健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > べにふうき緑茶の管理法確立、機能性表示食品に活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月15日

べにふうき緑茶の管理法確立、機能性表示食品に活用

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は14日、JAかごしま茶業(株)と農研機構が「べにふうき」緑茶のメチル化カテキン含有量を一定範囲内に抑える生産工程管理法を確立した、と発表した。この技術を活用し、機能性表示食品を開発したとしている。

 2004年から、メチル化カテキンを豊富に含む茶品種「べにふうき」の栽培法や摘採法、製茶法などの研究を開始。13年からは、農林水産省の実証研究により、メチル化カテキン含有量のばらつきを抑える生産工程管理法の確立について研究してきた。その結果、ばらつきを±20%以内に抑えるための栽培履歴管理、収穫時期や製茶法の管理、荒茶受け入れ時のメチル化カテキンの1次分析による選別、再製法の管理、2次分析結果に基づくブレンド割合の管理を確立したという。

 さらに、ティーバッグからメチル化カテキンを抽出する方法についても検討した。最適な抽出方法として、ティーバッグ1包に150~180mlの熱湯を注いで、2分間上下に振って抽出することを見出した。

 消費者庁の機能性表示食品制度は生鮮食品なども対象とするが、関与成分の含有量のばらつきを抑制する生産方法が課題となっていた。

おススメ記事

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]

都、乾燥塩トマトの販売業者を食品表示法違反で指示

 乾燥塩トマトを詰め替えて販売する際に、原材料名などを表示しなかったとして、東京都は21日、なかいや農園(東京都中野区、山田一雄氏)に対し、食品表示法に基づく指示を行ったと発表した。  都によると、同事業者は乾燥塩トマト […]

2018年06月22日

ABLによる化粧品のマルチ商法、和解不成立~国センADR

<エステ施術後に勧誘繰り返す>  (独)国民生活センターは21日、「国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)」で和解が成立しなかった事案として、(株)ABL(福岡市)による化粧品の連鎖販売取引をめぐる紛争を公表した。 […]