健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 『蹴脂粒』で消費者庁長官、慎重な検討方針示す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月13日

『蹴脂粒』で消費者庁長官、慎重な検討方針示す

 機能性表示食品として受理された(株)リコムのサプリメント『蹴脂粒』の問題で、消費者庁の板東久美子長官はきょう(13日)開かれた記者会見で、同社がトクホとして申請した『蹴脂茶』について食品安全委員会が「安全性を評価できない」と結論づけたことを受けて、慎重に検討する方針を示した。

 板東長官は「(食品安全委員会の)評価書の結論をみると、単純な答えではないところがあるので、内容や意図を食品安全委員会に確認し、精査しなければならない」と説明した。また、「一般論だが、食品安全委員会によるトクホの評価が、機能性表示食品の安全性評価に関する科学的根拠としても、影響する可能性があると思っている」と述べた。

 今後の対応について、「(現時点では)結論は出していない。機能性表示食品としてどう取り扱うべきか、何らかの判断をしなければならない」との考えを示した。

 

おススメ記事

2017年06月28日

インデナ社、クルクミンの非アルコール性脂肪肝への効果を確認

 インデナ社(イタリア)はこのほど、非アルコール性脂肪肝(NAFLD)に対するクルクミンの有効性を確認したと発表した。オーストリアのウィーンで開かれた第11回ポリフェノール応用に関する世界会議(World Congres […]

2017年06月28日

【7/3】静岡県、「ハラール」「コーシャ」対応セミナー

 静岡県は7月3日、「多様な食文化への対応セミナー」を静岡県産業経済会館(静岡市葵区)で開催する。イスラム教の「ハラール」、ユダヤ教の「コーシャ」への対応方法を考える。  プログラムは「食をめぐる多様な食文化について」( […]

クラシエ薬品、物忘れ改善の医薬品を発売

 クラシエ薬品(株)(本社:東京都港区、古市貞雄社長、TEL:03-5446-3334)は7月3日、中年期以降の物忘れを改善する第3類医薬品『アレデル顆粒』(42包、希望小売価格1,900円)を新発売する。  生薬のオン […]

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]