健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > べにふうき緑茶の管理法確立、機能性表示食品に活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月15日

べにふうき緑茶の管理法確立、機能性表示食品に活用

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は14日、JAかごしま茶業(株)と農研機構が「べにふうき」緑茶のメチル化カテキン含有量を一定範囲内に抑える生産工程管理法を確立した、と発表した。この技術を活用し、機能性表示食品を開発したとしている。

 2004年から、メチル化カテキンを豊富に含む茶品種「べにふうき」の栽培法や摘採法、製茶法などの研究を開始。13年からは、農林水産省の実証研究により、メチル化カテキン含有量のばらつきを抑える生産工程管理法の確立について研究してきた。その結果、ばらつきを±20%以内に抑えるための栽培履歴管理、収穫時期や製茶法の管理、荒茶受け入れ時のメチル化カテキンの1次分析による選別、再製法の管理、2次分析結果に基づくブレンド割合の管理を確立したという。

 さらに、ティーバッグからメチル化カテキンを抽出する方法についても検討した。最適な抽出方法として、ティーバッグ1包に150~180mlの熱湯を注いで、2分間上下に振って抽出することを見出した。

 消費者庁の機能性表示食品制度は生鮮食品なども対象とするが、関与成分の含有量のばらつきを抑制する生産方法が課題となっていた。

おススメ記事

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]

2017年11月22日

規制改革「専門チーム会合」、生鮮の機能性表示食品を議論

 政府の規制改革推進会議「専門チーム会合」は22日、第1回会合を開き、機能性表示食品制度の生鮮食品の届出をめぐる課題について議論した。専門チーム会合委員、消費者庁と農林水産省の担当官、(株)サラダコスモの関係者などが意見 […]

キユーピー、アルコール除菌スプレー詰め替え用を発売

 キユーピー(株)(本社:東京都渋谷区、長南収社長)は12月1日、卵由来成分を配合したアルコール除菌スプレーの『K Blanche(ケイブランシュ)つめかえ用』(180ml)を自社ネット通販「キユーピーアヲハタネットショ […]

ファンデリー、低糖質パスタメニューを宅配サービスで

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐社長)は12月1日、はごろもフーズ(株)(本社:静岡市清水区、池田憲一社長)の「ポポロスパ1CarbOFF」を使用したパスタメニュー3種類を健康食宅配サービス「ミールタイム […]