健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > べにふうき緑茶の管理法確立、機能性表示食品に活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月15日

べにふうき緑茶の管理法確立、機能性表示食品に活用

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は14日、JAかごしま茶業(株)と農研機構が「べにふうき」緑茶のメチル化カテキン含有量を一定範囲内に抑える生産工程管理法を確立した、と発表した。この技術を活用し、機能性表示食品を開発したとしている。

 2004年から、メチル化カテキンを豊富に含む茶品種「べにふうき」の栽培法や摘採法、製茶法などの研究を開始。13年からは、農林水産省の実証研究により、メチル化カテキン含有量のばらつきを抑える生産工程管理法の確立について研究してきた。その結果、ばらつきを±20%以内に抑えるための栽培履歴管理、収穫時期や製茶法の管理、荒茶受け入れ時のメチル化カテキンの1次分析による選別、再製法の管理、2次分析結果に基づくブレンド割合の管理を確立したという。

 さらに、ティーバッグからメチル化カテキンを抽出する方法についても検討した。最適な抽出方法として、ティーバッグ1包に150~180mlの熱湯を注いで、2分間上下に振って抽出することを見出した。

 消費者庁の機能性表示食品制度は生鮮食品なども対象とするが、関与成分の含有量のばらつきを抑制する生産方法が課題となっていた。

おススメ記事

2017年09月21日

【10/24】フジ日本精糖とキティー、健康食品事業者セミナー

 (株)データ・マックスは10月24日、フジ日本精糖(株)と(株)キティーによる「健康食品事業者セミナー」を福岡市内で開催する。  フジ日本精糖(株)は「機能性関与成分イヌリン『Fuji FF』~広がる機能性、注目の素材 […]

明治、「メイバランス」にヨーグルト風味4品を投入

 (株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長、TEL:0120-201-369)は25日、小容量で必須栄養素をバランスよく取れる『明治メイバランスMiniカップ ブルーベリーヨーグルト味』(125ml)などのヨーグルト […]

2013年のがん罹患数86万2,452人に

 国内で2013年にがんに罹患した数が前年よりもやや少ない86万2,452人だったことが、(国研)国立がん研究センターが20日公表した全国推計値からわかった。  男女別では男性が49万8,720人、女性が36万3,732 […]

森永製菓、食物繊維を配合したのどあめ発売

 森永製菓(株)(本社:東京都港区、新井徹社長、TEL:0120-560-162)は26日、食物繊維を配合したキャンディー『糖質90%オフのど飴』を新発売する。全国のスーパーで取り扱う。  主原料の砂糖や水あめを水溶性食 […]

2017年09月21日

ビフィズス菌がインスリン感受性を改善

 江崎グリコ(株)(本社:大阪市西淀川区、江崎勝久社長)は20日、東京農工大学の木村郁夫特任准教授との共同研究により、ビフィズス菌にインスリン感受性改善作用があることを確認したと発表した。  研究グループは血糖値が正常高 […]