健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 学術 > スマイルケア食で「えん下困難者用食品を条件に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマイルケア食で「えん下困難者用食品を条件に」

kawaguti 特別用途食品の活用に関する研究会(特活研)の川口晋代表幹事は21日、都内で開催された日本健康科学学会学術大会で、「特別用途食品の現状と未来」をテーマに講演し、スマイルケア食の選び方にある7カテゴリー中のペースト状食品・ムース状食品・ゼリー状食品について、「特別用途食品のえん下困難者用食品を必要十分条件とすることを農林水産省に要望している」と説明した。

 川口氏によると、医療用途食品の市場が拡大しているが、病者向け食品として表示が認められている特別用途食品の許可件数は57品目にとどまる。今後、高齢者ケアは在宅へ移行していくが、特別用途食品のアイテム数が1,000品目まで増えれば、ドラッグストアやスーパーなどの流通現場でも棚取りができるようになり、消費者が購入しやすい環境が整備され、さらに医療従事者にとっても在宅患者に指導しやすい環境が整うと予想した。「特別用途食品の認知度向上と普及拡大のために、所属する大手企業にはけん引役を担ってほしい」と呼びかけた。
fyhutani.jpg
 また、「咀しゃく・えん下障害と食事」と題して、国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院リハビリテーション科医長の藤谷順子氏が講演。高齢者の低下したえん下機能に対する、異なる食品形態での訓練について報告した。えん下のリハビリに適した食品は、誤嚥しにくい食べ物で、えん下しやすく、おいしいものであると指摘した。

 このほか、「『新しい介護食品(スマイルケア食)』の取り組みについて」をテーマに、農林水産省の矢花渉史氏が講演した。

【越中 矢住子】

 

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]