健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 行政・政治 > 動き出した新たな商標(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動き出した新たな商標(1)

 改正商標法が今年4月1日からスタートし、これまで権利の保護が難しかった「色彩」「音」「動き」などを商標として登録することができるようになった。今回、新たな商標権が導入された背景とは何か。また、企業が新たな商標を登録するメリットやデメリット、活用方法などについてレポートする。

<新商標とは?何が変わったのか>
 知的財産権の1つである商標権は、自己の商品・サービスと他人の商品・サービスを区別できること、他人の登録商標に類似していないことを要件に、審査を経て登録することができる。従来、その対象は「文字」「図形」「記号」「立体形状」のような形のあるものに限られてきた。

sinsyouhyoukenn.jpg
 今回、新たな商標が追加された背景について、TMI総合法律事務所の弁理士で商標に詳しい石田昌彦氏に聞いた。石田氏は、デジタル技術の進歩や販売戦略の多様化にともない、テレビCMやインターネット広告で「音」や「動き」などの活用が増えているという実情や、海外でも音や動き、色彩のような商標が保護される傾向が強まっていることを挙げる。

 今春から新たに登録できるようになったのは、「動き」「ホログラム」「色彩」「音」「位置」の5つのタイプ。まず、それぞれの商標について説明する。
特許庁によると、「動き商標」とは、文字や図形などが時間の経過にともなって変化する商標をいう。テレビやコンピューター画面などに映し出される変化する文字や図形などが該当する。

 「ホログラム商標」とは、文字や図形などがホログラフィーやその他の方法によって変化する商標で、例えば、見る角度によって変化して見える文字や図形などを指す。「色彩のみからなる商標」とは、単色または複数の色彩の組み合わせから成る商標で、これまでの図形などと色彩が結合したものではない。例えば、商品の包装紙や広告用の看板に使用される色彩などが該当する。

 「音商標」とは、音楽・音声・自然音などから成る商標であり、聴覚で認識されるものをいう。例えば、CMなどに使われるサウンドロゴやパソコンの起動音などがある。また「位置商標」とは、文字や図形の標章を商品などに付す位置が特定される商標である。

 現在の出願件数は1,039件(10月23日現在)に上る。内訳は、「色彩」423件、「音」321件、「位置」214件、「動き」70件、「ホログラム」11件となっている。

 次回から、どのような企業がどのような種類の商標を出願しているのか。また、そのメリットや狙いなどをみていく。

(つづく)

【大原 典子】

 

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]