健康情報ニュース.com >  化粧品  > 企業 > 大詰めを迎えた『茶のしずく』訴訟(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月29日

大詰めを迎えた『茶のしずく』訴訟(前)

<鹿児島地裁の和解案、16人が受け入れ>
 2012年4月の集団提訴から3年が経過し、全国25の地裁で行われている『茶のしずく』石けん損害賠償請求訴訟が大詰めを迎えている。(株)悠香が販売する旧『茶のしずく』石けんを使用して小麦アレルギーを発症した原告が、販売会社の悠香、製造会社の(株)フェニックス、原料会社の(株)片山化学工業研究所の3社を相手取り、製造物責任法に基づく損害賠償を求めている。原告は合計すると1,000人を超え、損害賠償請求額は総額約140億円以上に上る。

 裁判が先行している東京地裁では、責任論と損害論に分けて18回にわたり審理が進められてきた。双方の主張が出尽くし、7月に裁判所からの和解案が提示される。現在は1人ひとりの症状ごとに和解金額を算出する個別立証の段階に入っている。また、鹿児島地裁では、昨秋に審議の途中で裁判所から和解案が提示された。その後、金額などの折衝を経て、4月には原告36人のうち16人が和解案を受け入れた。

 ただ、鹿児島地裁の和解案は、これまで進めてきた責任論・損害論の審理の結果を反映させた内容でなく、裁判所が早期解決のために提案したものだ。3社のうち、片山化学工業研究所は和解案を受け入れず、悠香とフェニックスが和解に応じた。和解金額は症状によって1人あたり約120万円~150万円。和解金は悠香が約60%、フェニックスが約40%を負担した。

 この結果について鹿児島弁護団は、「和解金額は不十分で、納得した人は1人もいない。ただ、裁判がストレスになっている人もいて、これ以上裁判を続けたくない人は和解に応じた」としている。同裁判の原告1人あたりの請求額は、アナフィラキシーショック症状が出た人が1,500万円、アナフィラキシーショックに至っていない人が1,000万円だった。鹿児島地裁での和解金は請求額の10分の1程度の金額となり、東京弁護団や東京の原告らも強い不満を示している。

(つづく)

【山本 剛資】

 

※詳細は6月22日発刊号のI・Bに掲載予定

| (後) ≫

*記事へのご意見はこちら

おススメ記事

カリーナ、アレルギー表示欠落でカレー商品を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは18日、(株)カリーナ(仙台市青葉区)による『杜王町カレー』の自主回収情報を掲載した。「小麦」・「乳」・「エビ」のアレルギー表示の欠落が原因。これらの食物アレルギーを持つ人は摂取しないよう […]

2017年08月18日

マリーンバイオ、沖縄産植物素材の引き合いが増加

 マリーンバイオ(株)(本社:東京都千代田区、染谷浩社長)では、沖縄産植物素材を供給している。供給開始から2年目に入り、作り手の顔が見えて安心で使いやすい素材として認知度が上昇。顧客から高い評価を得て、順調に推移している […]

常盤薬品工業、プラセンタ配合の飲料を発売

 常盤薬品工業(株)(本社:東京都港区、中野正隆社長、TEL:0120-875-710)は9月4日、プラセンタなどを配合した飲料『ビューパワー プランセンタ・コラーゲン<ドリンク>』を新発売する。  プラセンタとコラーゲ […]

2017年08月18日

種商、「国産雑穀各種」の供給量が前年比120%に

 (株)種商(本社:佐賀県鳥栖市、諸冨和馬社長)は、「国産雑穀各種」年間供給量が1,000トンに達し、前年比120%と伸びている。  同社は、もちきびやアマランスなどの希少な雑穀原料を配合した「国産雑穀各種」、国産雑穀1 […]

慶応大、リンの代謝が寿命を制御

 慶應義塾大学医学部先進運動器疾患治療学寄付講座・特任准教授の宮本健史氏らの研究グループは17日、食事で摂取されるリンの代謝が寿命を制御することを突き止めたと発表した。同研究は、JSPS科研費や(国研)日本医療研究開発機 […]