健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 学術 > スマイルケア食で「えん下困難者用食品を条件に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマイルケア食で「えん下困難者用食品を条件に」

kawaguti 特別用途食品の活用に関する研究会(特活研)の川口晋代表幹事は21日、都内で開催された日本健康科学学会学術大会で、「特別用途食品の現状と未来」をテーマに講演し、スマイルケア食の選び方にある7カテゴリー中のペースト状食品・ムース状食品・ゼリー状食品について、「特別用途食品のえん下困難者用食品を必要十分条件とすることを農林水産省に要望している」と説明した。

 川口氏によると、医療用途食品の市場が拡大しているが、病者向け食品として表示が認められている特別用途食品の許可件数は57品目にとどまる。今後、高齢者ケアは在宅へ移行していくが、特別用途食品のアイテム数が1,000品目まで増えれば、ドラッグストアやスーパーなどの流通現場でも棚取りができるようになり、消費者が購入しやすい環境が整備され、さらに医療従事者にとっても在宅患者に指導しやすい環境が整うと予想した。「特別用途食品の認知度向上と普及拡大のために、所属する大手企業にはけん引役を担ってほしい」と呼びかけた。
fyhutani.jpg
 また、「咀しゃく・えん下障害と食事」と題して、国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院リハビリテーション科医長の藤谷順子氏が講演。高齢者の低下したえん下機能に対する、異なる食品形態での訓練について報告した。えん下のリハビリに適した食品は、誤嚥しにくい食べ物で、えん下しやすく、おいしいものであると指摘した。

 このほか、「『新しい介護食品(スマイルケア食)』の取り組みについて」をテーマに、農林水産省の矢花渉史氏が講演した。

【越中 矢住子】

 

おススメ記事

データ・マックス、原料広告問題で取材報告会を開催

 (株)データ・マックスは23日、I.B会員限定の取材報告会「健康食品の原料広告の問題を追う!」を東京支店セミナールーム(東京都港区)で開催した。  同社ヘルスケア事業部の木村祐作編集長は、健康食品の業界紙に掲載される原 […]

ヤクルト本社、『ジョア 旬のピーチ』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長、TEL:0120-11-8960)は5月21日、期間限定で『ジョア 旬のピーチ』(125ml)を発売する。ヤクルトレディによる訪問販売と、スーパーマーケットやコンビニ […]

2018年04月24日

高濃度酸素水『WOX』、仙台ロフトでアピール

 メディサイエンス・エスポア(株)(本社:川崎市幸区、松本高明社長)はこのほど、仙台ロフト(仙台市青葉区)で高濃度酸素水『WOX』の販売イベントを開催した。オリンピック金メダリストの羽生結弦氏の凱旋パレードが行われた関係 […]

新・大手食品営業マンの告白~カバちゃん伝説(4)

山笠太郎 <コンサルタントになったカバちゃん>  さて、後先何も考えず、「電撃的に」会社を辞めたカバちゃんはその後どうしたのか。既に代表取締役副社長にまで上り詰めていた□□グループ五木副社長の威光もあってか、□□グループ […]

アサヒ飲料、カフェイン・脂肪ゼロのラテ発売

 アサヒ飲料(株)(本社:東京都墨田区、岸上克彦社長、TEL:0120-328-124)は5月8日、清涼飲料水『アサヒ クリアラテfromおいしい水』(600ml)を新発売する。  低カロリー、カフェインゼロ、脂肪ゼロに […]