健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > べにふうき緑茶の管理法確立、機能性表示食品に活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月15日

べにふうき緑茶の管理法確立、機能性表示食品に活用

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は14日、JAかごしま茶業(株)と農研機構が「べにふうき」緑茶のメチル化カテキン含有量を一定範囲内に抑える生産工程管理法を確立した、と発表した。この技術を活用し、機能性表示食品を開発したとしている。

 2004年から、メチル化カテキンを豊富に含む茶品種「べにふうき」の栽培法や摘採法、製茶法などの研究を開始。13年からは、農林水産省の実証研究により、メチル化カテキン含有量のばらつきを抑える生産工程管理法の確立について研究してきた。その結果、ばらつきを±20%以内に抑えるための栽培履歴管理、収穫時期や製茶法の管理、荒茶受け入れ時のメチル化カテキンの1次分析による選別、再製法の管理、2次分析結果に基づくブレンド割合の管理を確立したという。

 さらに、ティーバッグからメチル化カテキンを抽出する方法についても検討した。最適な抽出方法として、ティーバッグ1包に150~180mlの熱湯を注いで、2分間上下に振って抽出することを見出した。

 消費者庁の機能性表示食品制度は生鮮食品なども対象とするが、関与成分の含有量のばらつきを抑制する生産方法が課題となっていた。

おススメ記事

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]