健康情報ニュース.com >  化粧品  > 企業 > 大詰めを迎えた『茶のしずく』訴訟(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月29日

大詰めを迎えた『茶のしずく』訴訟(前)

<鹿児島地裁の和解案、16人が受け入れ>
 2012年4月の集団提訴から3年が経過し、全国25の地裁で行われている『茶のしずく』石けん損害賠償請求訴訟が大詰めを迎えている。(株)悠香が販売する旧『茶のしずく』石けんを使用して小麦アレルギーを発症した原告が、販売会社の悠香、製造会社の(株)フェニックス、原料会社の(株)片山化学工業研究所の3社を相手取り、製造物責任法に基づく損害賠償を求めている。原告は合計すると1,000人を超え、損害賠償請求額は総額約140億円以上に上る。

 裁判が先行している東京地裁では、責任論と損害論に分けて18回にわたり審理が進められてきた。双方の主張が出尽くし、7月に裁判所からの和解案が提示される。現在は1人ひとりの症状ごとに和解金額を算出する個別立証の段階に入っている。また、鹿児島地裁では、昨秋に審議の途中で裁判所から和解案が提示された。その後、金額などの折衝を経て、4月には原告36人のうち16人が和解案を受け入れた。

 ただ、鹿児島地裁の和解案は、これまで進めてきた責任論・損害論の審理の結果を反映させた内容でなく、裁判所が早期解決のために提案したものだ。3社のうち、片山化学工業研究所は和解案を受け入れず、悠香とフェニックスが和解に応じた。和解金額は症状によって1人あたり約120万円~150万円。和解金は悠香が約60%、フェニックスが約40%を負担した。

 この結果について鹿児島弁護団は、「和解金額は不十分で、納得した人は1人もいない。ただ、裁判がストレスになっている人もいて、これ以上裁判を続けたくない人は和解に応じた」としている。同裁判の原告1人あたりの請求額は、アナフィラキシーショック症状が出た人が1,500万円、アナフィラキシーショックに至っていない人が1,000万円だった。鹿児島地裁での和解金は請求額の10分の1程度の金額となり、東京弁護団や東京の原告らも強い不満を示している。

(つづく)

【山本 剛資】

 

※詳細は6月22日発刊号のI・Bに掲載予定

| (後) ≫

*記事へのご意見はこちら

おススメ記事

2017年05月25日

キューサイ、新体制で巻き返せるか!?(後)

<行政は悪質性を問題視>  日本サプリメントが「終売」と発表したにも関わらず、消費者庁が許可を取り消したのはなぜか。2月14日の景表法に基づく措置命令について、消費者庁は「ペプチドシリーズ5商品の各商品については、遅くと […]

コスモス薬品、新社長に柴田氏

 (株)コスモス薬品(本社:福岡市博多区)はこのほど、取締役経営企画部長の柴田太氏が8月25日付で代表取締役社長に就任すると発表した。創業者で現社長の宇野正晃氏は代表権のある会長に就く。  柴田氏は1971年生まれの45 […]

2017年05月25日

機能性表示食品の「販売開始日」を調査へ

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は24日、消費者庁の依頼を受けて、機能性表示食品の販売開始日に関する調査を実施すると発表した。6月30日までに調査結果を取りまとめ、消費者庁に報告する。  調査は、届出が受理 […]

2017年05月25日

龍泉堂、オオバンガジュツ由来原料を上市

 (株)龍泉堂(本社:東京都豊島区、塩島由晃社長)はこのほど、オオバンガジュツの根から通出した新原料『PandoraBeauty』の供給を開始した。  オオバンガジュツはショウガ科の植物で、主にインドネシアなど東南アジア […]

2017年05月25日

トクホの自主回収問題、「検査機関の質、バリデーションの問題も」

【寄稿】  (株)佐藤園と大正製薬(株)による特定保健用食品(トクホ)の自主回収の問題について、関西福祉科学大学の竹田竜嗣講師から寄せられた見解を紹介する。    「特定保健用食品(規格基準型)制度における規格 […]