健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 『蹴脂粒』問題が収束、届出要件満たすと判断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月31日

『蹴脂粒』問題が収束、届出要件満たすと判断

rikomi<被害情報収集への対応をリコムに要請>
 機能性表示食品として受理されたサプリメント『蹴脂粒』((株)リコム)について、消費者庁の板東久美子長官はきょう(31日)開かれた記者会見で、機能性表示食品の届出要件を満たしていると判断したことを明らかにした。消費者団体による疑義情報を発端とする『蹴脂粒』問題は、疑義を退けるかたちで収束することになった。

 結論に至った背景について板東長官は、食品安全委員会の評価書でも、エノキタケ抽出物配合商品によるヒト試験で有害な結果が認められていない点を挙げた。「エノキタケ抽出物の安全性を否認したものではないと理解している」と話した。

 また、消費者庁は『蹴脂粒』と類似する商品(サプリメント)の食経験を調査。その結果、『蹴脂粒』と同じようにアルカリ処理を施した類似商品だけでも、10年以上にわたって摂取されていることを確認したという。「我々が確認できたものだけでも、成分で見て4万kg以上が流通している。1日あたりの摂取量にすると、1億単位分になる。相当量がすでに流通・摂取されている」と説明した。熱処理によるものも含めると、少なくとも25年以上の流通実態があることを確認したとしている。

 さらに、危害情報を調査したところ、「エノキタケ抽出物が流通を開始したと思われる平成2年以降をたどっても危害情報は報告されていない」と説明。PIO-NETや事故情報データバンクを確認したが、エノキタケ抽出物に起因すると思われる危害情報は寄せられていなかったという。
 板東長官は「これらを総合的に考えると、機能性表示食品としての届出要件を満たさない状況にはないと判断した」と述べた。

 一方、食品安全委員会が、安全性を評価するためのデータが不足していると指摘したことを考慮し、リコムに対して、健康被害情報の情報収集体制の整備と、消費者庁への報告などを適切に行うよう要請したことを明らかにした。

 リコムでは、「届出要件を満たしているとして受理されている。今年の秋口に販売する予定」(広報担当)と話している。また、トクホに申請していた『蹴脂茶』については、28日付で申請を取り下げた。

おススメ記事

森永乳業、「リカちゃん」パッケージの『TBCドリンク』展開

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長、TEL:0120-369-744)は7月10日、TBCグループ(株)と共同開発したサプリメントドリンク『TBCドリンク』シリーズから、着せ替え人形「リカちゃん」を掲載した […]

5月のドラッグストア販売額、「健康食品」は前年比5.5%増

 経済産業省が29日公表した商業動態統計速報によると、5月のドラッグストア(1万4,479店舗)の販売額は前年比5.8%増の5,103億円に拡大した。「健康食品」は同5.5%の175億円となった。  その他のジャンル別の […]

2017年06月29日

バイオジェニック、国産黒酢の濃縮粉末原料を発売

 バイオジェニック(株)(本社:東京都中央区、渡部政博代表、TEL:03-5643-1855)はこのほど、黒酢粉末原料『壺まるごと黒酢粉末』の供給を開始した。玄米黒酢原料の新ラインアップで、既存原料と合わせて顧客のニーズ […]

雪印ビーンスターク、大人のミルク型サプリを発売

 雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長、TEL:0120-241-537)は9月から、大人のための粉ミルク型サプリメント『プラチナミルクforバランス』(300g)など3品を発売する。  『プラチナ […]

消費者認知度 トクホ減少、機能性表示食品は微増~消費者庁の調査

 特定保健用食品(トクホ)に対する消費者の認知が低下する一方で、機能性表示食品では増加したことが28日、消費者庁の「2016年度消費者意識基本調査」からわかった。  調査は昨年11月4日~30日までの約1カ月間、376市 […]