健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 健康食品の新表示制度は企業・団体の自己責任へ~消費者庁が検討
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年06月21日

健康食品の新表示制度は企業・団体の自己責任へ~消費者庁が検討

 いわゆる健康食品の新たな機能性表示制度について、事業者が自己責任によって機能性を評価・表示する制度を導入する方向で、消費者庁が検討に入ったことが20日わかった。商品に「国が認めた表示でない」などと表示させる考えだ。国がお墨つきを与えるかたちの第三者認証制度は見送る方針としている。

 国が直接的にも間接的にも機能性表示を認める制度ではなく、企業や団体が自己責任のもと、実施する仕組みを検討中。消費者庁では「完全な自己責任となる」と説明している。商品パッケージに「この表示は国が認めたものではありません」などの記載を義務づける考え。ただし、具体的な表示方法や対象成分、機能性を評価する際の科学的根拠などについては、国がガイドラインを策定して示す。

 表示できる内容は、人体の構造・機能への影響に関する表示が中心となる。疾病リスク低減といったヘルスクレーム(健康強調表示)は対象外とする方向にある。米国のダイエタリーサプリメント制度に近いスキームとしている。また、米国の同制度については、消費者の誤認を招く部分があると指摘されるため、そのまま導入する考えはないようだ。
 
 6月14日に閣議決定された「日本再興戦略」「規制改革実施計画」に、いわゆる健康食品の機能性表示ができる仕組みの検討が盛り込まれた。これを受けて、消費者庁は新制度のスキームを模索してきた。選択肢として、米国のダイエタリーサプリメント制度を参考に制度設計する案や、トクホ制度のように国が直接管理する仕組みを整備する案などが挙がったという。しかし、マンパワーの面で、トクホのような仕組みは困難と判断。海外諸国の先進事例に、米国やEUの制度があるが、世界でもっとも規制が緩い制度を参考にするよう求められたことから、米国の制度を踏襲することとなった。

 一方、日本健康・栄養食品協会(JHNFA)が要望した、国が第三者認証機関を認定する仕組みについては見送る。「どの団体、どの企業にも関与しない」方針という。

【木村 祐作】

 

 

おススメ記事

日本の伝統的食事ではなく、「欧米型」などで死亡リスク低下

<コーヒーや乳製品などの効果もリスク低下の要因>  (国研)国立がん研究センターの研究グループがこのほど公表した調査結果から、日本の伝統的な食事と、ガン・循環器疾患などによる死亡リスクに関連性がないことがわかった。一方、 […]

2017年05月26日

【6/24】公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」

 消費者委員会は6月24日、公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」を岩手県自治会館(岩手県盛岡市)で開催する。  基調講演は、消費者委員会委員長の河上正二氏による「消費者委員会の活動と食品表示のあり方」。 […]

QOLサポート研究会、「心の測定」をテーマに講演

 NPO法人QOLサポート研究会(松本高明理事長)は25日、「心と脳を科学する」をテーマに、第12回講演会をミューザ川崎(神奈川県川崎市)で開催した。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チーム […]

2017年05月26日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを都内で開催

 アマニフォーラム実行委員会は25日、「第1回アマニフォーラム セミナー」を都内で開催した。スペシャルゲストとして招かれた「モンサンクレール(東京・自由が丘)」のオーナーパティシエである辻口博啓氏は、アマニを使ったスイー […]

2017年05月26日

第4回クリルオイル研究会、森下竜一氏が講演

 クリルオイル研究会(矢澤一良会長)は25日、東京ビックサイト(東京都江東区)で第4回クリルオイル研究会を開催した。関係者70人が参加した。  大阪大学大学院教授の森下竜一氏は、23日に規制改革推進会議が安倍首相に提出し […]