健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > システマティック・レビューを知る(6)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月31日

システマティック・レビューを知る(6)

(有)健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一 氏

 

<PRISMA声明やコクランレビューハンドブックへの準拠>

 「システマティック・レビューはたいへんだ」という情報が独り歩きしている。しかし、新たにRCTを実施するためにかかる数千万円ともいわれる費用を考えると、大幅に割安となる。なぜならシステマティック・レビューでは、RCTのように多数の被験者への報酬や臨床検査のための多額の費用が発生しないからだ。

 システマティック・レビューとは、これまで述べてきたように、国内外の学術論文をパソコンなどによって検索・収集し、決められた手法によって総合的に評価する手法。つまり100%作業のみとなる。だから、企業内に経験豊かな研究者がいれば、1企業でも十分に対応できる。しかし、一般的には外部に委託するケースも予想される。

 今後は様々な研究機関が、システマティック・レビューを受託する事業に乗り出すのではないかと思われる。その際、研究に携わるメンバー・機関が研究テーマに関して利益相反のないことが、結果の公平性・客観性を確保するために重要となる。

 新・機能性表示制度の検討会報告書(案)では、システマティック・レビューの実施者を定めないとしている。ただし、実証責任は、表示しようとする最終製品の事業者が負うこととなり、結果の客観性や透明性も含めて事業者が担保しなければならない。
 同じような研究内容を対象としたシステマティック・レビューであっても、コクラン共同計画によるものと、製薬企業によるものの「質」を評価した場合、企業スポンサーによるシステマティック・レビューは方法論が明らかでない部分が多く、扱っている薬剤に対して好意的な結論を出す傾向が示されたとする報告※もある。そのようなことが起きない、または疑われないために、”利害関係のない第3者”に委託することも一つの方法として考えられる。

 また、利害関係のある企業スポンサーや、一部のレビュー作業を利害関係のある研究員が行う場合、「PRISMA声明」に準拠すること、さらに定量的に統合する場合には「コクランレビューハンドブック」に準拠することが望ましい。すべてのプロセスを可視化するために、あらゆる配慮を払うことが信頼性を高めるうえで必要と考えられる。

※Cochrane reviews compared with industry supported 25 meta-analyses and other meta-analyses of the same drugs: systematic review. BMJ. 2006 Oct 14;333(7572):782.

(了)

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]