健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 一般消費者に聞く「機能性表示食品」(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月28日

一般消費者に聞く「機能性表示食品」(後)

<何に対する調査なのかがわかりやすいと、全体を理解できる>
 ――「研究レビュー」「プラセボ」などの用語の意味を理解できましたか?

syuusei futari Bさん レビューという言葉は耳にしますが、よくわかりません。また、プラセボという用語がよくわからなかったです。「プラセボ対照無作為化コントロール試験」という言葉が出てきますが、プラセボという商品があると思って、その商品と比べてルテインが良いと理解したのですが、そうではなかったのですか。そもそも、そこからして理解できていなかったわけですね。

 Cさん それぞれの専門用語に注釈を付けるとよいのではないでしょうか。

 Bさん 「プラセボ」「加齢黄斑変性」「研究レビュー」といった用語の意味を理解できてはじめて、読むことが可能となるので、それらの用語の説明がない限り、最後まで間違った解釈のまま読んでしまうことになります。

 ――次は、別の機能性表示食品の「一般消費者向け情報」を読んでください。この商品もルテインなどを関与成分とし、目の健康を訴求したサプリメントです。

 Aさん 先ほどの一般消費者向け情報と比べると、わかりやすいと感じました。だから、商品を試してみようという気になりますね。ただ、良くないことかどうかわかりませんが、先ほどの届出情報は研究文献が5つありましたが、今回の商品は1つしかありません。企業で研究して商品を開発するものだと思っていましたが、研究論文を集めて評価しているのですね。ただし、こちらの方は文章がわかりやすかったです。専門用語が少なく、文章が単純明快だったからだと思います。

 Bさん 私も同じで、こちらの方が、先ほどの商品と比べて文章の内容がわかりやすかったと思います。難しい専門用語が少なくて、聞きなれた言葉が多かったようです。表題の「こういうことを調べます」という内容もわかりやすかったので、何のための研究なのかが理解しやすかったです。先ほどの企業の文章と比べて、用語が難しくなかったので理解しやすかったですね。研究文献の数は1つと少ないけれど、収集したうえで、これしかなかったというのならば信用できると思います。
syuusei asan Cさん すごくわかりやすかったです。まず、「表題」「目的」「背景」の説明からして、何に対して調査するのかがわかりやすいので、全体を理解できました。先ほどの一般消費者向け情報と比べると、やはり専門用語の数が少なかったと思います。専門用語がたくさん出てくると、私もそうですが、一般消費者は拒否反応を起こしてしまうのではないでしょうか。専門用語でなく、明確な用語ならば、すっと入っていくことができます。商品選択としても役立つと思いますよ。

(了)
※詳細は10月30日発刊のI.Bヘルスケア秋季増刊号に掲載予定。

おススメ記事

メディカル一光、子会社を合併

 調剤薬局や医薬品卸、介護業などを展開する(株)メディカル一光(本社:三重県津市、南野利久社長)は21日、連結子会社の(株)ヘルスケア一光と(株)ハピネライフケアを合併すると発表した。 合併期日は9月1日としている。   […]

2017年06月22日

キティー、粉末形状のビフィズス菌原料の提案開始

 (株)キティー(本社:東京都新宿区、朝木宏之社長、TEL:03-6457-7990)のバイオ事業部はこのほど、粉末形状の食品原料『ビフィスリム菌KMH001』の提案を開始した。  これはヒト由来のビフィズス菌(Bifi […]

ツルハHD、5月期は大幅増益に

 (株)ツルハホールディングス(本社:北海道札幌市、堀川政司社長)は20日、2017年5月期決算を発表した。売上高は前年比9.4%増の5,770億8,800万円、営業利益は同18.3%増の370億7,100万円、経常利益 […]

2017年06月22日

サプリメントで「タウリン」の広告はNG

 (公社)日本広告審査機構(JARO)はこのほど、最近の審査トピックスとして「タウリンを含むサプリメントの扱いは?」を取り上げた。  タウリンは「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)」のリストに記載されているため […]

愛知県、健康食品「お試し」のトラブル増加

 愛知県はこのほど、2016年度に県内の消費生活センターに寄せられた消費生活相談件数が前年比4.3%減の4万3,101件に上ったと発表した。商品別に見ると、健康食品に関する相談は1,365件で、同47.1%増となった。 […]