健康情報ニュース.com >  健康食品  > 健康食品のここが知りたい!(43)~ウェブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年02月06日

健康食品のここが知りたい!(43)~ウェブ広告

アンダス(株) WEBマーケティング事業部
SEMユニットリーダー 平野 裕亮 氏

 

健康食品を購入するとき、また情報収集するときに重要なツールとなるインターネット。今では様々な広告があり、情報があふれている状態だ。ネットから購入するときに表示される広告の現状や、消費者が注意すべきポイントについて、ウェブ専門の広告代理店であるアンダス(株)WEBマーケティング事業部 SEMユニットリーダーの平野裕亮氏に話を聞いた。

hirano 「ウェブ広告は1996年、ヤフーのバナー広告からスタートしました。広告としては19年の歴史しかないですが、急速に拡大した業界と言えるでしょう。ウェブ広告は、ウェブサイト上に誰でも簡単に広告枠を設置することができます。たとえば、個人で簡単なブログを書き、そこに広告枠を設置すれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎができます。そうした背景から広告枠を設置する人が急増し、ウェブ全体としてどこでも広告を見るような形になっていきました」

 青汁の通販サイトを閲覧した後、他のサイトを閲覧しているときに、青汁の広告ばかり表示されるという経験はないだろうか?

 「1度そのウェブサイトを訪問することで履歴が残ります。その履歴から、商品に興味をもつ見込み客として、”あの時見ていた青汁、もう1度検討しませんか?”と再度案内が表示される仕組みです。ウェブ広告では、”個人それぞれに合った広告”という表現をします。リアル店舗で考えれば、店員に服のコーディネートを提案されることと似たようなもの。ウェブの閲覧履歴から、その人にとって興味がありそうなものを判断して広告が表示されます」

 「ここ1、2年は、記事広告が非常に増えています。記事の形であるが、よく読めば商品のPRというパターンで、一見すると広告とは思えないものです。ウェブ広告業界は変化が速く、消費者の情報リテラシーが上がれば、それを超えるよう、より見てもらえるような広告が出てきます。そのため広告らしくない広告もたくさんあります。”もしかしたら広告かもしれない”という認識を持つと、情報の取捨選択に役立つと思います。消費者の判断力が問われますが、なんでも鵜呑みにしないことが大事です」

おススメ記事

香港衛生署、痩身効果をうたった4商品で注意喚起

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は16日、香港衛生署が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起を行ったことをホームページ上で公表した。  『CA NI CAP Arm Slim』、『7 Days Slim hip & […]

明治、家庭用マーガリンで「部分水素添加油脂」不使用へ

 (株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長、TEL:0120-370-369)は3月1日、家庭用マーガリン10商品に「部分水素添加油脂の不使用」、「トランス脂肪酸の低減」を訴求するロゴをパッケージに付け、リニューアル […]

2018年02月19日

健康食品の広告問題、「L-92乳酸菌」の広告を問う(前)

 健康情報ニュースは昨年11月に「健康食品の広告問題、『業界紙』の広告を問う」、今年1月にはその続編を報じ、業界紙が掲載する原料広告の違法性を指摘した。その最中、今度は全国紙に掲載された乳酸菌の広告をめぐる問題が持ち上が […]

2018年02月19日

【3/7・16】特別用途食品制度に関する説明会

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は3月7日(大阪)と16日(東京)、事業者を対象に「特別用途食品制度に関する説明会」を開催する。定員は東京会場100人、大阪会場50人。受講料は協会会員と食品保健指導士(更新 […]

2018年02月19日

JHNFA、GMPで1製造所を認定

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は16日、7日付で日健栄協GMP適合認定工場として1製造所を認定したと発表した。認定工場は合計136件となった。  認定されたのは、富士宮通運(株)南陵本社工場(静岡県富士宮 […]