを配合した即席みそ汁『かにのちからみそ汁』をリニューアル発売する。焼きがにのうま味を加え、パッケージも刷新し […]