健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 学術 > ユニバーサルデザインフード市場が160億円超
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニバーサルデザインフード市場が160億円超

 日本介護食品協議会(所在地:東京都千代田区、森佳光会長)はこのほど、14年度「ユニバーサルデザインフード(UDF)」生産統計の集計結果を発表した。昨年度の生産量は1万3,912トン(前年比119%)、生産金額は165億300万円(122.4%)と大きく伸びた。UDF製品の登録数は1,524品目を数え、前年比324品目の増加となった。

 UDFとは同協議会が制定した規格で、「かたさ」や「粘度」により分類された1~4の区分と、とろみ調整について表示している。パッケージには必ずUDFのマークが記載される。

 区分別で見ると、区分1「容易にかめる」は生産数量2,865トン(136%)で生産金額23億9,800万円(129.3%)、区分2「歯ぐきでつぶせる」は1,413トン(119.8%)で13億円(124%)にそれぞれ増加。区分3「舌でつぶせる」は5,476トン(109.2%)で56億8,900万円(109.3%)、区分4「かまなくてよい」は1,954トン(106.0%)で16億5,100万円(105.5%)となった。

 区分1は、業務用として病院や施設などでの需要が高いとみられる。区分3は、物性特性として調理にスキルや手間が要求されることから、常に均一な物性で安定供給できる加工食品の需要が高い。また、とろみ調整食品については、飲料に加える利用方法のほか、きざみ食に利用されるなど家庭や病院・施設での利用頻度が高い傾向にある。

 タイプ別で見ると、粉末製品を含む「乾燥タイプ」は生産量2,134トン(133.3%)、生産金額53億5,700万円(136.5%)と大きく伸びた。主に施設や病院ルートで利用される「冷凍タイプ」は5,725トン(126.6%)、56億6,200万円(121.7%)。レトルトパウチ製品やカップゼリー製品が多い「常温タイプ」は6,054トン(108.8%)、54億8,400万円(111.8%)となった。

おススメ記事

農水省、食品安全専門の「人材教育コース」検討へ

 農林水産省は20日、食品衛生法の改正によるHACCP制度化や国際競争力の強化に対応するため、「産学官連携による食品安全専門人材育成研究会」を立ち上げて、食品安全管理を専門とする人材の教育コースを検討すると発表した。   […]

公取、紅屋商事に勧告

 公正取引委員会は20日、食品・日用品小売業の紅屋商事(株)(青森市新町、秦勝重代表)に対し、消費税転嫁対策特別措置法に基づく勧告を行ったと発表した。  同社は2014年4月1日以降、今年3月分まで、食品や日用品を納入業 […]

消費者庁長官、ビワ種子の健康茶を引き続き注視

 ビワの種子を使った健康茶や健康食品について、消費者庁の岡村和美長官は20日の定例記者会見で、「現時点で重大事故の報告はないが、引き続き事故情報の収集を行う」と述べた。  (独)国民生活センターが14日に、ビワの種子を含 […]

日清オイリオグループ、鮮度のオイルシリーズ『スヌーピーボトル』発売

 日清オイリオグループ(株)(東京都中央区、久野貴久社長)は7月1日、「鮮度のオイルシリーズ」のラベルにスヌーピーのイラストを施した『スヌーピーボトル』を発売する。  同シリーズには、『日清アマニ油145gフレッシュキー […]

2018年06月20日

美容で「ナッツ類・ドライフルーツ」が人気

 挙式の経験がある、または予定している20~30代女性では、美容のために「ナッツ類・ドライフルーツ」を食べる人が多いことが、ワタベウェディング(株)(京都市下京区、花房伸晃代表)の調査で浮かび上がった。  調査は今年5月 […]