健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 一般消費者に聞く「機能性表示食品」(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月24日

一般消費者に聞く「機能性表示食品」(前)

 機能性表示食品制度で企業が消費者庁に届け出る資料のうち、もっとも重要とされているのが「一般消費者向け情報」。しかし、公開された届出情報を見る限り、一般消費者が理解できると言い難いものが多い。埼玉県在住の30~40代の主婦3人に集まってもらい、機能性表示食品制度に対する感想を聞いた。(司会:(株)データ・マックス ヘルスケア事業部 編集長 木村 祐作)

<難解な一般消費者向け情報、「商品選択できない」>
 ――消費者庁への届出資料のなかで、もっとも重要とされているのが「一般消費者向け」情報です。まずは、実際に届け出された一般消費者向け情報を読んでください。ある大手食品企業が、目の健康をサポートするサプリメント商品について届け出た資料ですが、どの程度理解できましたか。

syuusei futari Aさん 正直言って、あまりよく理解できませんでした。ただ、何となく目に良さそうだなという感じを受けました。目に関する試験結果について書かれていることはわかりました。しかし、「加齢黄斑変性」という言葉は聞いたことはありますが、意味がよくわかりません。でも、目の健康に何となく良いということはわかります。わかりにくい理由として、専門用語が多いのかなという感じがします。一般消費者が読むには難しい用語が多過ぎます。

 ――どのように工夫して一般消費者向け情報をまとめれば、消費者の商品選択に役立ちそうですか。

 Aさん そうですね。やはり、一般消費者が読むのであれば、もう少しわかりやすい用語を用いて表現するとか、ひと言でよいので、わかりやすい用語を用いて説明したうえで、その後に専門用語を用いるとか。私はこの届出情報では商品を選択できないので、買うかどうかはわかりません。消費者に理解してもらい、購買の動機とするためには、もうひと押しかなと感じました。

 Bさん 何となくというか、目の健康に良いのだろうなという感じは受けました。私も専門用語が多いので、理解しにくかったです。「黄斑色素」という言葉自体、私にはわからないので、その時点で引いてしまいます。きっと、研究文献に書かれているような用語をそのまま抜き出しているので、消費者にとって聞きなれない言葉が多くなってしまうのでしょうか。商品選択という点では、書かれている内容がわかりにくいので、この一般消費者向け情報を読んだだけでは、消費者はなかなか商品に手を出さないでしょう。しかし、私の義母などは目の調子が良くないので、自分が読んで伝えてあげたいと思います。とくに商品を必要とする年配層が、読んでもわからないのではないかという感じがします。商品をもっとも必要としている世代にとって、わかりにくい文章となっているのではないでしょうか。
syuusei asan Cさん まったく同感ですね。読んでみて、最初は専門家に読ませるものと勘違いしてしまいました。でも、「一般消費者向け」と書かれていて、そうでないとわかりました。正直に言って、理解しようと努力しましたが、書かれている内容についてはわかりませんでした。一般消費者が読んで、さくっと耳に入ってこないと、購買意欲は湧かないでしょう。そういう意味で、この届出企業が書いた一般消費者向け情報は、商品選択に役立たないと感じます。

(つづく)
※詳細は10月30日発刊のI.Bヘルスケア秋季増刊号に掲載予定。

おススメ記事

昨年度のネット監視、健康食品表示で336業者に改善要請~消費者庁

 消費者庁はきょう(28日)、2016年度に実施したインターネット上の健康食品表示の監視により、合計336事業者に対して表示の改善を要請したと発表した。ショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化を要請した。   […]

高橋貞光の通販講座第3弾、大阪で開催

 (株)データ・マックスはきょう(28日)、通信販売事業者を対象としたセミナー「成功する通信販売のつくり方」を大阪市内で開催した。通販企業や通販事業の立ち上げ、事業の刷新を考えている川上の事業者などが参加した。  講師を […]

日新製糖、ガラクトオリゴ糖配合商品を発売

 日新製糖(株)(本社:東京都中央区、樋口洋一社長)はこのほど、ガラクトオリゴ糖を主成分とする食品用糖質「カップオリゴ」を配合した液体タイプの『カップオリゴ(500g)』、打錠タイプの『ガラクトオリゴ糖錠剤(270粒)』 […]

ドーム、ホエイプロテインの新商品を発売

 (株)ドーム(本社:東京都江東区、安田秀一代表社長、TEL:0120-106-786)は5月9日、スポーツサプリメントブランドDNSから個包装タイプの『ホエイプロテインSP シングルパック』を発売する。  『――シング […]

カワチ薬品、17年3月期 前期比77%増の大幅増益に

 (株)カワチ薬品(本社:栃木県小山市、河内伸二社長)はこのほど、2017年3月期業績を発表した。売上高は前年比2.2%増の2,664億2,300万円、営業利益は同22.9%増の57億2,300万円、経常利益は同20.2 […]