健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 『蹴脂粒』問題が収束、届出要件満たすと判断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月31日

『蹴脂粒』問題が収束、届出要件満たすと判断

rikomi<被害情報収集への対応をリコムに要請>
 機能性表示食品として受理されたサプリメント『蹴脂粒』((株)リコム)について、消費者庁の板東久美子長官はきょう(31日)開かれた記者会見で、機能性表示食品の届出要件を満たしていると判断したことを明らかにした。消費者団体による疑義情報を発端とする『蹴脂粒』問題は、疑義を退けるかたちで収束することになった。

 結論に至った背景について板東長官は、食品安全委員会の評価書でも、エノキタケ抽出物配合商品によるヒト試験で有害な結果が認められていない点を挙げた。「エノキタケ抽出物の安全性を否認したものではないと理解している」と話した。

 また、消費者庁は『蹴脂粒』と類似する商品(サプリメント)の食経験を調査。その結果、『蹴脂粒』と同じようにアルカリ処理を施した類似商品だけでも、10年以上にわたって摂取されていることを確認したという。「我々が確認できたものだけでも、成分で見て4万kg以上が流通している。1日あたりの摂取量にすると、1億単位分になる。相当量がすでに流通・摂取されている」と説明した。熱処理によるものも含めると、少なくとも25年以上の流通実態があることを確認したとしている。

 さらに、危害情報を調査したところ、「エノキタケ抽出物が流通を開始したと思われる平成2年以降をたどっても危害情報は報告されていない」と説明。PIO-NETや事故情報データバンクを確認したが、エノキタケ抽出物に起因すると思われる危害情報は寄せられていなかったという。
 板東長官は「これらを総合的に考えると、機能性表示食品としての届出要件を満たさない状況にはないと判断した」と述べた。

 一方、食品安全委員会が、安全性を評価するためのデータが不足していると指摘したことを考慮し、リコムに対して、健康被害情報の情報収集体制の整備と、消費者庁への報告などを適切に行うよう要請したことを明らかにした。

 リコムでは、「届出要件を満たしているとして受理されている。今年の秋口に販売する予定」(広報担当)と話している。また、トクホに申請していた『蹴脂茶』については、28日付で申請を取り下げた。

おススメ記事

神奈川県、県西地域活性化で補助事業

 神奈川県は18日、県西地域の事業者を対象に、「県西地域未病資源活用促進補助金」により支援する事業提案の募集(2次)を開始した。補助額は、1事業当たり補助の対象となる経費の3分の1以内。募集期間は6月29日まで(事前相談 […]

2018年05月21日

日清オイリオグループ、中鎖脂肪酸油などの生産能力増強

 日清オイリオグループ(株)(本社:東京都中央区、久野貴久社長、TEL:0120-016-024)は18日、横浜磯子事業場内の化成品工場で、化粧品用エステルと中鎖脂肪酸油(MCT)の生産能力を増強すると発表した。  今後 […]

2018年05月21日

フジ日本精糖、機能性表示食品『イヌリンバランス』を発売

 フジ日本精糖(株)(本社:東京都中央区、舩越義和社長、TEL:03-3667-7811)は6月1日、2種類の機能性を持つ機能性表示食品『イヌリンバランス』(5g×30袋)を発売する。  機能性関与成分はイヌリン。届出表 […]

2018年05月21日

消費者庁、機能性表示食品の届出5件を公表

 消費者庁は18日、機能性表示食品の届出5件を公表した。公表されている届出件数は合計1,371件に上る。  アサヒ飲料(株)は3件の届出が公表された。清涼飲料水『からだ十六茶』『――630』は、難消化性デキストリンと葛の […]

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]