健康情報ニュース.com >  健康食品  > 悠香側「パンと石けんは同じ」~『茶のしずく』訴訟第3回弁論(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年11月15日

悠香側「パンと石けんは同じ」~『茶のしずく』訴訟第3回弁論(前)

<悠香の主張に原告が唖然>
1115_bengosi.jpg 『茶のしずく』石けん損害賠償請求訴訟の第3回口頭弁論が12日、東京地裁で開かれた。

 同訴訟では、『茶のしずく』石けんには健常者が小麦アレルギーを発症するという「欠陥」があるとして、原告118人が、石けんの製造に関係した悠香、フェニックス、片山化学工業研究所(以下、片山化学)の被告3社に対し、製造物責任法に基づき15億2,500万円の損害賠償を求めている。また、同訴訟の原告は全国で総計949人、請求額は合計約125億2,503万に上っている。11月8日現在
第3回口頭弁論では約30人の原告が傍聴した。

 第3回口頭弁論では、書面確認のほか、原告側から被告に質問する機会があったが、悠香ら被告3社の回答は、約30人が参加した原告にとって聞くに堪えない内容だった。

 弁護団が悠香側の「欠陥商品でない」とする主張の理由について質問すると、悠香の代理人は、「アレルギーは体質や遺伝の問題」「小麦を含むパンを食べてもアレルギーになる」「パンと石けんもアレルギーの元と考えれば同じ、何が違うのか」「食事からアレルギーになる原因はよくわかっていない。今回の事件も予測できるものではない」「石けんからアレルギー症状が出るというのは、今まで知られていなかったからショックや驚きが大きいだけ」「なので製造物責任法の欠陥商品にはあたらない」といった内容の回答をした。

 この代理人の信じがたい発言に、東京地裁103号法廷はざわついた。
 「何を言っているの?」――正気の沙汰とは思えないといった様子で、傍聴席の原告らは困惑の表情を浮かべる。自信満々で当たり前のように主張を述べる若い弁護士の言葉に、「使ってみてください!」と傍聴席から大きな声が上がった。ここは傍聴席から反論する場ではなく、弁護団から自制されることになったが、この言葉は30人の被害者の内なる声を代弁していた。

(つづく)
【山本 剛資】

| (中) ≫

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]