健康情報ニュース.com >  化粧品  > 企業 > 大詰めを迎えた『茶のしずく』訴訟(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月02日

大詰めを迎えた『茶のしずく』訴訟(後)

<東京地裁が7月に和解案>
 原告側の気持ちを逆なでする出来事が、5月19日に東京地裁で開かれた『茶のしずく』石けん損害賠償請求訴訟の第18回口頭弁論で起きた。悠香側の意見陳述で、悠香の代理人は鹿児島地裁で原告が和解案を受け入れたことを述べ、東京地裁でも鹿児島地裁と同様の和解案に応じないと、鹿児島地裁よりも金額が少なくなる可能性もあるという旨の発言を行ったという。

 この発言に弁護団は「今の発言は訂正すべき。弁護士法に違反するのではないか」と主張。裁判長も「鹿児島地裁と東京地裁は別」と指摘した。東京弁護団事務局長の中村弁護士は、取材に対し「(悠香側の発言は)原告が多数参加している法廷で言うべきことではない。7月に裁判所からの和解案が出されることが決まっているなかで、利益誘導につながる発言」と話している。

 鹿児島地裁での和解案は審議の経過を考慮していない内容だが、東京地裁から7月に出される和解案は、これまでの双方の主張を反映させたものになる見通しだ。この点について悠香側は、「裁判が継続中なので、質問には一切答えられない」としている。

 症状が軽い被害者の一部では小麦を含む食品を食べられるようになった人もいるが、アナフィラキシーショック症状が出た重度の被害者では、今でも小麦食品を食べると「痒みが出る」「目の周りが腫れる」など、何らかの症状が出るという。また、小麦食品だけでなく、鎮痛作用のある医薬品が摂取できないなど、日常生活に支障が出ているケースもみられる。

 多数の被害者を出した『茶のしずく』問題。時間とともに世間から忘れ去られていくなか、自主回収から約4年、集団提訴から約3年が経過し、ようやく裁判の結末が見えてきた。

(了)

【山本 剛資】

 

※詳細は6月22日発刊号のI・Bに掲載予定

 

おススメ記事

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(後)

<安全性の問題は過去の話> 【解説】  遺伝子組み換え表示制度は2001年4月に施行された。食品表示を所管していた農林水産省は1997年に、制度導入に向けて検討会を発足。当時、検討会を傍聴して感じたのは、会合を何度重ねて […]

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(前)

<来年3月めどに結論>  遺伝子組み換え食品の表示制度を見直すため、消費者庁はきょう(26日)、「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」の初会合を開き、検討作業に着手した。来年3月をめどに結論を取りまとめる。  検討会は学 […]

ディーフット、季節限定のスキンケアスプレー発売

 (株)ディーフィット(東京都新宿区、立川真由美代表)は26日、季節限定のスキンケア商品『アウトドアでも優しくお肌を守ってくれるスキンスプレー』を発売する。  ラベンダー油やユーカリ油などの天然製油を配合。蚊や虫が多く出 […]

たかくら新産業、オーガニック素材使用の犬用歯磨き粉を発売

 (株)たかくら新産業(本社:東京都港区、高倉健社長)は25日、オーガニック素材を用いた犬用の歯磨き粉『オーガニック ホワイトニング トゥースペースト ピーチ味』を発売した。  同品はアロエベラの液汁をベースに、オリーブ […]

2017年04月26日

キューサイ、機能性表示食品『ハツラツQ10』を発売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は5月1日、機能性表示食品のサプリメント『ハツラツQ10』(460mg×30粒)を発売する。  関与成分は還元型コエンザイムQ10。「 […]